« 世界の昆虫7.8.9.10号! | トップページ | 運動会でした! »

おます♂の虫の送り方

20051001__konpou_ ひろパパさんから、カブトの幼虫の発送方法の質問があったので、私のやってる方法を書いてみます。あくまでも我流です。参考程度に考えて下さい。でも、かなり長文です。(~_~;)

まず、オークションの場合、

配達時に30℃を超えることが予想される時期は、保冷をしています。保冷材には500mlのペットボトルに水を入れて凍らせたものを使用しています。

発泡スチロール箱が用意できるときは、そのまま箱内に虫を入れた容器と保冷材を入れ、隙間に新聞紙を丸めたものを詰めて発送してます。発泡の箱は買うと結構な値段しますね。100均にもありますが、小さいので保冷材は入れにくいです。八百屋さんで譲ってもらえるとベストですね。

発泡の容器がない時は、写真にあるアルミ缶が6本入る保冷バッグ(ダイソーで100円)を使い、発泡の場合と同様に詰めて、さらに段ボール(ビールや飲料の薄いやつでもOK)をカットして調度よい大きさの箱を作り、それにバッグ入れて発送しています。この方法は最近お気に入りで、落札者の方の評判もいいです。

この方法で、甲虫では死着になったことはありません。真夏に鈴虫を送ると死ぬものがあります。鈴虫は30℃以上になるとかなり送るのが大変です。

また最低気温が15℃以下になる時期から保温をしてます。保冷材の変わりに使い捨てカイロを使用するところだけが違います。ただし、厳寒期(最高気温が5度前後になるような時期)はカイロを増やしたり、発泡の容器を更に一回り大きなダンボール容器に入れるなどの厳重な保温をする場合もあります。

それ以外の時期ならダンボールに新聞紙で十分だと思います。

また、気温が20℃ぐらいで安定している時期(春、秋)であれば、配便でなく、定形外郵便で送るという手もあります。成虫であれば軽いので安く送れます。幼虫だとマットなどで重くなるので、宅配便と変わらなくなってしまうかもしれません。料金は「送料の虎」http://www.shipping.jp/search.htmlで調べると簡単です。

定形外の場合は20051001__43purindanbo-ru こんな感じでプリンカップを保護して送ってます。

さて、虫の入れ方ですが、基本的には虫の大きさに合ったサイズのプリンカップに入れて、ゼリーを入れ、新聞紙を軽く詰めて送ってます。プリンカップの蓋はセロテープで厳重に止めてください。

私はかつて、蓋の仕方が甘いまま発送したヘラのメスが、容器から脱走し、さらに発泡の箱を齧り穴を空け、郵便局内で脱走するという事件を起こしています。幸いにも先方のご夫婦が良い方で笑って許してくれましたが、本当に冷や汗をかきました。(^_^; アハハ…

オークションの場合は幼虫もプリンカップに一匹ずつ入れ、マットを詰めて送ってます。

里子でカブトの幼虫を送る場合は、紙パックを使ってます。お酒の紙パックが一番いいです。(お酒も飲めるからではありません(^^;)お酒の奴は中にアルミが貼ってあって頑丈なのと、注ぎ口を通気口として使えるからです。

使い方は胴の四角い部分を1cmくらいつけて上部をカットします。そうすると四角柱の容器になりますから、そこにマットを入れ幼虫を入れます。2リットルパックで3齢を8匹程度まとめて送ったことがあります。

その後カットしてあった上部を逆さにして突っ込み蓋とします。意味わかりますか?とんがったシール部分の方を差すような形で蓋をしてしまうのです。そうすると上部に凹んだスペースができるので、そこにティッシュなどを詰めてガムテープで封印します。もともとのプラスティック蓋ははずしたままです。たぶん蓋をしたままでも大丈夫だと思うのですが、過密で送るので、通気ぐらいは良くしようと思ってやってます。

この幼虫入り紙パックを必要に応じて包装して発送すれば大丈夫です。

国産カブトの幼虫なら厳寒期以外は特別な保温はいらないと思います。

« 世界の昆虫7.8.9.10号! | トップページ | 運動会でした! »

コメント

早速反応していただいてありがたく思います。オヤジの呟きから記事を1本作り上げてしまうなんてさすがです!やはり経験がものを言うということでしょうか ?里子の父としていちばん気になるのは、超過密状態でお互いを傷つけてしまわないか、マットが刺さりはしないかという事で、でも送るということ自体がリスキーなこととして、すべてを受け入れるということでやってみるしかないですよね。(大丈夫か自分。たかが芋虫であるぞ) 夜コメントを書くと昼間読めなかったりしますよね。 今ラジオでみうらじゅんと安斉肇が掛け合い漫才のようなトークをしています。おますさん、以前になぎら健一さんリスペクトという様な記事を書いていらっしゃいましたね。私はこの、みうらじゅんが結構好きです。著作やCDは1枚も持っていませんが・・NHK教育の番組にレギュラーとして出ているのもニヤリとさせられます。

記事と言えるほどのものではなく、だらだらと書いただけなんでわかりにくいかもしれません。実物の写真があればわかりやすいと思うんですが、急で用意がありませんでした。でも、国産カブトはそんなに心配しなくても大丈夫ですよ。特に3齢になっていればまず心配ありません。
それから、みうらじゅんも好きですよ。あの独特のセンス、着眼点に天才を感じますね。「いやげ物(ちくま文庫)」を買おうか買うまいか悩んでいます。

うっひゃっひゃ!
私もみうらじゅん、大好き(笑
東京ドームに「ゆるキャラ」見に行きたかったんですが、仕事で断念しました。
スライドショー、WOWOWでたまにやってまして、必ず見てますよ。
仏像関連の本もことごとく買ってます。

って、梱包の話をしようと思ってたんだ(汗
これだけ丁寧に梱包してくれると、また買いたいって思いますね。アラートに登録すること間違いなし!

あらあら、おのパパさんもみうらじゅん好きですか。
ゆるキャラはいいですよね。着眼するみうらじゅんもすごいけど、あんなもんにそこらじゅうで税金使っている日本という国の緩さも侮れません。

カブト幼虫発送の件ですが、相手方より無事到着したとの連絡を受け一安心です。実は紹介されている方法よりもっと簡便な方法で送りました。ヤマトの60サイズ以内のダンボール箱にレジ袋を2重にしてその中にマットと幼虫を入れる。箱の大きさにもよりますが6~8匹の3令幼虫でいっぱいの状態です。過密飼育はよくないということで、頭の切り替えができず心配だったのですがやってみるものですね。それからまた質問なのですが、よろしいですか?今回送った幼虫の中におしり(肛門)のあたりに突起物、丁度脱腸のようなものがあるとのこと。気がつかずに送ってしまい少し責任感じてます。一種の奇形なのでしょうか?踊化、羽化に問題はないでしょうか?ご存知でしたらお教えください。よろしくお願いいたします。

無事ついて良かったですね、輸送中はしょっちゅう振動とかあるから、多分幼虫は動かないで丸くなっているんだと思いますよ。
おしりの突起はそれだけでは何とも言えないです、m(_ _)mゴメンナサイ
とりあえずは普通に蛹化するか確認するしかないと思いますまよ。蛹に異常がなければ、大丈夫じゃないでしょうか?
元気そうでも、幼虫や蛹で突然☆になるのもいますから、あまり気にしないほうがいいと思います。里子先の方にも1~2割位は落ちることは珍しくないとお話された方がいいんじゃないでしょうか?
うちは50匹くらいいたのに今は4匹ぐらいしかいません。9割落ちました。(^_^; アハハ…

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104433/6203095

この記事へのトラックバック一覧です: おます♂の虫の送り方:

« 世界の昆虫7.8.9.10号! | トップページ | 運動会でした! »