« ソニー・エクスプローラサイエンス(その1) | トップページ | ソニー・エクスプローラサイエンス(その3) »

ソニー・エクスプローラサイエンス(その2)

ソニー・エクスプローラサイエンスは

基本的には撮影禁止ですが、フラッシュ焚かなければ文句は言われません。

だって、一般公開してるのに撮影禁止っておかしいでしょ。

そんなに秘密にしたいことは見せなきゃいいんです。

水族館なんかでもそうですが、本来撮影禁止ではなくて、

フラッシュ撮影禁止なんだそうです。

ところが今のカメラはスイッチを入れた状態でフラッシュオンになってしまうので、

本人にその意思がなくてもフラッシュ撮影になってしまいます。

それで面倒だから撮影禁止と表示してるようです。

私は屋内会場で、撮影禁止の場合、そのルールは守らずに、

必ずフラッシュをオフにして平然と撮影しています。

だからといって、ルールを破ってそれでいいのか?

という意見も当然あるでしょう。

でも「いいんです。」

(;`O´)oカビラかおまえは!

私は「悪法も法なり」という立場はとりません。

さて、講釈が長くなって、

寝てしまった人もいると思いますが、

中は科学技術館や科学未来館に

ソニーテイストな味付けをした感じです。

とにかく料金が500円(子供300円)というのが

民営、かつ、お台場では極めてリーズナブルな価格設定です。

これではソニータイマーで商品が壊れても

ソニーさんを愛してしまいそうです。(^_^; アハハ…

Soni12

縞模様が動いて、

平衡感覚を狂わせる装置があったり、

漢字を書くと

Soni10それに連動してキャラが動いたり、

と大体、

いままで紹介したことある世界ですね。

おもしろいところでは

OmausIDカードが写真入りで

各自もらえることでしょうか?

(このカードは犯罪者の臭いがするね。(^_^; アハハ…)

二次元バーコードで

Soni6実際のドアが開いたり、

いろんなゲームにアクセスできるだけでなく、

この犯罪者の写真を取り込んだゲームもできます。Soni7

« ソニー・エクスプローラサイエンス(その1) | トップページ | ソニー・エクスプローラサイエンス(その3) »

コメント

僕は今まで馬鹿正直に撮影禁止の看板のゆうことをきいてました。
今度撮影に挑戦してみます。
それよりこのIDの写真うけますね~!

>4810さん
フラッシュオフを確認してさっさと撮影しないとダメですよ。文句をいうのはどちらかといえば他の客の場合が多いですからね。
IDカードうけましたか?ありがとうございます。

数年前、仮面ライダーショーを見に行ったとき、ライダー役の役者が出てくるところだけ撮影禁止になりました。
もちろん撮っちゃいましたがね。
隠し撮りですな(笑)

>おのパパさん
盗撮メイトですね。我々は眉をひそめられる困った親父ペアですね。

水族館とかではフラッシュたかなければOKだと思っていました。
ガンガン撮っていましたよ(^ω^;
そうなんですよねー。
自動にしておくと勝手にフラッシュがたかれるのも
良し悪しなのですねぇ。。。。

>ぷにさん
昔はフラッシュ禁止(最初に「菌糸」がでるなあ)って表示だったんですが、今は撮影禁止って表示が多いですよ。
カメラメーカーからすると暗いところでの撮影ミスを防止するという建前でしょうけど、今はデジカメで取り直しが利くからフラッシュは使用者責任のほうがいいと思うんですけどね。

いいですね!その屁理屈!!(爆)IDカードのおますさんは、赤ら顔ですけど、一杯ひっかけましたか?(笑)

>昆虫むしさん
いいでしょ。私は仕事で結構外国行ってたせいか、意味のないルールをルールだからと言って守るのはばかげているという価値観で固まってます。「ルールは、みんなが納得して守れるもを作る。守れないなら、なぜ守れないか良く考えて、守れるように改善する。」が仕事でも人生でも基本になってます。
顔はまだ、一杯引っ掛ける前です。色が黒いので、ライティングの関係で赤くみえてるだけです。もっとも1年中ヨッパライみたいなもんですが(^_^; アハハ…

私のヤドカリ記事のコメを見て、ここ読むと、なんとなくおます♂さんの性格が見えてきた様な気がします(爆)これからは、屁理屈の時代ですね♪(爆)

>昆虫むしさん
いえいえ、そんな簡単にわかるような単純な性格ではありませんよ。(^_^; アハハ…
屁理屈じゃなくて、正論だと私は思ってるんですけどねえ。おかしいなあ。┐('~`;)┌

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ソニー・エクスプローラサイエンス(その1) | トップページ | ソニー・エクスプローラサイエンス(その3) »