« 世界らん展2006レポート(前編) | トップページ | 世界らん展2006レポート(後編) »

世界らん展2006レポート(中編)

レイアウト部門はこんな感じです。今年は「和」や「雅」をテーマにした展示が多かったですね。

20060220__99_18reiauto 20060220__99_19gurasu 20060220__99_20miyabi

20060220__99_17orimono

 

  

 

ちょっと菊人形が入ってました。(^_^;

20060220__99_23kimonoあとは、おばちゃん軍団の「これは和ね。」っていう大きな声の解説が、

多少、お耳に触りましたが、

左の展示で「これはドレスね。」っていう声に

♀の人がすかさず、

「ドレスじゃないよ。衣桁(着物をかける鳥居みたいな形の家具ね)にかかってるじゃない。」

と小さな声で突っ込みを入れてました。(^^;;;;

私が気に入った作品20060220__99_12katoreaniteru20060220__99_15onsiはこんなところでしょうか。 20060220__99_16kawatteru 20060220__99_4katorea 20060220__99_8pafio

20060220__99_9ebine

   

      

      

      

      

      

    

皆さんの目にはどう映るでしょうか?

私はパフィオにい興味があるのですが、♀の人は気持ち悪いといいます。

蘭は本当に人それぞれです。

« 世界らん展2006レポート(前編) | トップページ | 世界らん展2006レポート(後編) »

コメント

パフィオ?
一番下の真ん中の黄色の花かな?

でも、コレだけたくさんの蘭を見れたら
気分も和みますよね

(おば様方の解説は別として・・・(〃 ̄ω ̄〃ゞ エヘヘ)

後編も楽しみにしてます (*^_^*)

>ごんごんさん
せいかーい。写真のパフィオは明るいイエローで、割とかわいい感じですが、迷彩色でちょっと食虫植物が入ったような気持ち悪い感じのものも結構あります。そこが良いんですけどね。
♀の人には却下されます。
ゆっくり見られれば心和むのですが、押し合いへし合いですからねえ。なかなか和まず、つい突っ込みを入れてしまいます。まだまだ人間ができていません。

凄いなぁ~。と、思います。どれも綺麗で・・。まだまだ、勉強が足りませんで、蘭には、たどり着いていません。ただ、ド~ンとした花より、今のところ、ちまちました花が可愛いです。水色のネモフィラ、好きです。ピンク、水色系が、好きみたいです。まだまだ、お子ちゃまです。
そのうち、押し合いへし合いに混じってる、蘭に魅入られたおばちゃんになるかも知れません。あ、あと、サボテンに咲く花が好きです。

>わたゆきさん
何回か紹介している、オンシジュームトゥインクルフレグランスは小さな花が沢山咲いて、香りも良くて、いいですよ。
6個の写真の上段の真中がその仲間です。
栽培も簡単だし、入門にはぴったし。価格もお手ごろです。

はぁ~最近すかっりROMです。
ご存知であれば、余計なお世話ですが、写真にポインタを合わせると写真に付けたローマ字のタイトルが表示されます。
下のステータスバーにもね。一応個人情報に係わる場合もあるかと・・・
95や98、XPとかの機能の差などシロートに毛が三本の私には解りかねますが・・・
 私事ですが、2/25禁煙一周年達成!禁煙もダイエットと一緒で一生物だそうで、続けることが大事です。
後で消しといてください。

>ひろパパさん
ご心配ありがとうございます。m(__)m
まあ、ファイル名はローマ字ですから、そんなに心配な情報はないでしょう。というより、写真付きでブログ始めた時点で、それ以上の情報を流出させているわけで、既に織り込み済みのリスクですね( ;^^)ヘ..。
私も最初はいろいろ心配しながら作りましたが、あまり、気にしすぎると疲れてしまい、記事そのものが、書けなくなりますね。
生き物を差し上げる時には基本的な個人情報が全て相手に流れますし、私のオークションIDもすぐわかるので、そのレベルの個人情報は実質公開しているのと同じだと考えてます。
それより、ひろパパさんが、これからも禁煙を継続されることと、ROMは停止してRAMにしていただけるとうれしいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104433/8755933

この記事へのトラックバック一覧です: 世界らん展2006レポート(中編):

« 世界らん展2006レポート(前編) | トップページ | 世界らん展2006レポート(後編) »