« 秋葉原までチャリンコにて 後編 | トップページ | オオクワ掘り出し »

マットのガス抜き考

しろしろさんからコメントで質問があったマットの再発酵とガス抜きについて、私なりの見解を書いてみます。

微生物検査で裏を取ってるわけではないし、わかりやすくするためにある程度話を丸めるので、多少、正確性にかけることもありますが、そんなに的はずれではないと思います。もし、何か気付いた方がいらしたら、コメントで訂正してください。

発酵マットの再発酵問題というのは、マット交換でマットを飼育容器に詰めたあとで、再び発酵と思われる現象が起こり、幼虫が表面に出てきてしまい、最悪死んでしまう問題です。

外気温が低くて微生物の活動が停止していた状態のマットを室内に持ち込んだ結果、温度が上がり再発酵が始まることが多いようです。

再発酵の確認は発酵熱で確認できます。要するにマットが暖かくなります。ただ、幼虫が出てきてしまうのは発酵熱によるものではないと思います。

おそらくは発酵による代謝物の影響です。主に二酸化炭素、あとはアルコールではないでしょうか?表面に出てきてだらりと伸びた姿は酸欠かアルコール中毒と思えます。

この状態になっても、蓋を開けてマットをかき混ぜると換気されるため、幼虫たちは元気をとりもどし潜って行くことが多いのですが、これが繰りかえされると、ある日表面で大量死という地獄絵図を見ることになります。

増えた酵母などの微生物は、普通は自らの代謝物の影響で増殖が止まったり、死滅が始まったり、あるいは新しい環境に適応した別の微生物によって駆逐されたりします。しかし、換気、攪拌により新しく酸素が供給されたり、アルコール分が揮発すると、利用できる栄養分は十分にありますから、再び活動を続けることになります。で、また酸欠になるわけです。

一般に再発酵は、マットを洗濯ネットなどに入れて数日外気に晒すこと(これをガス抜きと呼んでいますが)で、解決すると言われています。

確かにこれでうまくいく場合もありますが、いかない場合もあります。なぜなら、この程度の処理では再発酵に関与している微生物は死なないからです。(再発酵の原因が嫌気性菌だった場合には有効)

短期間で対応するには電子レンジ殺菌が有効です。70℃で5分程度の食中毒防止と同じ加熱が必要です。それが無理な場合は、マットを全とっかえせずに、容器内の半分は振るって糞を取った古いマット、残り半分は発酵しそうな新マットという詰め方をすると、新マットが安定するまで、幼虫が古いマットのほうに避難できてトラブルを避けられます。

再発酵は必ず起きるわけではありません。メーカーによるという意見もあるようですが、私は違うように思います。液体ならともかく、マットのように固形のものを大量に作った場合、微生物を均質にすることは困難です。結果として、ある程度は、菌の濃淡、有力菌の種類にバラツキが生じるのは避けようがありません。

小ロットで管理すれば、ある程度微生物的なバラツキは抑えられると思うのですが、その場合はコストが高くつくはずです。本当に大事な虫を飼う方はそういう高級マットを使うべきでしょうね。ただ、それでも再発酵が起こらないとは断言できないし、マットメーカーは事故が発生しても保証してはくれないでしょう。

私のように安価のマットを使う場合は常にそういうリスクがあると思ってます。マットが劣化するという方もいますが、カブトであればそんなに気にする必要はないと思うので、2か月前くらいには発注して保管してます。

ガス抜きをするのは一つの有力な防止策ですが、マット交換一週間後くらいに一度様子を見るのも大事かなと思います。

<しったかぶりメモ>

発酵というのは一般的には酵母によるものが有名ですが、実際には人間に有用な微生物の活動が発酵で、同じ現象でも人間に不都合だと腐敗と呼びます。対象は酵母などの真菌(カビも含む)だけでなく、細菌全般(乳酸菌や納豆菌などさまざま)となります。

発酵も腐敗も微生物の生命活動ですから、人間がごはんを食べて、糞尿をするように、微生物もマットに含まれる栄養分を摂取してエネルギーを獲得し、代謝物を排出します。代謝物としてアルコールや酢、乳酸などを出す場合を発酵と呼んでいるわけです。

« 秋葉原までチャリンコにて 後編 | トップページ | オオクワ掘り出し »

コメント

コーカサスの幼虫一匹分の新しいマットが足りなくって
ダイソーのマットを買ってきたら「一週間ほどがズ抜きしてください」と・・・*o_ _)oバタッ

スーパーでは、マルカンのみの扱いだったので買ってきたら
カサカサに乾いてて、どれだけでも水分を吸い込む状態・・・
今日もマット交換できなかったです・・・*o_ _)oバタッ

オーロラソースレシピ、教えてくださ~~~い!
( ̄人 ̄)オ・ネ・ガ・イします♪

一時避難した子たちはなんとか土の中にもぐってくれているようです。
ベランダにおいてあるマットをもう一度使うのがちと怖い感じですが、ケースに入れてから2、3日様子を見てから幼虫をいれてみようと思います。
私は、まだ、飼育初めてから1年半位なので、そもそもマットの加水加減もこんな程度でいいのかなといつも迷いながら使ってます。よく、握って固まりができる位といいますが、その加減がよくわからないんですよね。あれこれ試して慣れるしかないですかね。がんばりまーす。

どうもこんにちは(^o^)syoと申します。
よろしくお願いします<(_ _)>ペコッ
おのパパさんのブログの記事ででおます♂さんの事がのっていたのでどんな人かな~
ということで来てみました(´ー`)
ちょくちょく遊びに来るので
よろしくお願いします(^_^)/
発酵マットのガス抜き…私的には
以外と大変です。これだけで縮むか、
大きくなるか、が決まるらしいです。
私も1度失敗を……_| ̄|○

>ごんごんさん
通販でマット買ったほうがいいですよ。本当に。じゃあ、元気になるように、今週中にはメールしますね。

>しろしろさん
そうですね。慣れるしかないかもしれません。私も未だに自信ありませんっていうか適当です。私はちょっと加水が少ないかもしれません。だから大きな個体が羽化しないのかな?( ;^^)ヘ..

>syoさん
いらっしゃいませ。お気軽に遊びに来てください。いわゆる虫ブログじゃないんで、困惑されたかもしれませんが、本人はどこから見ても恥ずかしくない虫ブログだと思ってます。┐('~`;)┌
恥ずかしいのは体型ぐらいです。あまり気にしてませんが・・(^_^; アハハ…

そんな、素敵な虫ブログですよヾ(´▽`)ノでも
お気に入りにどうやって登録すれば良いんだ~~
って迷いましたけど、どうやら何回かコメする
うちにお気に入り登録されるんですよね。

>syoさん
ありがとうございます。素敵という言葉に弱いおます♂です。
私のサイドバーのお気に入りですか?それなら2つの記事にコメントいただくとその方ののブログがあれば登録してます。syoさんはブログ書かれてますか?
書かれてたらコメントのURT:の欄にブログのアドレス入れて下さいね。
ヤフログにココログを登録するやり方はおのパパさんに聞いて下さい。

おますさん、<(_ _*)> ありがとうございます。


あれ?syoくんを発見!!(*^_^*)

syoさん、自分のブログのお気に入りに、おますさんのブログを登録するということかな?
ヤフー以外の人を登録する場合はそのブログのRSSを「ブログ設定」の中に記入します。
難しいですが、挑戦してみてくださいね。リンクをはってもらうときは相互リンクが基本ですので。

んでマットの話(笑

レベル4(スーパー黒クヌギ)は再発酵したことありません。以前使っていたモオリーさんのも同様でした。
ウチの環境なのかな???

>ごんごんさん
眠いけど、ごんごんさんが元気になるように今日メールしましたよ。作ってみてね。絶対おすすめ。私も今週久々に作ろうかなって思ってます。

>おのパパさん
いいマットはそれなりに温度管理と十分な攪拌をしてるはずなんで、再発酵しにくいと思いますよ。それでないと金取れないですよね。
安いのも再発酵するのは10%あるかないかじゃないかなと思います。
過去の失敗例から、3齢幼虫の突然死は再発酵の可能性が高いような気がしてます。敵は目に見えないのでなかなか大変です。

私も以前自作マットを作って、国産と、コーカサスに使用した事がありましたが、結果は、コーカサスは、やはり再発酵して上に出てきて伸びて★になちゃいました(汗)国産は、なんとか羽化まで持っていけましたけど栄養不足でサイズ小(笑)発酵材に、ぬかを使用しましたけどあまり聞いたこと無いですよね(笑)

>昆虫むしさん
小麦ふすまを使うくらいですから、ぬかを使ってもおかしくないんじゃないですか?いる菌はちがうでしょうけど、考え方は同じですよね。乳酸菌が多いかなあ?
ふすま、小麦粉、きな粉なんかをよく使うと思うのですが、ミクロフローラ(いる菌の種類)は外国産と国産でもかなり違いますよ。

超初心者なので勉強になります。
ってか、再発酵の知識はありましたが、
あまり気にした事がありませんでした。
うちのカブもそれで辛い事があったかも(-_-;)
何よりちゃんと見てあげる事が大切ですね。

>ぷにさん
お勉強になりましたでしょうか?参考になればうれしいです。
マット交換後、数日後の確認は大事かもしれませんね。

うちの東南アジア系カブちゃんずが沢山お☆様になったのは、ガス抜き不足が原因だったんだと今頃気付きました。そう言えば何回か出てきた形跡がありました。
いつ造ったか判らない冬場の売れ残りの冷たい乾いたマットを使用直前に加水し、幼虫ごとヒータで加熱していました。(汗)考えてみれば、これなら再発酵して沢山ガスが出そうです。ヒータの熱と思っていたのが再発酵熱だとしたら・・・。(泣)

>ねてるさん
うーん、そうですねえ。再発酵した可能性が高いですね。残念ですが勉強勉強です。

そうですかヾ(´▽`)ノおます♂さん
ごんごんさん、ありがとうございますm(_ _)m
ごんごんさん来ちゃいましたよ、おのパパさんの
ブログから(^^)

失礼しました!!おのパパさんもでした!!
まだこのブログの↓に名前のやつに
慣れていなくて……すいませんm(_ _)mm(_ _)m

>syoさん
どういたしまして、これからもお気軽にどうぞ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋葉原までチャリンコにて 後編 | トップページ | オオクワ掘り出し »