« 虫達の冬支度2005追加 | トップページ | スーパードッジボール »

虫達の冬支度2005

m(__)m 申し訳ございません。

手違いで本稿の掲載がされておらず、「追加」が先に掲載されてしまいました。既にコメントも頂戴しておりますので、前後しますが、このまま掲載させていただきます。

虫たちの冬支度を済ませました。うちは温室ではありません。

*仮稼働しましたが、25℃を越えるので、ヒーターは切りました。(10/25追記)

*今年は実家から回収した熱帯魚用サーモスタットがあるので、すべてのパネルヒーターにサーモをつけました。ご存知と思いますが、パネルヒーターはリミッター(過昇防止)しかついてません。(10/28追記)

<第一ステップ>

H.オキシデンタリス強制掘り起こし。特大衣装ケースで飼育していたヘラオキシを掘り起こしました。本当ならそのままにしたかったのですが、何しろこのケースがないと冬支度はできません。すると

20051022__08okisisyuugou 20051022__09okisiosu

出てきました。オスが2匹蛹でした。まずまずの型じゃないでしょうか\(^O^)/

残り3匹も前蛹で、一匹はおそらくメスみたいなので、蛹化、羽化不全がなければ、類題は可能になりそうです。

*翌日メスが一匹蛹化しました。でも何か元気ありません。やっぱり☆になりました。致し方ないですね。(T△T)

さて、その中のマットを全部出して、衣装ケースの洗浄です。

綺麗になった衣装ケースに、長男を入れてみました。

20051022__10tokudaike--su お風呂にできそうです。(^_^; アハハ…

20051022__11honnjyunbi

<第2ステップ>

特大衣装ケースに幼虫たちをぶち込みます。ネプチューン、ブルマイスター、セアカフタマタ、ミンダナオヒラタ、タランドス、エレファスオキシデンタリス、オキピタリスの幼虫が収納されました。

蓋の裏側にプチプチで包んだ後、更に新聞紙で包んだパネルヒーター(ピタリ適温など)を張りつけてから蓋をします。上手に包まないと、マットから蒸発した水分の結露がヒーター部分について、故障に繋がりやすいです。

<第3ステップ>

特大より小さい普通サイズの衣装ケースにも、まだ生きている成虫たちをぶち込んで、同様にパネルヒーターをセットして特大の上に積みます。

<第4ステップ>

20051022__12kansei 保温カバーをかけて完成です。カバーは100均(ダイソー)のエアコン室外機カバーを2つ買ってきて切り貼りして作ったものです。

マンションの場合、下階に人が住んでいると、床はそれほど冷たくならないので、これで十分冬を越せます。だいたい20℃がキープ出来、真冬でも15℃を切ることはありません。この上も多少温かいので、コーカサスの幼虫を入れた段ボールを積んで置きます。たぶん問題ないでしょう。

ちなみに、ここは子供部屋です。

これ以外のものは、リビングに置いてあり、衣装ケースは使用していません。パネルヒーターを2枚使い、夜間に毛布をかけるだけです。

パネルヒーター4枚にお金がかかってますが、飼育数の拡大に合わせて、一枚ずつ買い足してきたので、いきなり出費がかさむことはなかったです。パネルヒーターは使うときもしまうときも場所を取らないので、気に入ってます。保温カバーもたたむと小さくなるので収納性に優れてます。(^_^)3 フムフム。

暖かくなった頃には、衣装ケースはコーカサス飼育ケースになっている予定です。

*パネルヒーターを使う場合のポイントは

 ①ケースや瓶を直接上に乗せない。直接触れてる部分は30℃を軽く超すので虫が死にます。私はプチプチで包んだり段ボールで挟んだりして、調整してます。

 ②パネルの上下を暖める。私の場合、ケースの蓋に着けたり、乗せたりいすることで、ケース内と蓋の上を暖めるという方法を取ってます。これを積み重ねると効果的です。マンションの中層以上なら床に敷く必要はないと思いますが、一戸建てのように地面から冷気がくるような場合は、床にも一枚必要ですね。

 ③最後にまわりを大きく包んで保温する。これは温室と同じですね。そして、設置当初は毎日温度を確認することです。予想外に温度が上がっていることもよくあります。サーモをつけると心配はないですが、サーモはそこそこ値段します。

以上です。参考になりましたでしょうか?でも、真似して失敗してもしませんよ(^^;;;;

« 虫達の冬支度2005追加 | トップページ | スーパードッジボール »

コメント

おぉ、オキシ長角じゃないですか。こりゃ立派ですね。
我が家のオキシは春頃かなぁ。まだ成長中です。

温室が満杯になりつつありますので、私もちょっと考えないとならないようです。参考にさせていただきます。

お子様まで入れる特大収納ケース、いろんな種類の中身が詰まっていて、宝箱みたいで楽しそうですね。
我が家も似た様な収納ケースを使用していますが、2Lペット、3×7の21ヶがピッタリ収まった味気無いものです。
虫を飼って初めての冬なので今後どんな話が出てくるのか想像できませんが、勝手に期待しちゃってます。(笑)

おのパパさん、毎度!
オキシ思ったより大きくて、ちょっとうれしいです。(^o^)
カブトは上の方に蛹室作らないから、飼育ケースの上部空間がすごく無駄になるのが悩みですね。結局、その無駄空間が許せなくて、掘り起こしてしまいます。人工蛹室に移せば、半分以下の空間で済みますからね。でも失敗も確実に増えますね。┐('~`;)┌

ねてるさん、どーも
宝箱っていい表現ですね。私にとっては宝箱みたいなものですね。
ぴたっと収まると、なんか機能的で、プロみたいでいいじゃないですか。
自信はありませんが、ご期待に添えるように適当にがんばりますね。一生懸命が苦手なので(^_^; アハハ…

こんにちは。あの人工蛹室はオアシスですよね?粉っぽくなりませんか?加工の仕方がよくなかったのかな? 人工蛹室といえば今年初夏、カブトの前蛹を引き受ける羽目になり、人工蛹室に入れたすべてを、蛹化不全か、かりんとうの様に茶色く変色させて死なせてしまった苦い経験があります。暑い日が何日か続いたので、思いのほかの高温と,乾燥のせいでしょうか?  ひとつ学んだことは、幼虫の3対の脚は成虫の符節になるということです。

仕上げを水を吸わせて指のひらでこするようにしてやりましたか?そうすれば大丈夫だと思うのですが。
カリントウとういうのはすごいですね。かなり乾燥したんじゃないでしょうか?加湿しすぎもまずいんですけどね。

すごい!流石ですね^^ 綺麗に収まっている!
私も虫と始めての冬を迎えるのですが、国産のカブちゃんなので何も考えていないです。
マットの交換を10/9に一度したのですが、完全な冬前にもう一度変えた方がいいのでしょうか?
それとも春になってからでいいのかな?
それと、一部実家に持って行こうかと思います。(畑があるので堆肥所(?)に入れてくれるそうです)

どこで飼育するかによりますが、ぷにさんの場合、数が多いんで一回では済まないかもしれませんよ。冬でも1か月に一度は様子を見た方がいいですよ。
実家の堆肥所は期待持てそうですね。大きなカブトがかえるかもしれませんね。

先日のオアシスのこと、なるほど了解です。パネルヒーターは本来何に使うものなのですか?私には今すぐ必要ありませんが・・ どこかのサイトで見たのですが、1,2令での成長の度合いにより3令の頭幅が決まり、よって成虫の大きさが決まる。とのこと、今ノコの幼虫10月生まれを、ミニコンポの熱で加温し、成長を促進させようと試みています。既に3令になってるものは、成長のサイクルが乱れてしまいますか?

>ひろパパさん
パネルヒーターは主に爬虫類用ですね。ケージの下に敷いて使います。虫ヲタも結構使ってますよ。昆虫ショップでも売ってるところがあります。
>>1,2令での成長の度合いにより3令の頭幅が決まり、よって成虫の大きさが決まる
は正しいと思いますが、2齢を大きくする場合、低温でじっくりという場合もありますよ。
十分に成長していない3齢を加温した場合、蛹化が促進されてしまうと小さな個体になる可能性はあります。

こんばんは、加温は逆効果になりそうですね。ちょっと先走ってしまいました。ノコは普通幼虫期間が2年で、ビン飼育だと2年目に死亡する事が多いため室温で、1年で成虫まで持っていくのが良いとどこかで見ました。  私は自営で、自宅の一室で仕事をしているので、一日中ラジオを聴いています。みうらじゅんもなかなかですが、エロさではリリーフランキーがピカ一です。 エロさは追求していませんよね。失礼しました。

高温短期飼育が間違っているということではないですよ。オオクワの発酵マットでの高温飼育なんかは、お気に入りにある亀有カブトさんが、月間ムシに論文を載せてますからね。見たことあるかもしれませんが、「クワ馬鹿」のHPに載ってます。
リリーフランキーさんは読んだことないな。そのうち読むことになりそうですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104433/6518142

この記事へのトラックバック一覧です: 虫達の冬支度2005:

« 虫達の冬支度2005追加 | トップページ | スーパードッジボール »