« タランドゥスが続くよどこまでも | トップページ | 今日のお世話 »

今日のタランドス

20050915_tara_03 予想通り、朝覗くと♀が羽化してました。この内羽根の伸び方なら、羽化不全は心配なさそうです。安心して会社に行きました。

 

 

20050915_tara_04 帰宅後覗きましたが無事羽化してました。お尻のとこにあるのは抜け殻です。まだお腹が少し出てますが、こちらは50mm近くありそうで前の♀より大型です。左のさや羽根がやや短いみたいですが、繁殖には問題ないでしょう。

♂の幼虫が前蛹になりかけですが、菌糸の劣化があまりにひどいので、人工蛹室に移しました。おとなしくしてるので、このまま蛹化してくれるんじゃないでしょうか?

タランドスは終齢幼虫が暴れた後、あっというまに菌糸が劣化するような気がします。カワラが劣化しやすいからだと思うのですが、

「黄色くなって暴れたら、固詰めのヒラタケ瓶に移しちゃったらどうなるのかな?」なんて悪魔の声が聞こえてきます。

ヒラタケで育ててくると3齢前に落ちるっていう情報は見たことあるんですが、どうなんでしょうね。先人のHPで調べたら、この前、蛹で落ちた♂はどうも菌糸の劣化が影響してるみたいなんですよね。

まあ、幼虫が沢山とれて困るほどになったら挑戦してみようかな。(^^;ゞ

いずれにしてもこれまで6匹の幼虫を育ててきましたけど、カワラ瓶代が結構かかります。コストで見ると、初2齢で幼虫を売らないと足が出るような気がします。

まあ、ヘラクレスなんかもコストオンで考えたら、オクの価格でなく、ショップの価格が適正のような気がしますけどね。

それから産卵セットの♀ですが、無事潜りました。

確実に産卵体勢に入ったようです。1ヶ月後が楽しみです。

今度は失敗しませんよ。(^_^)/

« タランドゥスが続くよどこまでも | トップページ | 今日のお世話 »

コメント

50ミリのメスとはなかなか立派ですね。おめでとうございます。
ヒラタケは相性悪いんですか?フムフム。
前蛹直前での菌糸劣化は悩みますよね。もうちょっと食わせたいけどもったいない、って(笑
マンディブがちょうどそんな感じだったんですが、発酵マットに投入しちゃいました。でもちゃんと食ってるようで、一安心(笑

天然の朽木は圧倒的にカワラ系が多いそうで、多くのクワガタが利用しているみたいですね。オオクワの菌糸瓶も最初はカワラだったみたいですよ。でも持ちが悪いんで、いろいろ試していくうちにヒラタケ系が主流になってきたみたいです。だから、カワラは飼育が難しい系から簡単系まで広く使えるみたいです。
ただ、以前よりよくなったとはいえ、やっぱり持ちは悪いですね。タランドスの3齢が暴れるとあっというまに劣化します。

今、お邪魔させてもらいました。
楽しく読ませてもらいました(^^)でも、私は、虫は、カブト、クワガタしか飼育をしたことが無いので、初めて見た虫君です・・(・・)
でも、釣りのお話も出ていたので楽しくみてました。私も、釣りは通年行って・・?無理やり連れられて・・・?家族で行ってます。
また、遊びに来ますねー

タカママさん、いらっしゃいませ。
馬鹿ばっかりやってますが、あきれずに、これからもお気軽にコメント残して行って下さいね。
お待ちしてます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104433/5958861

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のタランドス:

« タランドゥスが続くよどこまでも | トップページ | 今日のお世話 »