« ピンポンパール死す!エアコンも死す? | トップページ | 長野山梨採集旅行(後編) »

長野山梨採集旅行(前編)

長野の茅野市近郊と山梨の北杜市近郊に夏季用の基地があります。どちらも私のものではありません。前者は♀の人のものですし、後者は義弟のお父さんのものです。当然のことながら、義弟とは血は繋がってませんが、血の繋がった兄弟より趣味が似ていて、虫も例外ではありません。というより、二人とも虫を中心に地球が回っています。

この三連休で採集旅行に行ってきました。長野のベースは非常に高地で、観光にはいいところなんですが、昆虫相は貧弱です。今年は天気も悪く、ほとんど虫がいませんでした。でも大きな女王アリが2匹捕まったので、一匹を標本、もう一匹は科学と学習のアリ飼育セットに入居させました。これはうまく巣を作ったら後日報告します。尚、先ほど気づいたのですが、ビダで、諏訪で採集した女王アリ2匹が結構いい値で入札されてます。同じアリかな?入札してる人はアントアクアリウムのユーザーかな?気になります。

20050717_amagaerutohanmuguri 今回の課題は「ヤナギ」です。クヌギでなく、川原のヤナギ。まずは比較的低地でヤナギを見分ける能力を身につけ、いつかはヒメオオというのが最終目標です。

で、これは川原で見つけた「アマガエルに睨まれたハナムグリ」です。この2匹はこの体勢で何分も動こうとしませんでした。この後どうなったかは知りません。睨まれて動かないのはカエルの得意技ですが、こんな小さなハナムグリに尻を向けられているのに動かないのはなぜでしょう。

こんなものばかり見つけていて、ちっともクワガタは見つけられません。

20050717_awminoyoutyuu これはセミの幼虫。ヒグラシが一番ないていたので、大きさからもヒグラシの可能性が高いかな。夜チェックに出かけたら、ちょうど木登りをはじめたとこでした。昆虫少年でしたが、生きてる幼虫は初めて見ました。薄く緑がかって神秘的な美しさでした。それから今回はキツネとニホンザル(畑を荒らしてる)も目撃しました。それと基地から50メートルほどのところで蛍も見ることができました。蛍は久しぶりに見ました。

長男は今年もオニヤンマを捕まえました。次男は捕まえることができず、「オニヤンマなんか嫌いだ。ブツブツ」と怨念のこもった口調でイジケてました。バッタ、カマキリ、キリギリス、トンボなんかはすごくたくさん捕まえてほとんど逃がしてきましたが、次男は自分が捕まえたキリギリスの仲間だけ持ち帰ってきました。20050718_ruriboshi

それから今年も例年ほどではありませんでしたが、ルリボシカミキリのポイントにはルリボシが発生してました。久しぶりに持ち帰り、ペアでビダにかけてます。http://www.bidders.co.jp/item/52231686

« ピンポンパール死す!エアコンも死す? | トップページ | 長野山梨採集旅行(後編) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104433/5025536

この記事へのトラックバック一覧です: 長野山梨採集旅行(前編):

« ピンポンパール死す!エアコンも死す? | トップページ | 長野山梨採集旅行(後編) »