« 世界らん展2006レポート(中編) | トップページ | 世界らん展2006 お買い物編 »

世界らん展2006レポート(後編)

中編は、何か物足りなかったでしょうか?

記録なんで・・m(._.)m

最後に楽しい展示の見方を少々。

「世界らん展はこう見ろ!」です。20060220__99_22jirafu

まずはこの青白いキリン。

貧血じゃないと思います。(^_^; アハハ…

本当にすばらしい出来でした。 ハ(^▽^*)

みんなキリンを見てました。

蘭のディスプレイはほとんど見てませんでしたね。

実際、キリン作りで疲れてしまったのでしょうか?

蘭はうーん・・・

「本末転倒かな?」( ̄Д ̄;;

20060220__99_24tijyounorakuenこれは左の真中辺に、

「地上の楽園」っていうプレートが置いてあるレイアウト

なんですが、その前がバークウッドの荒野。

どう見ても楽園には見えませんでした。(^ー^;A

私が未熟者のせいでしょうか?意図が読めません。(・・?`

最後は♀の人おすすめ作品。

20060220__99_25ninngyou

中国の桂林をイメージしたディスプレイなのですが、

この人形のせいで、

「まんが日本昔ばなし」

になってます。

┐('~`;)┌

♀の人は「蘭はどうでもいい。あの人形がいい。」と言ってました。

シュールな審美眼です。( ̄Д ̄;)

桂林のイメージは恐怖にも似た自然の神秘性だと思うのですが、

「ほのぼの日本の里山」のような風景になってしまいましたね。

以上、世界らん展レポートでした。最終章、お買い物編に続きます。

« 世界らん展2006レポート(中編) | トップページ | 世界らん展2006 お買い物編 »

コメント

久しぶりに友人に会いまして仕事何やってるの?って聞いたら蘭の栽培だと。
なんでいきなりそんな仕事を?と思ったら、ホントは「LANの設計」だそうで。
マジでだまされました。。。

>おのパパさん
そういうジョーク好きです。でも、LANの構築って栽培みたいな感覚があるのかもしれませんね。

やっぱり、自分の目で愛でないと、、ダメですね。キリンも、実物を見てみたいですね。何で作られていたのか?とか、やはり、楽園には、見えません・・。とか、実際目にすると、圧倒されるかも知れませんが、今の私には、自宅の胡蝶蘭?(頂き物)の株分け??大問題です。

>わたゆきさん
ダメではないけど、自分の目で見るのはやはり、重要でしょうね。胡蝶蘭は株で増えないから株分けは普通しないと思います。やるとしたら、植え替えですが・・・

えっ?と、思って考えてみたら、違う違う、そうそう、君子蘭です。オレンジの花の、、、。ほったらかしで、窮屈そうに、してます。恥ずかしい間違えでした。へへへっ

>わたゆきさん
別に恥ずかしくないですよ。よくあることです。
私も蘭展のキリンの写真名をゼブラと書いてありました。ジラフですよね。
ちなみにもう一つ。君子蘭はヒガンバナの仲間で、蘭とつくけど蘭じゃないんですよ。
ちょっとググったら、「君子蘭専門サイト」ってのが、トップに出てきますね。植え替えの記事も載ってますよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104433/8755911

この記事へのトラックバック一覧です: 世界らん展2006レポート(後編):

« 世界らん展2006レポート(中編) | トップページ | 世界らん展2006 お買い物編 »