« けろろ軍曹パン | トップページ | デアゴスティーニ19.20号 »

標本箱の整理

20060204__99_41kuwabako 20060204__99_43kabutobako                         

     

   

本日は標本箱のご紹介。

とりあえず、クワガタとカブトムシを分けて大きな標本箱に入れてます。

以前に書いたと思いますが、

「昆虫工芸木村」のドイツ箱大85H深箱(510×420×83)ってやつで、

奈良オオのセールで買いました。

並べ方が雑ですけど、まあ、これからも並べ替えるので、

こんなもんでいいでしょう。(^_^; アハハ…

20060204__99_36kireibako 20060204__99_33kokusanbako  

 

 

ドイツ箱に入っているのは、その他に彩虫箱と国産箱があります。

こっちは小さい箱です。

これ以外に紙製の箱も結構あって、採集した昆虫が入れてあるのですが、

これについては、またいずれ。

私にとっては大事な宝箱です。(;´▽`A``

« けろろ軍曹パン | トップページ | デアゴスティーニ19.20号 »

コメント

すごい数の昆虫君たちだ・・・(*'▽'*)わぁ♪

標本、きれいですね。マネしたいです。
ドイツ箱って結構高いですよね。そこですでにつまづいてしまってます(汗
死体は結構たまってきたんです。「簡単標本キット」なるもので薬品加工だけはしてありますが。
いや、処理してあるのは半分くらいかな?

バラバラ死体の場合、木工用ボンドで着けると痕が目立たなくていいとか聞きますが、おますさんはどうしてます?

>ごんごんさん
これでもいいやつだけで、パーツになったり、標本になれなかった皆さんが沢山います。(^_^; アハハ…

>おのパパさん
いわゆるドイツ箱の大きいやつで、ヘラなどの大型カブトが入る(高さのあるやつ)のは高いです。8千円以上しますね。木村の箱は通常で7000円で、セールで確か6000円切ってたので思い切って2箱かって置いたのが今の箱です。
バラバラ死体は透明のマニキュア(トップコートというらしい)が主流らしいです。「鍬道」の受け売りですが・・・・・
木工用ボンドは見えないように使わないとパックみたいに剥げてきますよね。
マニキュアは使ってみると刷毛もついてるし、速乾性だし使い勝手は抜群です。私は♀の人から一本貰って愛用してます。

ウギャーッ!忘れた頃にまたパーツの言葉。
しかし、慣れてきたのか??色々なパーツを組み合わせて、未確認生物とか、作ったら面白いかも・・なんて、考えてる自分にビックリです。でも、私にはすべて一緒に見えるはず。
標本作りって、簡単なのでしょうか?今から夏休みの宿題、考えたりして・・・ヘヘヘっ

 基本的な質問ですがなぜドイツ箱って言うのですか?
どいつ、こいつ って事はないですよね。
私もこんなふうに大切な宝箱、持ってみたいです。

ところで今、PSE問題でリサイクルショップは家電品の投売りが
始まっているようなのでこの機会に、マット用電子レンジ
手に入れようかと思ってます。

>わたゆきさん
カブトにクワガタのパーツ付けるとかは邪道ですが、おもしろいかもしれませんね。
標本専門の方は生きてるうちに〆るんですよ、手足や触覚が落ちやすいから。残酷なようですが、釣魚を食べる人もその場で〆るのは当たり前ですからね。私はどっちも平気です。
標本作りは簡単ですよ。やりだすとクセになります。

>ひろパパさん
私の標本箱の製造メーカーのHPです。
http://kimura-insect.jp/
一応由来が書いてあります。はっきりしないみたいですよ。
電子レンジ購入は絶対お薦めです。
PSE法でオーディオ関係者が困ってるとか聞いたことありますけど、最近の行政は一律に網をかけるという安易な選択をしますよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104433/8488054

この記事へのトラックバック一覧です: 標本箱の整理:

« けろろ軍曹パン | トップページ | デアゴスティーニ19.20号 »