« デアゴスティーニ11.12号 | トップページ | 私の仏(ぶつ)と見仏記(後編) »

私の仏(ぶつ)と見仏記(前編)

20051028__55butu 20051028__59sinwa                

私の仏と神話のコレクションです。カバヤのヤツです。

左上から、降三世明王、軍茶利明王、大威徳明王、金剛夜叉明王、増長天、広目天、多聞天(毘沙門天)、持国天、金剛力士阿形、不動明王(シークレット)、不動明王、、金剛力士吽形と雷神、日本武尊、須佐之男命、風神です。

なんで、急にこんな写真を載せたかというと、ちょっと前にひろパパさんのコメントからおのパパさんまでつながった、

みうらじゅんといとうせいこうの「見仏記」の文庫を今読んでるからです。

みうらじゅん氏はちょっと触れましたが、いとうせいこう氏も「ボタニカルライフ」以来興味を持ってます。

本の中に仏像の名前がバンバン出てくるので、このフィギュアとカードが参考になってます。仏陀、菩薩がないのが残念ですが・・・

で、見仏記なんですが、

私は大学のころやったことがあります。( ̄^ ̄)

もちろんモーホーではありません。(゚゚;)\(--;)オイオイ

大学の同級生で「O(オー)」というのがいました。

当然私と同様、生物学を専攻してましたが、非常に読書家で、文学にも造詣の深いやつでした。私も読書家では負けませんが、どちらかというと雑学系で造詣が深いというタイプではありませんでした。

Oが高橋源一郎氏の「さようならギャングたち」をどう思うか聞いてきたので、一所懸命読んだ記憶があります。

私もOも酒が強く、深夜営業のある居酒屋で朝まで二人で飲んで、

二合徳利を15本位空けたことがあります。┐('~`;)┌

何をしゃべっていたんでしょうか?(^。^;)

そんなOとの「見仏記」は後編で・・・・

« デアゴスティーニ11.12号 | トップページ | 私の仏(ぶつ)と見仏記(後編) »

コメント

あぅっと(何だ突然 お久しぶりです^▽^;
ちょっとまぁいろいろな事情に指がボキボキ
だったので、遅れちゃいました(どういうことだよ
虫ヲタ〜仏まで一応(?)目を通しました。何か
凄い名前ばかりですね。読めない物が多数......。
う〜ん。私には何がなんだかさっぱりです(オイ
酒飲みということは・・・・分かりました(失礼;   


元さん、おひさしぶりです。
でも、ちょっと夜更かしですね。
さっき、♀の人と噂をしてたばかりです。
「親御さんに怒られて、ネットできないのかな」って。
このブログでは、おます♂が酒飲みということがわかれば十分です。合格。
将来、お付き合いする男性は酒飲みでないほうが苦労は少ないですよ。

お疲れ様です。なんだか・・・読めません。すさのお とか、聞いたことは、あるけど、最初の方は、読み すら 解りません??が、酒飲みだったのですね。神仏の話より、そっちの方が、興味がありますね。私もお酒大好きです。が、もう、年でしょうか、二合飲めば、いっぱいいっぱいです。焼酎ですが、黒霧島。というのが、ありまして、おいしいです(^-^)。独身の頃、上司に連れられ、飲み屋を連れ回されました。お姉ちゃん達は、むちゃくちゃ、褒め上手ですね。スカウトされたときは、ビビリました。無理無理。  暇なとき、♀さんとの、結婚までの話が、聞きたいなぁ~~~。と、思う、わたです。皆さんは、どうなんでしょ???

>>わたゆきさん
酒飲みは意外でしたでしょうか?私は日本酒党ですが、実は実験用エタノールも調味して飲んだことがある、アル中です。
ちなみに肝機能障害と毎年診断されてます。
黒霧島ですか、いいですね。地元のいい酒が飲めるのは羨ましいです。それと、飲み屋のおねいさんにスカウトされるとは、わたゆきさんも隅に置けませんね。(^_^;
♀の人とは社内結婚なんですが、このブログを社内の人間が見ているので、現役中間管理職としては、恥ずかしくて、あまり、詳しく書けません。m(._.)m

先日WOWOWで「スライドショー」やってましたよ。
MJワールドを堪能しました(笑)
仏像ネタはあまりやらなかったです。兜が「今、来てる」と言い切ってました。カブクワじゃなく被るカブトですよ(笑

お金が無くてWOWOWとか見られません。(^_^;)
会社の仲間と、スライドショー生で見たいなと話してます。6000円位するんですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104433/6708307

この記事へのトラックバック一覧です: 私の仏(ぶつ)と見仏記(前編):

« デアゴスティーニ11.12号 | トップページ | 私の仏(ぶつ)と見仏記(後編) »