« 書き初め | トップページ | 「ウナ」物語(前編) »

だもんで

  「だもんで」について書いておきます。「だもんで」は私の故郷(静岡県)の方言で、「それだから」とか、「それなので」という意味です。数年前、故郷で従兄弟の結婚式に出席した時、従兄弟の上司の挨拶で「だもんで」の絨毯爆撃が炸裂し、感動しました。故郷を出て20年以上たち、仕事の関係で九州や福島などの訛の方がはるかに身近に感じていたので、何か新鮮でした。

 自分では使っていた記憶がなかったので、『俺は「だもんで」は使わなかったな!』と言っていました。今回、実家の荷物を整理していたところ、私の短い作文が掲載された、今から30年以上前の静岡新聞を♀の人(奥さん)が発見しました。そこには「だもんで」という単語が、30年の歳月を経てもはっきりと記載されていました。これにより、私が「だもんで」を愛用していたことが、白日の下に晒されたばかりか、新聞という天下の公器により証明されてしまったのでした。想定の範囲外でした。

 と、まあ一人で盛り上がっていますが、だもんで、この言葉をタイトルに使ってみました。それ以上でもそれ以下でもありません。

« 書き初め | トップページ | 「ウナ」物語(前編) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104433/3967369

この記事へのトラックバック一覧です: だもんで:

« 書き初め | トップページ | 「ウナ」物語(前編) »