« 運動会でした! | トップページ | 電車男虫? »

悲しい時ーー

最近はコメントして下さるお仲間が増えてきて、

失敗談を書くのがちょっと恥ずかしいと思うようになってきました。

でも、自分にとっては大事な資料ですし、おバカな失敗談も何かの役には立つかもしれないので、本当は書きたくない飼育の失敗も、頑張って書いていきます。

今週は「悲しい時ーー」が多いです。(×_×;)

タイトルにヒネリを入れる元気もありません。┐('~`;)┌

①タランドゥス♂蛹化不全で☆_| ̄|○

非常に暴れた♂でしたが、蛹化の際、最後のケツの部分の皮がうまく脱げずに蛹化してしまいました。案の定、数日で☆になりました。オスはあと一匹です。もう神に祈るのみです。

いじりすぎたのと、暴れるのを上手く止められなかったのが敗因でしょうか?カワラのメーカーをちょこちょこ変えたのも原因の一つでしょう。

追記:今日(7日)最後の♂が無事蛹化したことを確認。もういじらないぞ。次の観察は11月12日とします。

②エレファスオキシデンタリスの終齢幼虫☆

甲マットを半分追加交換したゾウカブトの幼虫ですが、メスと思われる幼虫が☆になりました。1匹は確実に♂ですが、残りが微妙で、ペアになることを神に祈るのみです。

甲マットで、他には被害が出てないので、理由ははっきりしません。この♀だけ体重が落ちていたという事実はあったのですが・・・

③タランドゥス♀掘っただけで産卵せず

スーパー霊芝材に穿孔した♀ですが、良い感じで坑道をガードしているんで、割ったところ

産んでませんでした。_| ̄|○

前の産卵後ガードモードのままのようです。

綺麗に割れたので、もう一度ホッチキスで止めて成形し、別の誘導穴へ潜らせるべく再セットしました。駄目かねえ・・・

これも神に祈るのみです。

④ミンダナオヒラタの幼虫、泣き笑い

食痕がでないし、死骸があったように見えたので、諦めていたカワラの600の菌糸瓶が2本ありました。劣化するだけだから、「セアカの幼虫を入れてマット飼育との比較実験するか」と、ふと思いつき穴を空けてたら、幼虫がいて、傷つけちゃいました。_| ̄|○

抜け殻だったのね。当然、☆になりました。

それで、もう一つの瓶を真剣に見たら、そっちにも孵化したばかりの幼虫がいました。そういえば初齢幼虫以外に卵も一つ入れといたけど、当然駄目だと思い込んでいたのですが、それが孵化したみたいです。

オスならいいなあ(^。^/) 神に祈るのみです。

⑤セアカは順調だけど、やっぱり!ノコは鑑定ミス連発!

セアカの幼虫の体重を量ってみました。8~12gと大体倍増していたので、まあ、マットに問題はないでしょう。大きくなって雌雄鑑定がしやすくなり、もう一度確認しましたが、やはり♀は一匹でした。あとは全部オスでした。

これは神に祈っても、どうにもならないでしょう。

国産ノコも少し大きくなったので鑑定しなおしました。

オスメスとも4匹ずつ計8匹の鑑定が間違ってました。(~_~;)

初齢の頭幅での鑑定は当てになりませんね。やはり卵巣が見えてからが確実です。(^_^; アハハ…

もう少ししたら里子に出そうと思ってます。

⑥ビッダーズオークション

20050923_papute_03 パプキン2ペア出品しました。むし社で買ったブルー系ペアの仔です。

以前の系統より大事に育てたけど小振りです。

あの高かった微粒子マット合わなかったんでしょうね、加水不足だったかもしれません。

高値がつくように神に祈るのみです。

「こんなくだらんことばっかり聞いてられるか!」

という神の声が聞こえるようです。

« 運動会でした! | トップページ | 電車男虫? »

コメント

悲喜交々で。。。いや悲が多いようですね。
タラン♂、惜しかったですねぇ。そこまで行ったのに。メスも産んでなかったですか。産む準備段階だったのかな? 修復材に期待するしかないですね。

鑑定、、、私は全然自信がないので、羽化までしません。どうせ間違ってますんで(笑

一つわかったんですが、書いちゃうとスッキリしますね。何か、「まあいいか!」って気になります。
私の場合、鑑定・・して、瓶の大きさ変えて、結果羽化不全や蛹化不全なんで、「骨折り損のくたびれ儲け」ですね。(^_^; アハハ…

ブログを書くことは癒し効果をもたらすと小耳にはさみました。  私にも「悲しい時ー」が何度かありました。合掌・・・  ところで「カブトムシの百科」amazonで買いました。他にお取寄せ系の本があったので、ついでに子供へと思いまして・・しかしスンナリ渡すことはできませんね。しばらく私の書棚においておきます。

「癒し効果」、そうかもしれませんね。個人的には「癒しブーム」は逃避行動のような気がして、好きじゃなかったんですが、言われてみると確かに癒しのような気がします。(^_^)3 フムフム。
「カブトムシの百科」、amazonの書評も書いたんですがイイ本ですよね。私も子供たちが見るときはカバーを外させ、汚さないように見させてます。(^^;;;;

先日買った「カブトムシの百科」をみていて発見したのですが、コカブトムシというのが載っていて、あ・これだ!と思わず声に出してしまいました。今年6,7月につごう3匹採取して、最初はセンチコガネかその仲間かと思っていましたが、2匹は死骸を庭に埋め、1匹はリリースしてしまったので今現物はありませが・・どうなんでしょうか、やはり標本がないと同定はできませんよね。

コカブト、私は捕ったことないんですよ。でも、本みて確信できるなら当たってると思いますよ。
センチコガネやエンマコガネは見たことあるんですけどね。結構糞虫系も好きです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104433/6268729

この記事へのトラックバック一覧です: 悲しい時ーー:

« 運動会でした! | トップページ | 電車男虫? »