« 工具チョコとジンギスカンキャラメル | トップページ | すっげえ物悲しい風景 »

物悲しい景色

20060204__99_15senkaiyurikamome120060204__99_16senkaiyurikamome2ある日の夕方、

ユリカモメの大群が

ねぐらに帰って行きました。

公園上空を螺旋状に上っていきます。

木枯らしで枯葉が巻き上げられるような

そんな感じで、

ゆっくりと風に煽られるように

旋回しながらだんだんと密度を高めて、

そのうちの一匹がすーっと方向を変えると

集団で南の方に飛んで行きました。

なんか、物悲しい感じがしました。

奴らは何か考えているんでしょうか?

でも、写真で動きを捉えるのって難しいですね。

私の腕では厳しいみたい。(;´▽`A``

20060204__99_5kietatatakiike

悲しいといえば、

左の江戸川区の景色も悲しかったです。

江戸川区は金魚の養殖で有名です。

今でも地図で、何カ所か「たたき池(養魚場)」が確認できます。

ここも10年くらい前の地図では、広大なたたき池の敷地だったのですが、

今ではマンションと駐車場になってました。

金魚の販売店は残ってますけどね。

もう、金魚を東京で養殖しても儲からないんでしょうね。

江戸の臭いがする昭和の風物がまた1つ消えていきました。

« 工具チョコとジンギスカンキャラメル | トップページ | すっげえ物悲しい風景 »

コメント

飛んでる鳥を撮影するのは、とても大変かと思われ・・・

でも、おますさんの書き込みで情景がよくわかりますから大丈夫です! (*^_^*)

昔ながらのものが減っていくことは、やはり悲しいことですよね (ノ_・。)

宇宙に飛んで行った弥富金魚は、今のところ大丈夫です・・・

>ごんごんさん
ビデオ持ってきてればビデオ撮りたいようなそんな情景でした。
宇宙へいったのって愛知の金魚と鯉だったんですね。研究も名大なんだ。ググって初めて知りました。

鳥たちって、なんでぶつからないのか?アンテナでも立っているのか?と、思うほど綺麗に飛んでますよね。不思議・・。
金魚・・・飼っていると自然と増えていき、2.3年で一杯一杯で、よ~く金魚を死なす、義母に、贈呈してます。今はチビ流金7匹で、先日青汁から、透明な水になりました。おぉっまだ、元気でしたか?って、感じで・・・。

>わたゆきさん
金魚が自然に増えるっていうのは、水か何か環境がすごくいいんでしょうね。
金魚は青汁系の水、割と好きなんですよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104433/8511886

この記事へのトラックバック一覧です: 物悲しい景色:

« 工具チョコとジンギスカンキャラメル | トップページ | すっげえ物悲しい風景 »