« 師匠大活躍 | トップページ | おいしいという蕎麦を食べて見た。(後編) »

おいしいという蕎麦を食べて見た。(前編)

書いてたら、また長くなったので、前後半に分けました。

「やまけんの出張食い倒れ日記」http://www.yamaken.org/mt/kuidaore/

という有名なブログがあります。

私の会社の尊敬する飲兵衛の先輩が「良いから読め」というので、ちらちら読んでます。

以前紹介した森下の「山利喜」近辺の名店も当然のようにカバーしてます。

まあ、この辺りの名店はなぎら師匠が「東京酒場漂流記」で10年前にカバーしてるのですが・・・

そのブログの中で、

「東京で一番旨いと思う蕎麦屋は虎ノ門にある。」

という記事があって、気になってました。

そのすぐ近くのビルには仕事でちょくちょく出かけるので、いつか寄ってみようと思ってたのですが、

先日、その機会がありました。

そこは山形県のアンテナショップの中にある蕎麦屋で、

「出羽香庵」といいます。http://www.yamagatabussan.com/html/tenpo.htm

高速道路のサービスエリアにあるような食券を自動販売機で買うお店で、

知らない人はここがそんなに旨い蕎麦を出すとは夢にも思わないと思います。

夕飯にはまだ早い時間だったので、せいろ600円の食券を買いました。

「いざ!」と店内に入ると、客はまばら、まあ、時間が早いからそんなもんでしょう。

店内の掲示を見ると昼は相席で込んでる様子。

紹介された新聞の切り抜きなんかも掲示してあります。

食券を渡して数分後、出てきましたよ山形蕎麦が、

普通の蕎麦より太くて色は黒っぽいというより茶色っぽい感じ

まず、何もつけずに一本食べる。

「なんじゃ!この腰と香りは!

ええやんか!蕎麦のIT革命や!」

m(._.)m いつも同じフレーズで済みません。

後は、普通に頂きましたが、蕎麦の香りがふわっと口の中に広がって

「うまい。」\(^O^)/

歯ごたえも心地よくて、うどんとは違う噛む喜びを感じる麺でした。

後編に続く・・・

« 師匠大活躍 | トップページ | おいしいという蕎麦を食べて見た。(後編) »

コメント

蕎麦のIT革命~?(笑)
蕎麦好きの私としてはよだれが出そうです。
山形のお蕎麦はおいしいですもんね。
九州のお蕎麦は私的にはイマイチなのです。
やはり寒い地方の(山形も信州も)方がおいしいのかな。
後編楽しみにしています^^

>ぷにさん
恥ずかしながら、蕎麦は信州と下町の藪とかしか知らなかったので、山形そばがこんなにおいしいのは意外でした。
西はそばよりうどんですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104433/7600958

この記事へのトラックバック一覧です: おいしいという蕎麦を食べて見た。(前編):

« 師匠大活躍 | トップページ | おいしいという蕎麦を食べて見た。(後編) »