« 日本科学未来館 前編 | トップページ | 日本科学未来館 後編 »

日本科学未来館 中編

Kuizu得意の記帳。ではなくて、クイズです。

ナノテクに関するクイズで、

このエリアの展示の中に

答えが隠れてますが、

Morau小学生低学年にはちょっときびしいね。

だって、展示は「nmは10億分の1mと書いてあるのに、

問題は「1μの何分の1ですか?」

なんてのがありましたから。

Konoroboそれでも家族で5問正解して、

緑色のおねいさんから

ナノテク加工されたロボットを頂きました。

左の小さなサンプル瓶に入っていて、

Konnamitai_2

(見えませんが┐('~`;)┌)

幅1mm高さ4mmくらいの樹脂を削ったものです。

青い枠が拡大写真です。

正解しなかったら次男は泣いてたでしょうね。

良かった良かった。\(^0^)/

Kadoその他にもいろいろあります。

これもプレステのコントローラーで

バーチャル博物館が

楽しめるシステム。

個人のIDカードを作って、

操作します。

見にくいですが、

Batyarudoutakuこれは銅鐸で、

コントローラーで選択すると

銅鐸を銅の棒で叩いた音とか

鹿の骨で叩いた音なんかを

聞くことができます。

音はヘッドフォンで

本人しか聞こえません。

Kanji

電子情報を組み込んだ

漢字ブロックの遊びも面白かったです。

中国語の簡易漢字と比較したり、

象形文字とひかくしたりできます。

一人クイズ日本語王ができます。

(^◇^;)

白と黒のスマートボールみたいのは

Emalekurosiroインターネットの仕組みのモデルです。

1と0の組み合わせで文字のルールを作れば、

その信号を相手側で再構築すると

文字が転送されたことになるということなんですが、

Emale次男はわかってなかったですね。(^_^; アハハ…

« 日本科学未来館 前編 | トップページ | 日本科学未来館 後編 »

コメント

ちょっと難しそうですね。ウチの子にはとうてい無理だわ。
でも行ってみたいっすねぇ。
自分の方が熱中しちゃうこと間違いなし(汗)

>おのパパさん
うちのも理解してるとは思いませんが、まあ、なんとなく楽しんでましたよ。料金安いからそこそこ人気ですよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104433/9951524

この記事へのトラックバック一覧です: 日本科学未来館 中編:

« 日本科学未来館 前編 | トップページ | 日本科学未来館 後編 »