« 裏の川のハゼ釣り | トップページ | いなかった・・・_| ̄|○ »

高島屋の昆虫展に出るみたい・・・

うーん。たぶん書いても大丈夫でしょう。先方が教えてくれたんで。

ブログにも書いてますが、一応まだアクアリストでして、それもコリドラスという南米の小さなヨロイナマズなんですが・・・実は、その世界(南米のナマズ)では神様ともいうべきM先生とオークションで取引してしまったんです。我が家のステルバイでもなければ、ゴッセイでもありません。ましてやウナではありません。

なんとルリボシカミキリ。

えっ!何で!

二子玉川の高島屋の夏恒例イベント「おどろき!地球大昆虫展http://www.tamagawa-sc.com/event/20057/konchu.html」、かつては熱帯魚展だったらしい、に展示するんだって。20050718ruri2 って、ことはおいらのカミキリが一躍スターに?(ちょっと眞鍋調?)

去年、♀の人が招待券もらって、子どもたちと見に行ったんで、「二子玉の昆虫展ってどんな感じ?」って聞いたら、「うーん、そんなに大きいイベントじゃないよ。一度いけばいいって感じじゃない?」という答えでした。「なんかこの前のルリボシ展示されるらしいよ。」っていったら、「じゃあ、見に行かなきゃ!」だそうです。

♀の人はミーハーです。HPで割引クーポン印刷してました。

« 裏の川のハゼ釣り | トップページ | いなかった・・・_| ̄|○ »

コメント

へぇ、すごいっすねぇ。二子玉川じゃちょっと遠いので行かれたらレポートを是非。
でもルリボシカミキリっていい色ですよねぇ。

よく考えると私が展示されるわけでも、私の作品が展示されるわけでもないんですが、なんかうれしいですねえ。
ルリボシは発生ポイント押さえていて、毎年沢山とれます。その場所は子どもたちと「ルリボシの郷」と呼んでます。生きてて、元気な時の色は本当にきれいですよね。死ぬとすぐにくすんでしまうのが残念です。

おますさんって、一体何者?なのでしょう?なんか、いつも楽しそうで、何でも知っていそうで、、、すごい人だなぁ~と つくづく思います。子供さんも、楽しい夏休みですね。うちのバケツにピンクの卵がびっしりついてまして、2日間、あれこれ、考え どうしようもなかったところに、ジャンボたにしの卵だよって、小3の男の子に教えられました。実は、本当は、昆虫が苦手です。子供に教えられるのって、おかしいけど、だんだんと、虫に強くなりたいなぁ。と、思います。すいません、長々と、独り言だと聞き流してください。

わたゆきさん、いらっしゃいませ。何者と言われると、「馬鹿者」とか「怠け者」とかよく呼ばれます。信長のように「うつけ者」と呼ばれるのが夢です。本当にしがないサラリーマンですよ。

いいじゃないですか、すこしずつ子どもと勉強していくってもの。知ろうとしていれば、知らないってことは、恥ずかしいことじゃないですよ。知ろうとしないことが恥ずかしいことだと私は思います。
ジャンボタニシなどのかたつむり系の巻貝の卵ってピンクでびっしり産み付けられてちょっと気持ち悪いですよね。野菜にも産み付けるのでクレームになるみたいですよ。日本のタニシは卵胎生で種類が違うみたいですね。

カブト虫君での御返答ありがとうございます。楕円の卵は、自分が感じるのですが、ちょっとあやしいかな?自然に任せてみますが、どうしてもケースの中は自然とは程遠いですよね。私、すごくまじめに、生き物と向き合っているみたいですが、タニシの卵を半分金魚に食べさせたりしている人種です。結構残酷ですよね。って言うか、虫、怖いです。初めて言ってしまいました。家のカブは、かわいいです。だけど、ほかの虫、は、怖いのです。どうしようもないですね。子供達と徐々になれ親しんで行きましょう。これも、独り言です。

私もゴキブリと蛾は怖いです。物心つく前は、男の子より、女の子の方が虫とか大丈夫らしいですよ。その後の教育や環境が女性を虫嫌いに変えていくみたいです。カブトが大丈夫なら、少しずつ他の虫も大丈夫になっていくんじゃないですか。
タニシの卵を金魚にやってみるのは当然の行為です。うちでは死んだ生き物は原則として他の何かの血となり肉となります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104433/5179492

この記事へのトラックバック一覧です: 高島屋の昆虫展に出るみたい・・・:

« 裏の川のハゼ釣り | トップページ | いなかった・・・_| ̄|○ »