« 長野山梨採集旅行(前編) | トップページ | ピンポンパールな皆さん申し訳ない。 »

長野山梨採集旅行(後編)

20050718_seika いよいよ甲虫の成果です。ちょっとショボーン。例年の3分の1以下かな?ミヤマが4♂1♀、ノコが2♂、カブト1♂、コクワ2♂1♀、スジ2♂ですね。♀が少ないです。どうゆうことでしょう?既に遅いのでしょうか?でも例年ならある死骸とかも見かけませんし、カマキリなどの不完全変態の虫がまだ幼虫なので、ちょっと早いような気もしています。いずれにしても、リベンジが必要です。

20050718_miyama62_30 今回、最も大きかったミヤマ63mmでした。これでは売れませんね。72mmあるとビダで結構な値が付いてます。過去に長男が71mmをゲットしてます。

まあ、ミヤマは累代に成功していないので、こいつでまたチャレンジしようかと思ってます。

話変わりますが、韮崎は採集者が多かったです。明らかにムシキングの影響でしょう。子連れが多い。まあ、われわれもそうですが・・・それにしてもゴミが捨ててあったり、むやみに木を傷つけてあったり、トラップは回収してないなど、目を覆いたくなります。環境を悪くすれば、採集もしにくくなるということがわからないのは不思議です。特に不燃物を捨ててあるのは深刻です。人の山に入るわけだから、せめてゴミだけは持ちかえって欲しいですね。

そうだ、ヤナギ。帰りがけに絵に描いたようなヤナギのポイントを発見しました。虫もいろいろ集まってます。でも近づくことができず、手が届きません。むし社でくり出しのタモ網を買おうか買うまいか悩んでいる私です。

« 長野山梨採集旅行(前編) | トップページ | ピンポンパールな皆さん申し訳ない。 »

コメント

わたです。柳の木に、なにかいるのですか?私の実家が愛媛の松山と言うところなのですが、すぐ近くに柳の木がずらずらっとならんだ柳井町があります。なにかいるのなら、この年にして、知りたいかぎりです。それと、こちらで、聞くほうがいいかなと、思ってお聞きします。カブの卵発見。モズクカップに入れて放置。なにげに覗くと、2匹ウニョウニョ・白い小さいものも、ウニョウニョ、これは、コバエの幼虫なのでしょうか、線虫って、これのことなのでしょうか?おますさん、どうか、教えてください。

わたゆきさんどうも。ヤナギってどうしても市街地にある枝垂れヤナギを思い出しますが、あれと同じ葉っぱがついた枝垂れしないヤナギが河川敷とか山の中の川原なんかにあって、樹液が出てるといろんな虫が集まってくるんですよ。平地ではヒラタとかノコが、高地に行くとヒメオオとかアカアシがついてるって、ことなんですけどね。クワガタがつくのはクヌギだけじゃないんですね。
白いクニュクニュですが、よく見れば、コバエの幼虫は昆虫なんでカブトの幼虫と同じように節があります。線虫はないと思います。見た目では線虫のほうが細くて伸びたり縮んだりします。コバエならしばらくすると成虫が大発生するからすぐわかりますね。

どうもありがとうございました。すごく、ためになりました。同時に何も知らないのが、お恥ずかしいです・・・・。自分でもいろいろ勉強します。

単なる耳年増ですから、たいしたことないですよ。お気軽に質問なりコメントしていって下さい。

ミヤマいいっすねぇ。ミヤマのオスを採集したことないんです。子供もオスのミヤマを見たことないので、今年こそは見せてやりたいと思ってます。
でも個体数、少ないんですか。。。

故郷の静岡ではノコやヒラタがメインだった記憶がありますが、今の採集ポイント(山梨県北杜市)ではミヤマが優先種に思えます。子供のころはミヤマにあこがれてましたね。同じ静岡でも、天竜の山奥出身の知り合いは、ミヤマが普通種だったと言ってます。例年、かなり捕れます。ただ、大きい個体が減ってますね。今回は一本の木だけにミヤマがいました。何気なく、けっ飛ばしたら5匹まとめて落ちてきました。多少、標高がある里山が狙い目かと思いますよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104433/5028228

この記事へのトラックバック一覧です: 長野山梨採集旅行(後編):

« 長野山梨採集旅行(前編) | トップページ | ピンポンパールな皆さん申し訳ない。 »