« 甲斐の国から 2006 別れ | トップページ | 激辛プルコギ »

甲斐の国から 2006 むーちゃん他

ゆるキャラに弱いおます♂ですが、

新たなゆるキャラを発見しました。

\(^O^)/

場所はオオムラサキセンター

名前は

「むーちゃん」

( ̄Д ̄;;

へっ(・_・?)、オオムラサキの幼虫の

「むーちゃん」

( ̄Д ̄;;

何ゆえ?むらさきの「む」?むしの「む」

わかり難い????

Mutyann入りぐちの売店で

グッズも密かに売られています。

ゲットしたのは

このストラップ

500円

肝心のむーちゃんがわかるでしょうか?

オオムラサキの幼虫の二本の角がキュートです。

春バージョンと冬バージョンがあります。

私は地味な冬バージョンを選びました。

Oomutyan  買わなかったけど

Tシャツもあります。

うーん、むーちゃんねえ。

この柄のTシャツ着るのは勇気がいるな。( ̄Д ̄;;

オオムラサキセンターの温室内では

通路は尾瀬にあるような板の歩道になっていて、

地面を歩かせないようになっています。

これはオオムラサキの幼虫が落ち葉にくっついた状態で

越冬するために取られた策ですが、そこに

「地面を歩かないで、むーちゃんがいます。」って

書いてあります。

温室に着くまでに、

すべての人がむーちゃんが何かわかっているとは思えないし、

いきなり温室にいく人だっているでしょうから、

かえって意味がわからないような気がしますが・・・

「オオムラサキの幼虫がいます。」ではダメなんでしょうか?

もし子供用というなら、入り口に

「保護者の方へ、オオムラサキの幼虫は落ち葉についたまま越冬します。

お子様を絶対に地面に降ろさないよう注意して下さい。」

って書けばいいと思うんですけどね。

注意されて逆ギレする親とかいるのかな?┐('~`;)┌

« 甲斐の国から 2006 別れ | トップページ | 激辛プルコギ »

コメント

普通の人は、何だ?って思うかもしれませんが、その様なところでは、『おっ、むーちゃんが』ってならないんですかね。オオムラサキって、結構テレビとかでてるし。Tシャツは欲しくないけど。
ただ、うちの子は、絶対踏みたくります。
所で、関係ない話。次男がミニトマトを学校から持ち帰り、2つ赤くなってます。課題!!それを使った料理を絵に書き記して、持ってこい。近所の方は、パンを切ってトマトと一緒にチーズかけてグラタン風に。絶対ちぎってそのまま食べた方が美味しいのに。と、思いつつ、次男のため調理法を調べてますが、なかなかこれっ!がないです。
これは、イケるよ!って、ないですか???

>わたゆきさん
スパゲティーもいけますよ。
スパを茹でて、ベーコンでもハムでもシーフードでも・・・
タマネギやピーマン等で炒め、塩味でもケチャップでもOK で味付けし、最後にミニトマトを好きな形に切ってサッと炒める。

それか サラダに!
レタス・水菜・キャベツの千切り・にんじんの千切りを混ぜ混ぜし、紫タマネギを薄切りにし乗せ、食パンをさいの目切りにして揚げた物とミニトマトをトッピングw

参考になりましたでしょうか?w

>おますさん
わたゆきさんのレスに夢中になってしまった^^;
そのTシャツかわゆいわ♪ でも確かに着る勇気は・・・・・ね(-_-;)
チョウチョを潰すと、グリーンの物が出てくるのよね^^;
失礼しました Ю-(▽`*)=))))))))(。_゜)
我が家でも、一時放し飼い飼育した事がありました。アゲハチョウでしたが・・・w
剣山にみかんの木を刺し、水の入った容器に浸け 何の容器にも入れずにそのまま飾っておきました。
ところが、その木に蛹は作らないのよね。
柱やカーテンに移動するために、這いずり回っていましたよ^^;
私達も 部屋の中を歩くのに神経使ってましたw
さすがの主人も「これは (/´△`\)ヤメテー!!」って^^;;
でも数匹のアゲハチョウを柱やカーテンから羽化させる事も出来ましたがw

>わたゆきさん
館内の展示で「オオムラサキ幼虫をむーちゃんと呼んでます。」みたいなものがないので、すごく唐突な感じがしますよ。Tシャッツいらないですか?何年後かにまた行ったら買ってきてもいいですよ。
(^_^; アハハ…
お料理、りおんママさんが下でお答えしてますね。私は卵と軽く炒めるのがいいかと思います。トマトと卵の炒め物は中国では極めて普通の家庭料理です。味つけは野菜いためと同じ。もう1つは中華スープにトマトを入れて、溶き卵で軽く閉じたスープ。トマトを加熱素材として使う時、卵はいいパートナーです。

>りおんママさん
レスありがとうございます。なんだか「かぶとむし君と遊ぼう」みたいでいいですね。
アゲハ毎年飼ってますよ。茶色というか灰色の蛹になるので、木の肌とか似たような色の壁に移動したがりますね。目立たない場所を探しているんだ思います。
終齢幼虫になったら、割り箸を何本か立てて入れておくとそこで蛹になってくれることが多いです。それでも飼育ケースの蓋で蛹になるやつもいますけどね。
徘徊を始めた幼虫を観葉植物のパキラに移して蛹化させたこともあります。
今年は飼わないと決めてたのに、10階の我が家のキンカンに幼虫を発見してしまい。飼うことになりました。餌の葉っぱをとりにいくたびに幼虫が増えるのが怖いです。

>おますさん
アゲハチョウの蛹は 背景の色で変わりますよ。
茶色の枝に作った時は茶色に。 グリーンの葉っぱに作った時はグリーンになります。
でも、茶色とグリーンの蛹しか見た事ありませんがw
背景の色を変えて 蛹を作らすのも面白いかもしれませんね^^

おますさんの所では キンカンなのですね?
我が家では ミカンの木を時下植えにしていました。実になったら食べられるし、一石二鳥にしたかったのです。木の背丈も130cmにはなったのですが あっと言う間に丸坊主になってしまい、実に成る所ではありませんでした(-_-;)
これでは幼虫の餌も足りずに申し訳無いと思い、木も無くしてしまいました。
それからはアゲハチョウはやめました^^;
 

>りおんママさん
子供の頃は緑の蛹のイメージが強かったのですが、こちらのアゲハは緑の場所への移動を拒否して、地味な色のほうに行きますね。カラスの捕虫圧の影響かななんて思ってます。青い蓋の上で蛹化したのも茶色でしたよ。
キンカンは常にシャクガに狙われています。油断すると大きなシャクトリムシが葉っぱを食いまくっています。風のせいで落花してしまいなかなか実がとれません。

ゆるキャラきた!
むーちゃん、なかなか可愛いじゃないですか~。
最初はえ?葉っぱがむーちゃん??と思いましたが(^_^;)
でもTシャツはちょっと・・・(笑)

管理している方たちはむーちゃんが普通になってしまっているからですかね?(笑)
確かに突然じゃ分かりませんよね~。

>りおんママさん
美味しそうなレシピありがとうございます。
スバゲティーが食べたくなりました。がなんせ、
2個しか成ってないので・・・トマト買ってきて、長い夏休みの昼食メニューに取り入れます。
次女の学校の教室も、一時期幼虫が這い回り、壁、机等で蛹になってました。先生は一匹踏んづけちゃったそうです・・・

早速、卵と炒めました。それが一番手っ取り早そうだったので・・・近所の方のバジルをちょっと頂いて、『あぁっ!』という間に完成。早速絵に描いて、美味しかった。と言っておりました。
トマトは、長男のでした。次男って間違えてました。黄色いトマトは、次女ので・・・
こんがらがります。

>ぷにさん
名前はゆるいんですが、Tシャツの絵は結構リアルですよね。ゆるくない。この辺のアンバランスが素敵です。
買った人いるのかなあ?

>わたゆきさん
落ち着いて子育てをして下さいね。(^_^; アハハ…
トマト炒めいけるでしょ。あまり熟してないちょっと固めですっぱめのトマトをぶつ切りにして、卵炒めにするとおいしいですよ。夏はトマトの酸味がさわやかです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 甲斐の国から 2006 別れ | トップページ | 激辛プルコギ »