« 科博 ふしぎ大陸南極展2006 探検編 | トップページ | ドゥークさんありがとうm(_ _)m »

科博 ふしぎ大陸南極展 自然科学編

Nangaido最近では子供たちが

音声ガイドの楽しさに

目覚めてしまい、

少し余分にお金がかかります。orz

まあ、そのほうが勉強になりそうなので

いいんですけどね。

Naninseki

Nankyouryuu

Nandoubutu     

    

    

  

南極の動物や化石、隕石といったものが

沢山展示されていました。

白くてでかいのは

シロナガスクジラの頭骨です。Nansironagasu

でかすぎ( ̄Д ̄;;

でも、子供はクイズに夢中でした。

┐('~`;)┌

展示の最後のほうには

南極の氷が展示されていて

Nankoori触れます。まあ、氷ですよね。

空気が閉じ込められいるので

多少ざらざらしてますが・・・

昔、南極の氷でウイスキーのロックを

飲んだことがありますが、

別にどうってことなかったです。

溶けるときプチプチ音がするだけです。 ┐('~`;)┌

Singateそうそう、科博の本館の改装が来春終了で、

出入り口は出来上がってました。

白くておしゃれです。

で、入り口付近には

Annnairobo_1ガイドおねいさんロボが置かれてました。

私の好みの顔ではありませんでしたが・・

(^_^; アハハ…

いきなり、思い出したように

しゃべってましたが、

何を考えているんでしょうか?

ミュージアムショップもリニューアルしてましたが、

Nankaigara置いてあるものはあまり変わりません。

でも、貝殻発見。

密かに撮影。

ジャスコのベトナム産のほうが安い。

一応、補給候補として記録されました。

Nankansokusya

館を出ると、観測車が置かれており、

南極体験コーナーと銘打った

プレハブの冷凍庫がありました。

中に入るとせいぜい-5℃

( ̄Д ̄;;そんなの南極じゃないだろ

せめて-20℃くらいにはして欲しいですね。

私は-40℃の冷凍庫に入ることもあります。

« 科博 ふしぎ大陸南極展2006 探検編 | トップページ | ドゥークさんありがとうm(_ _)m »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 科博 ふしぎ大陸南極展2006 探検編 | トップページ | ドゥークさんありがとうm(_ _)m »