« 甲斐の国から 2006 むーちゃん他 | トップページ | まずは一報と今日までのお世話 »

激辛プルコギ

Purukogi1 「日清のとんがらし麺 激辛プルコギ 牛肉と野菜の韓国鍋仕立て」

「辛さ際立つカプサイシンパワー」

「きちんと辛い、旨い」

Purukogi2カップの蓋の上に

激辛パウダーの小袋が貼り付いてます。

いつぞやのものと違って

非常に接着力の弱い接着剤で

つけてありました。

さすが日清。

またカップ表面が凹凸のある特殊加工したもので、

気合を感じさせます。

Purukogi3 で、その激辛パウダーですが、

「燃え過ぎ注意激辛パウダー

最初は少量から辛みを調整して下さい。」

うーん、この手の脅しにはのりません。

┐('~`;)┌Purukogi5

業界最大手は冒険はしない。

絶対そんなに辛くない。

ということで、

全量投入。(^_^; アハハ…

Purukogi4 麺にも唐辛子が練りこんである赤い麺

まさしく「とんがらし麺」というわけですね。

はい、お湯を注いで、

蓋は花椒のミルで抑えて万全の体制。

ではいただきます。

できあがり写真削除しちゃいました。orz

まあ、辛いけど、たいしたこと無いな。

準備したのは正解。

全体の味はさすが日清でそつがないですが、

やっぱりインパクトに欠けるような気がします。

味付け牛肉はスジに近い部分が入ったのか少し硬かったです。

まあ、FDして味付けする牛肉にいい部分使う必要はないですけどね。

« 甲斐の国から 2006 むーちゃん他 | トップページ | まずは一報と今日までのお世話 »

コメント

あまり辛いのは喉に来るので食べられません。
これはパッケージを見ただけでも何か辛いです(笑)

>ぷにさん
辛いのばかりで済みません。この夏のライフワークになっているので、しばらく続きます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 甲斐の国から 2006 むーちゃん他 | トップページ | まずは一報と今日までのお世話 »