« 私の仏(ぶつ)と見仏記(前編) | トップページ | 季節はずれのXマス料理 »

私の仏(ぶつ)と見仏記(後編)

見仏記の前に私とOですが、

今思い出すと、私とOはギャル(当時の言葉)にはほとんど興味がなく、合コンに出るより、科学だけでなく、文学とか哲学とかを語りながら、じっくり酒を飲むのが好きでした。

暗いな、暗い!┐('~`;)┌

ちなみに、大学4年くらいからは私は一応、色気づいて、

おねいちゃんと二人で飲む方が好きになっていきました。┐('~`;)┌

社会人になると更にダンディなマナーを身に付けたので、

同世代の女性に会うたびに

「今日も綺麗ですね! (´ー`) フッ ほれんなよっ

愛想を振り撒く節操なしになっていました。_| ̄|○

そして、気が付くと♀の人と結婚してました。(^_^; アハハ…

Oは仕事も研究職につき、相変わらず天上天下唯我独尊タイプでしたが、

今では普通の妻子持ちです。(でも結婚式は呼ばれなかったな。私は呼んだけど)

一昨年、久しぶりに集まろうということになって、関東近県の連中は皆集まったのに、ヤツは、「東京は好きでない」と言って出てこなかった変わり者です。

大体、私の大学の同期は、

このチャランポランな私が音頭取りや幹事をしないと誰も何もしない兵揃いです。

正直、よくこれだけいいかげんな連中が集まったなと関心します。(`ヘ´) プンプン。

話を戻します。

Oと私は、二人とも気さくなタイプではないので、いわゆるベタベタした親友という感じではなかったと思います。それは間違いない!

なのに、そのOと二人で鎌倉の古寺巡りに行った記憶があります。1980年代前半の20歳位のころだと思います。

今では経緯は忘れましたが、写真は残ってます。

かなりハードに歩きました。フォー!

鎌倉駅付近の寺のほとんどと、ハイキングコースのある小さな山も登りました。大仏も見たし、

あっ、そうだ!大船観音見て、大船から出てたモノレールにも乗ったな。江ノ電にも乗ったし、江ノ島の弁天さんも見た記憶があるので、どこかで間違いなく一泊してると思います。野宿ではなかったと思うのですが・・・

ただ、その一泊の記憶がありません。

何かあったのでしょうか?フォー! (゚゚;)\(--;)アルワケネエダロ

見仏記の鎌倉編を読んでて、

イメージとしてはみうらじゅん氏がOでいとうせいこう氏が私です。

いずれにしても

「なんだ俺らの方が先駆者じゃん」

少し鼻高々です。( ̄^ ̄)

« 私の仏(ぶつ)と見仏記(前編) | トップページ | 季節はずれのXマス料理 »

コメント

こりゃあ読まないといけませんかねぇ。見仏記。 今ちょっとツン読気味なんです。 鎌倉って、若いときフラっと行ってみたくなるものなのですかね。 モデルのはなちゃんも仏像マニアですよね。

なんとも言えない本ですよ。読む人によっては全く面白くない本じゃないかと思います。
ひろパパさんもかなり、手広いジャンルに精通してますねえ。参りましたm(._.)m

今日は習字があるので、少しだけ、早め起き
です^^;朝からパソコンです。 あ、お酒。
母ちゃんから聞いただけなんですけど・・幼
稚園まだ入っていない時に、お兄ちゃんが
梅酒を舐めまくって、顔が真っ赤っか///▽///
になったことがあるみたいです。


>>元さん
習字がんばってくださいね。
将来有望なお兄さんですね。

その空白の1泊に何があったのでしょう!?フォーーー!
まさか、結婚式に呼ばれなかったのは・・・(*ノノ)キャ

冗談です。

おます♂さんの日記を読んでいたら見仏記が読んでみたくなりました。
今度本屋に行ったら探して見ます。
鎌倉は学生の時の遠足でしか行った事がないのでいつか機会があったらゆっくり回ってみたいな。と思っています。

うーん、空白の一日ですね。(^_^;)
鎌倉、私も行ってないですね。同僚には住んでる人たちもいるんですけどねえ。
でも。見仏記みて、まずは近場から見ようかななんて感じてます。

なんだか見仏記が売れそうな予感。
表彰されてもおかしくないですな(笑

二十歳の頃の記憶、、、私もかなりあいまいです(汗

>>おのパパさん
私のブログは、お客様限られてますので、あまり影響力ないですよ。表彰は厳しいな(^_^;)
気分的には二十歳の頃ってそんなに昔じゃないんだけど、思い出そうとすると思い出せないですねえ。まあ、昨日♀の人が話してくれたことも覚えてないんで、20年も前の話を覚えていろというほうが無理ですよね。(^_^; アハハ…

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104433/6711578

この記事へのトラックバック一覧です: 私の仏(ぶつ)と見仏記(後編):

« 私の仏(ぶつ)と見仏記(前編) | トップページ | 季節はずれのXマス料理 »