« まずは一報と今日までのお世話 | トップページ | 科博 ふしぎ大陸南極展 自然科学編 »

科博 ふしぎ大陸南極展2006 探検編

Nankanban♀の人の仕事があるので、

甲斐の国最終日は朝4時に出て

7時には東京に戻ってました。

で、もったいないけど、8時にはレンタカーを返し

(18時まで借りても同料金)

家で片付けをしてたのですが・・・・

長男がどこかへ連れてけというので、

科博に行きました。特別展で南極展をやってます。

Nantarojiro上の看板は

「南極物語」でみたことありますね。

で当然のように、タロとジロ

久しぶりの対面ですね。

Nantarojirohoneどっちかは科博にあるんですが、

片方は北大にあるんですよね。

博物館だから頭骨も展示されてます。

変な板の組み合わせは

Naninuzoriいぬぞりです。

いぬぞりって一見粗末な感じですが、

軽量化のためには

こういう構造が必要なんでしょうね。Naninuzorikiroku

これはいぬぞりの走行距離記録。

エンジンが生き物だからこういう記録は

不可欠なんですね。

南極調査船の模型もあります。NankainansouyaNansiraseNanfujiNansinsirase

最初は帆船の開南丸、宗谷、ふじ、しらせ、新しらせ

だそうです。

船の近代化もおもしろいですが、

装備している輸送機がプロペラ機からヘリに変わっていく様子なんかも

Nanpenginharaisi

面白かったですよ。

これは最初に皇帝ペンギンを

食べたのか解剖したのかわかりませんが、

腹から出てきた小石だそうです。

胃石ですね。

当時の人は驚いたみたいですよ。

恐竜展では必ず恐竜の胃石の展示があります。

« まずは一報と今日までのお世話 | トップページ | 科博 ふしぎ大陸南極展 自然科学編 »

コメント

今年TVでやっていた南極物語を見たので
何だか懐かしい感じですね~。
やっぱりソリを引くだけにしっかりした感じですね。
ペンギンさんのお味は・・・鶏肉系なのか豚系なのか???
って、ペンギンさんは食べられません!><

南極物語・・・・・
この4文字聞いただけで・・・(。>0<。)ビェェン
σ(^_^)アタシは動物出るTV・映画は見れません^^;
見るとすれば・・・
泣きたい時に一人で.... (; ゜゜) コッソリと;;
志村園長のTVも 微笑ましさに涙してたりするし・・・(キ▼д▼;)トホホ・・
年取るにつれて 涙腺も弱くなる事・・・弱くなる事・・・・・・自分でも「何で???」て想う程です^^;;

>ぷにさん
映画と協賛したのかどうか、チェックしてませんが、タイムリーですね。
昔は運べる食料も少なかったから、探検隊はペンギンとかアザラシ食ってたんじゃないでしょうか?

>りおんママさん
私も認めたくはありませんが、確実に涙腺が緩くなっています。♀の人は既に涙腺は閉まりません。なんで泣いてるのかわからない時があります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« まずは一報と今日までのお世話 | トップページ | 科博 ふしぎ大陸南極展 自然科学編 »