« デアゴスティーニ23.24号 | トップページ | 汐留塩味って »

蝶の人工飼料

仕事の集まりで「アゲハチョウの味覚」についての講演を聴きました。

あんまり仕事とは関係ないのですが、

個人的にはとても面白かったです。(⌒^⌒)b うん

大阪のJT生命誌研究館の吉川先生のお話です。

http://www.brh.co.jp/experience/exhibition/lab/1_yosikawa.html

でね。アゲハの幼虫飼ってみるとわかるんですが、

すごく餌食べるんで、ミカンの葉っぱ調達するのが大変なんですよ。

それはこの記事読んで下さい。次男語も出てきます。

http://omasu.cocolog-nifty.com/kuwakabu/2005/07/6_5301.html

で、私以外にも蝶の飼育していた方がいて、質問が出たんです。

「キャベツにみかんの葉っぱのエキスを塗ったら食べますかね?食草の調達ってすごく大変なんですよね。」

そしたら教授が

「キャベツで可能かはわかりませんが、蚕用の人工飼料にミカンの葉っぱを緑茶のような製法で粉末にしたものを混ぜたお団子を食べますよ。実は私達はそうしてアゲハを育ててます。」だって

||||||||||||||(* ̄ロ ̄)ガーン||||||||||||||||

知らなかった。

そうだよね。

日本の養蚕が安価な中国産シルクと戦うには合理化も大事だもんね。

鮮度のいい桑の葉っぱを与えるのって大変だもんねえ。

桑団子を低温保管しておけばすごく楽。

で、調べたら業者用の蚕の人工飼料は販売されているんですよ。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/hasshy/science/2000kaiko/jinkousiryou.htm

業務用で個人での購入はできそうもないけど・・・

でも、だれか蝶でやってないかなと思って調べたら、やってる。

http://www.naro.affrc.go.jp/top/seika/1998/kan-tou/narc98K565.html

個人じゃないけど山梨の農業試験場。

オオムラサキが有名ですからねえ。

配合も出てます。エノキをミカンに替えれば良さそう。

オカラに和紙とダイエットシュガー、寒天、粉末青汁入れて、ビタミンCとBのサプリメントを加えれば近いものができそうなんだけどなあ。

気が向いたらやってみよう。(▼∀▼)ニヤリッ

« デアゴスティーニ23.24号 | トップページ | 汐留塩味って »

コメント

アゲハの幼虫を拾ってこようかと思ってましたが・・・

そんなに食べるんですか・・・

今年はやめておこう(;^_^A アセアセ・・・

おますさん、是非作ってみてくださいd(^-^)ネ!

>ごんごんさん
蝶の羽化は感動的なので、是非一度トライして欲しいのですが、とにかくミカンの葉っぱをどうキープするかです。
結構、街路樹の脇とかいろんなところにミカン系の木ってあるんですが、くすねるのに勇気が要ります。深い緑の葉っぱじゃなくて、黄緑色の若い葉っぱが必要です。
団子ねえ。トライしたいなあ。

こりゃもう菌糸に匹敵する発明じゃないですかね。
よく考えるなぁ。。。

何か発明して特許取りましょうよ(笑

>おのパパさん
なんか蝶ってすごく食草のえり好みが激しくて、繊細な生き物だと思ってたんですが、家畜になりますね。
ちょっとショックでした。
でも、成分的には何かお手軽な感じがするんですよね。
特許で飯くいたいですねえ。

始めまして。しろしろです。
ていうか、以前に別の掲示板でおますさんにアドバイスをいただいたことがあり、それ以来このページをよく拝見させていただいています。
うちも昨年息子のために、アゲハを4匹くらい羽化させました。えさの葉っぱを確保するのに確かに大変でした。そのために鉢植えのゆずの木を買ってきた位ですが、その程度ではえさがなかなか追いつかなくて大変でした。そして、おますさんの言うとおり若い葉っぱじゃないとだめなんですよね。実家にみかんの木3本があるので、その葉っぱを使ったりしたのですが、実家では虫除けに農薬を使ったりしているので洗ってから使ってみたりしました。道端のみかんの木も気になるのですが、やっぱりくすねる度胸がありません。
冬越えさせたアゲハのさなぎが4月上旬に羽化したのですが、羽化不全ていうのか、羽が開ききらず数日で亡くなってしまいました。夏アゲハではない色鮮やかなのを期待していたのですが、残念でした。
羽化のシーンの感動的なのをまた見たいので、今年もきっとみかんの葉っぱをなんとか確保しながらチャレンジするんだろうなあと思ってます。(くわかぶと違って成長サイクルが早いのも子供にとっては良いようです。)

>しろしろさん
いらっしゃいませ。これからもお気軽にコメントしていって下さい。
今年の羽化は残念でしたね。でも、虫飼育にはつきものですから(私だけか?( ̄Д ̄;;)、
懲りずにまた頑張りましょう。
近所には蝶のために沢山のミカンの鉢植えを置いてる家もあります。私はキンカンぷちまるを持っているのですが、与える勇気がありません。(^_^; アハハ…

 蝶までは手が回りません。
4/29採取に行って幼虫がまた増えた・・
立ち枯れにカブト幼虫がいたのにはびっくり!さすがに小さいけど・・

3連休に1日お許しが出たので、小型種でも狙って遠征に出ようかと・・
3日は横浜へ、昨日は船橋に潮干狩り。

もうそろそろ1周年ですよね。少なからず影響を受けておりますよ。

>ひろパパさん
材割ですか?他の獲物はどうだったんでしょうか?
ブナ林のコルリとかそろそろですよね?
私はブナ林自体に行ったことがないのですが・・・
なかなかお忙しそうで、いいことですよ。遊ばないとね。
そうそう、もう1年になるんですねえ。ひろパパさんをはじめいろんな方と出会えて楽しい一年でした。

こんにちわ
我が家(実家)にはまだアゲハはきませんねぇ・・・
ついこの前も雪がちらつきましたし、まだ新芽も少ないのでこないのでしょう・・・
うちに来るアゲハは山椒の木で勝手に生活してます。
今年はさなぎになったらケースに入れて観察しようと思ってます。
セミも山もみじで羽化をするので以前録画したことがあります。
コビトも季節の変化を感じているようで、虫関係を話題に出すようになりました (^_^;)
DSのどうぶつの森での虫取りだけでは収まらなくなってきたようです。
おますさま!どうかうちに里子を分けてくださいませお願いします_(._.)_

それにしても、みかんの木が路地にあるなんて・・・
ここら辺では見たことがありません。
いいなぁ・・・

>コビトさん
そちらまだ寒そうですね。東京は正式な街路樹の横にミカンが植わっているところ結構ありますよ。
でも、庭で蝶やセミの観察できるのが羨ましいですよ。
里子はOKですけど、何をご所望でしょうか?
幼虫ならヘラクレスオキシかグラントシロ(まだ孵化してないけど)、国産ノコあたりはいつでも出せます。成虫だとすごく小型のオスでよければオオクワのペアを出せますがどうしますか?
その他は丁度これから蛹になる時期で、今輸送するのはどうかなって感じです。あと2ヶ月もしたらいろんな成虫が羽化してくる予定ですから、選択肢もふえるのですが・・・
いずれにしてもコメント欄ではなんなので、メアド入れときますから、メールして下さい。お待ちしてます。

おっ、1周年なんですね。
ウチも6日で1周年。同じ頃にスタートしてたんですねぇ。

30日、日曜参観でした。学校前の遊歩道で、近所の方が、『みかんの花って、なんとも言えない香りがするんだよね~。』と・・思わず鼻の穴を広げ、一杯一杯空気を吸ってみました。「??鼻つまってんのカナ?」って答えると『まだ、咲いてないよ。』って・・もう一人の方が『ナイス、ボケ・つっこみ』って、、至って真面目に返答してるつもりですが、、ヤバイかも。です。
んで、みかんの木が、そこにある事に、5年目にして、気がつきました。山椒に来たアゲハをGetしても飼育出来るじゃん!て事でした。

>おのパパさん
そうなんですね。うちは3日で1周年です。お互いこれからもがんばりましょうね。

>わたゆきさん
すばらしいナイスボケです。
もはやプロの領域でコメントできません。
山椒とミカンについてる卵や幼虫を育てるとおもしろいです。予想と違うのが羽化したりするんでね。
卵は黄緑の新芽、それも2~3cm程度のできたての新芽についてることが多いです。蝶もよく考えてますよね。
幼虫の糞が結構でますけど、羽化したときは、クワカブ以上に感動ものですよ。

確かにやつらは良く食べますよね~。
あっという間に小さいみかんの木が丸裸に><
でも面白い着眼点ですね。
そんな簡単に出来るとは思っていませんでした。
是非試してここで発表してください^^

>ぷにさん
食べるんですよ。ホントに。ただでさえ元気のないキンカンぷちまるを餌にしたら数日で丸坊主になりそうです。
団子、簡単そうですけどねえ、第一作はたぶん食べないんだろうな。

羽化、させてるんですよ~。ツマグロヒョウモン蝶。幼虫はグロいし、蝶になってもパッ!としないけど、パンジーで、育てられるので、ここ2年程、この時期幼虫の捕獲に歩いてま~す。

>わたゆきさん
これも亀レスです。
しぶいっすね。なかなかやるじゃやないですか。
ツマグロヒョウモン北上してるみたいですね。でも今年は寒かったからブレーキかかったかもしれませんね。メスがきれいですよね。標本にしたいなあ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104433/9777460

この記事へのトラックバック一覧です: 蝶の人工飼料:

« デアゴスティーニ23.24号 | トップページ | 汐留塩味って »