« 別荘のお手入れツアー(第五話 炉) | トップページ | 別荘のお手入れツアー(津金寺後編) »

別荘のお手入れツアー(津金寺前編)

翌日は別荘地内を散歩した後、寄り道しながらお帰りです。

今回はカタクリの花を見に津金寺に行きました。

寺の裏山にカタクリ他山野草が自生してるそうです。

大人だけ入場料300円払いました。境内の自然維持費ということです。

当然のことながら、リュックには携帯用ネットを潜ませて・・・

もし、ギフチョウがいたらゲットだ!と意気込んでいたのですが、

思った以上に開けていてギフチョウはいませんでした。KatakuriKatakuri2Katakurigunカタクリは咲いてましたよ。

Dousiroto 裏山が遊歩道になっていて、

いろんな植物が見られるのですが、

順路案内が・・・

こんな状態。( ̄Д ̄;)

Saranidousirotoどっちいくの?

で右に行くと・・・

だからどうしろと・・・( ̄Д ̄;)

ブログネタのご提供ありがとうございました。

Hitorisuzukam(__)m

それ以外にも

ヒトリシズカ

名前が素敵ですね。

他にもナンジャモンジャ

なんてのもありました。

Nanjyakeiji Nanjyamonjya

« 別荘のお手入れツアー(第五話 炉) | トップページ | 別荘のお手入れツアー(津金寺後編) »

コメント

順路は「どちらからでもドウゾ♪」ってコトだったのでしょうか?
(〃 ̄ω ̄〃ゞ

ヒトリシズカもなんじゃもんじゃも図鑑で見たことがあります
ネーミングがうまいですよね ^^;

カタクリの花の色、好きな色です(*^_^*)
ギフチョウは残念でした ^^;

>ごんごんさん
順路は、行き止まりが結構あります。
まあ、行き止まりにカタクリが咲いてる場所があったりするのですが・・・
迷路の基本で右端から攻めていきました。
山野草の名前は本当に日本の心が残っていて
素敵だと思います。

すべて、初めての花です。カタクリの花って、私感覚で、素敵と可愛いの真ん中状態です。とても良い感じですね。色も素敵で。前に山野草展らしき物に行ったのですが、全て頂きたくなる位、それぞれが、花器?共々、色々な顔をしていて、安らぎました。ヒトリシズカさん?ひとりでも、にぎやかそうですね。ナンジャモンジャって・・そんなもんじゃって、返したくなります。つい・・
 すごく大好きな花があります。だけど、名前が解りません・・・近所に色違いがあり、聞いてみたけど、やっぱ解らない!絶対、何者か突き止めたいです。雑草系かも知れないですが・・。

>わたゆきさん
山野草は和名といい、たたずまいといい、風情がありますよね。植物は名前突き止めるの難しいですよね。私も花と葉と季節なんかを検索条件として見つけることが多いですが、品種のレベルになると
もうヽ(*´▽)ノオテアゲー♪です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104433/9846534

この記事へのトラックバック一覧です: 別荘のお手入れツアー(津金寺前編):

« 別荘のお手入れツアー(第五話 炉) | トップページ | 別荘のお手入れツアー(津金寺後編) »