« 靖国の榊 | トップページ | チョコQとローレライ »

ホワイトアイノコ騒動記

sirome 確か去年の夏ぐらいに羽化した、山梨の基地で捕まえたノコの持ち腹の子です。ホワイトアイキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ッ!!!! と、盛り上がり。知り合いに来年はこれを増やして「おますホワイトアイノコギリ超山梨毒牙」とか、とんでもない名前をつけてオークションだと、メールまで送って張り切っておりました。

しかし、そんな喜びも束の間、数ヶ月後に様子を見ると、なんと目が黒くなっているじゃありませんか。通常、白化は劣性遺伝子ホモによる場合が多く、オオクワやカブトのホワイトアイなんかはかなり出回っているから、実際、遺伝するんだと思うのですが、私のノコは黒に戻ってしまった。_| ̄|○

ホワイトアイは目の病気って話も聞いたことあるんですが、うちのはそうだったのかな。nokisirome

いまではただの「小さいけど大歯型のノコ」になってしまいました。

ちなみに静岡ではノコの大歯型を「つのさか」と呼んでいました。どうでもいいですよお・・・・

そういうわけで、この柳の下にもドジョウはいませんでした。柳といえば、今年はちょっと標高の高いところの柳を見つけてウォッチングというのをやって見たいです。でも、首が疲れて肩こりがひどくなりそうです。

« 靖国の榊 | トップページ | チョコQとローレライ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104433/4101634

この記事へのトラックバック一覧です: ホワイトアイノコ騒動記:

« 靖国の榊 | トップページ | チョコQとローレライ »