« ある虫ヲタの歴史(エピソード3) | トップページ | 虫達の冬支度2005追加 »

ある虫ヲタの歴史(エピソードファイナル)

さて、そんなこんなで、外産クワカブに興味が出始めていたころ、

私は、通勤ルートにある熱帯魚屋でいつものように、餌のイトメを買って帰ることにしたのですが、そこで

アトラスの幼虫」を見つけてしまいました。 w(゚o゚)w オオ-

それはドラマでいえば、 また、ドラマかよ(ーー;)

忘れていた初恋の女性が突然目の前に現れるシーンのようでした。

ヾ(・・;)ォィォィそんなにいいもんか?

まあ、実際には熱帯魚屋はムシムシしてるし、

ちょっと臭かったのですが・・・(^^;

マヨ瓶に入って性別もわからず1匹1000円か1500円したと思います。最初1匹買った時の興奮は忘れられません。

「これが、あの3本角のアトラスになるのか!

w(゚o゚)w でも幼虫は国産カブトと変わらないな・・ 

一匹買った後は「やっぱりペアにしたいな!」

と2匹目を買い、 o(^o^)oウキウキ

次には

「もし同じ性だと困るからもう一匹買おう」  o(^o^)oウキウキ

ということで、結局、

一ヶ月かけて3匹買ってしまいました。┐('~`;)┌

尚、このアトラスは当然のように超短角のショボイオスになりました。

「国産カブトより弱そうじゃん!」_| ̄|○ 

標本にもなってません・・・

また、子供がカブトムシを理解できるようになっていたんで、既に国産カブトの飼育は始まっていたと思います。

その後、ヤフーオークションが広がり始め、外産昆虫が「標本」という名のもとに取引されるようになりました。幼虫も標本用として売られてました。

幼虫が「標本」のわけないだろ!(,,゚Д゚)ゴルァ!!!

と突っ込みを入れたくなりますが、

ヤフは生体取引禁止ですから、苦肉の策でこういう出品をしてたんです。今でも個人は生体出品できないので、ヤフでは「鳥の餌」で出品してる人もいるようです。

「鳥の餌!H.ヘラクレス ブルー系統3齢ペア!」

なんて愉快な出品があります。既にヘラの幼虫の巨大さを知ってる身としては

「おまいはダチョウでも飼ってるのか?」(^^;

と、やはり突っ込みを入れたくなります。

今では信じられないかもしれませんが、当時はヤフーの昆虫売買の方がビッダーズよりはるかに多かったんです。私はそこでニジイロを手に入れました。

ところが「標本」販売はルール違反だと、目の敵にして取引を妨害する自称正義君が出てきたんです。

ダーズベイダーの襲来です。

♪ちゃんちゃんちゃん ちゃんちゃちゃん ちゃんちゃちゃん♪

ちゃんちゃんちゃんちゃんちゃ ちゃんちゃんちゃちゃん♪

(°°;))。。オロオロッ。。''((;°°)

「標本」と書いて出品してあると、かたっぱしから落札してキャンセルし、出品者の評価に罵詈雑言を浴びせるという

フォースの暗黒面を、完璧に使いこなす彼の攻撃に、

もとよりヤフオクの中では少数派で、

日陰者に過ぎない虫ヲタは

成す術もなく、まさしく

「虫ケラのように蹴散らされ」

撤退を余儀なくされたのでした。

こうして虫ヲタはみんな「ビッダーズ」という新天地に移動しました。

ゲルマン民族の大移動ならぬ、

「オク好き虫ヲタ」の大移動です。

こうしてビッダーズは、期せずして昆虫オークションの中心となっていったのです。

ビッダーズは間違いなく、あの自称正義君のおかげで、今があると言えるでしょう。

もし、彼がビッダーズの工作員だったとしたら・・・・

真相は全て闇の中です。

そして、当然のように私も、

オークションの深みに嵌っていきました・・・┐('~`;)┌

子供を連れての昆虫ショップ巡りが始まり、(・。・)

子供がむし社の福引にはまり、(・。・)

ムシキングには設置と同時に参加し、(ーー;)

各地の昆虫館や昆虫展を巡り・・・・(ーー;)

親子で坂道を転がるように

クスリ(虫)漬けになっていったのです。

_| ̄|○

今ではこんなブログを書くようになってしまいました。(T.T)  

 FIN

« ある虫ヲタの歴史(エピソード3) | トップページ | 虫達の冬支度2005追加 »

コメント

ファイナルまで、爆笑で読ませていただきました。(^0^)山あり、谷ありの数十年(?)の人生だったんですね。。。感慨。。でも一貫してるのは、生き物が好き、おもしろいと感じて、ご自分の手にとって調べたり、育てたりしないと気が済まない、、ということですね。きっと、犠牲(???)になった生き物君達も天国で満足していることでしょう。合掌。。我が家のコオロギ、、今夜も素敵に鳴いてます。。鈴虫よりうるさくないかもしれませんよ。。安上がりだし。。。

ぼんじーママさん、ご通読いただきありがとうございました。
ひろパパさんの一言から、記憶をたどって書いてみたのですが、思った以上に長編になり自分でもびっくりしました。
エンマコオロギはあのゴキブリと見紛う体格からは想像できないのどかな鳴き声ですよね。
でも、鈴虫よりはるかに餌食いますから、繁殖させると笑い事では済まなくなると思います。

おますさんの歴史ですね。
味わい深いものがありますな。
私なんか子供と採集を始めて、どっぷりというお約束のパターンですので、語るほどのモノがないです。

FIN・と、ありますが、そこからまだまだ、おますさんの歴史?は、続いていて、それを、楽しみにしている暇人の、私がいまして・・・。これからも、沢山の話題 楽しみにしてます。ただ、ふっっと、思ったのですが、鳥類・ほ乳類については、触れたことが無いような・・・?もしかして、お嫌いなのでしょうか?  そんな所も聞いてみたい、わた でした。  家のチビ達が、もう少し大きくなって、色々なことに、一緒になって無チューになるのが楽しみです。  次男は、虫も、いじくりすぎて 死なせてしまいますが・・・。

ある虫ヲタの歴史、毎晩とても楽しく読ませて戴きました。
>親子で坂道を転がるように、クスリ(虫)漬けに・・・。_| ̄|○
イイですねぇ。きっと子供さんの喜ぶ顔がおますさんの本領を引き出してしまったのではないでしょうか?『おっ、凄げぇ!!お父さん、何これ?アトラスオオカブト?凄げ~ぇ!!』
こんな軽くないですね、いつもながらの勝手な妄想、失礼致しました。m(_ _)m

おのパパさん、どーも
いやあ、語るほどの内容じゃないんですが、適当に味付けしてみたら、こんなものになりました。(^_^; アハハ…

わたゆきんさん、おおきに。(^。^;)
哺乳類も鳥類も好きですよ。動物園も結構行ってるって記事あったでしょ。マンションなんで、今、実際に飼っていないので、出来事がないだけです。薀蓄だけ語っても自慢話みたいになってしまうので・・・
虫をいじくりすぎて殺すのは、素晴らしいことです。触って、確かめて、そして、やりすぎると死ぬ。これを理解するのが非常に大事だと思います。

ねてるさん、喜んでいただけて光栄です。「
w(゚o゚)w オオ-スゲー」って言う感じは同じですが、次男は金の心配をしてくれるので、「でも、これ高くて買えないね。」と大きな声で言ってくれます。ありがたいような、ありがたくないような・・・・・

こんにちは、「飼育ヲタ」のヒストリー、楽しく読ませていただきました。いつも感心するのですが、文章書くの好きなんですね。うらやましい。私はもっぱらヨミだけです。 昨日近くで商工会のお祭りがあって、熱帯魚屋さんも通り沿いにあったので覗いてきました。コリを見て、それから「エサ金」って本当にその名のとおりに売っているのですね。   タラのメスは残念でした。グラシロのメスもなくなったのですか? 昨日会った次男のお友達のパパがヘラクレスの飼育をしているというのを聞いてちょっと驚き。 私はまだ外産に手を出すのは、躊躇しております。

文を書くのは大好きですが、文字を書くのは小学生並に下手です。これもワープロソフトのおかげですね。
熱帯魚屋行ってきたんですね。見るだけでも結構楽しいでしょ。そのうち、飼いたくなるから注意が必要ですけどね。(^^;
飼育は自分のキャパでやらないと、飼われる生き物も迷惑なので、ご自分のペースでじっくり進めてるひろパパさんの姿勢でいいんじゃないですか。
ただし、あまりキャパを広げると私のように虫のための休日を過ごすことになりますので、ご注意を。(^^;

すべて読ませていただきました(^-^)
どれもおますさんの、人柄がにじみ出ているというか
とっても楽しく読みました♪

私は。。。もともとは大の虫嫌いだったので
子供のためと始めた国産かぶとの飼育から
今に至っています・・・・

でも未だにクワカブ以外の虫は苦手です(爆)

>麻優希さん
喜んでもらえたなら光栄です。
苦手なものはすぐにはどうにもなりませんから、ぼちぼち行きましょうね。(^_^;;;

おぉー、最後にオチがありましたね~。面白かったです。しかし、自称正義君なるものがいたなんて知らなかったです。うちなんて子供の為にと思い手にしたクワガタに自分が嵌ってしまっただけですからね。まぁ、そのおかげでブログを通していろんなお仲間ができたことにうれしいですけどね。^^

>くんちさん
経緯はどうあれ、ブログを通じて虫仲間が増えるのはすばらしいことだと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104433/6462095

この記事へのトラックバック一覧です: ある虫ヲタの歴史(エピソードファイナル):

« ある虫ヲタの歴史(エピソード3) | トップページ | 虫達の冬支度2005追加 »