« 今日のお世話(ギラファ、リノケ、ブルイジン) | トップページ | またまた上野動物園その5 »

またまた上野動物園その4

Goriradabintiこれは

「ヴィトルヴィウス的人間」

の写真です。

「ダ・ヴィンチ コード」のオープニングに出てきますね。

1:1.618の黄金比に関係してます。

と、いうのは全部ウソです。

(^_^; アハハ…

ゴリラの手足と人の手足の比率を

見比べる展示です。Gurumegorira

これはゴリラの食事メニューです。

すごく豪華ですね。

羨ましいです。(^_^; アハハ…

今年のサラリーマン川柳の大賞

「昼食は妻がセレブで俺セルフ」

を思い出しました。

「お食事は ゴリラ、セレブで 俺セルフ」

お粗末・・・orz

Neteru楽しい鳥たちを発見しました。

寝てるカンムリナントカ?バト。

( ̄Д ̄;;忘れました・・・

目は爛々と赤く輝いていましたが、

具合が悪くて死にそうなのかもしれません。

みんな心配してました。大丈夫かな┐('~`;)┌

Oninoinumasuzumeそれから、トラのおやつ兼おもちゃの

大腿骨での窃盗事件現場。

まだ肉が骨についているのですが、

その肉をスズメがついばんでいました。

まさに「鬼のいぬまの・・・」ですね。

私はスズメのこういう、したたかさが好きです。

野生のプライドを捨てていません。

鳩にない部分です。ちなみに私は鳩は嫌いです。

人から餌を貰う時の間抜けな安心感に腹が立ちます。

野鳥のくせに、プライドが感じられません。

そんな訳で鳩が近くに来ると、威嚇して追い払うのですが、

いつも♀の人に「止めなさい!」と怒られます。

« 今日のお世話(ギラファ、リノケ、ブルイジン) | トップページ | またまた上野動物園その5 »

コメント

ウチの近所にはハトがいっぱい住み着いてます。
みんなエサやるんですよねぇ。エサやり禁止の看板が立ってるのに。
ハトが自転車にひかれる瞬間を見たことあります(笑

>おのパパさん
私は子供の虫取り網でよく捕まえます。

こちらの鳩は、餌に群がりますが、手を出すと、サッとよけます。プライドは、無い様ですが、危機感は、あるようです。絶対捕まりません。こちらは、ずるがしこい感じで、間抜けな鳩のが、よっぽど可愛い気がしますよ。

>わたゆきさん
そうですか?じゃあ、鹿児島では鳩食ってる人がいるのかも?(^_^; アハハ…
鳩はうまいですよ。中国で何回か食べましたけどね。
身がしっかりしていて、味が濃い。
そういう話ではなかったか・・・

川柳&コメント、笑わせて戴きました。(^ε^
またおますさんの作品を紹介して下さい。

>ねてるさん
喜んでいただけて光栄です。今後もがんばりますのでよろしくお願いいたします。

すずめは可愛いですよね~。
特に子すずめはまだぷくぷくしていてお母さんすずめの後にくっついてあるいて可愛い~♪
元々すずめというか小鳥も好きなのですが、
昨年子すずめを保護→無事放鳥してからすずめが愛しくてなりません。
ツバメの子も保護した事がありますが、可愛いですよぅ。
鳩は・・・昔せっかく保護してやったのに暴れて手をつついて
さらに羽虫をばら撒いてくれたのでちょっと・・嫌いではないですが・・・

>ぷにさん
この記事は賛否があるかもしれないけど、敢えて主張しました。すずめ、ツバメの可愛さは慣れないところにあるのではないでしょうか?
鳩は甘やかしすぎだと思います。
それにしても鳥を助けているんですね。来世は鳳凰に生まれ変わるかもしれませんね。

鳳凰に笑ってしまって再びレスしてしまいました。
カッコいいな~。なりたいな~。.゚+.(o´∀`o)゚+.
何故か保護したり。誰かが持ってきたりと・・・鳥と縁があったのでしょうかね?
どの子も無事に自然に帰すことが出来てほっとしています。
鳩は父が鳶?に襲われて落ちてきたのを拾いました。なんかすごい。
ちなみにツバメは慣れるまではいきませんが、警戒心があまりありませんね。
元々人家の軒先にお家を作りますもんね。

>ぷにさん
笑っていただけることが、私の何よりの楽しみでございます。私は鳥も好きなんですよ。いじめるけど・・・小学生が好きな女の子のスカートめくるのと同じです。(^_^; アハハ…

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104433/10201989

この記事へのトラックバック一覧です: またまた上野動物園その4:

« 今日のお世話(ギラファ、リノケ、ブルイジン) | トップページ | またまた上野動物園その5 »