« 速報!むし社バーゲン2006晩夏 | トップページ | 長男工作 »

ミノムシ?

Minomusi ぷちまるに新たなお客様。

ミノを付けてますね。

蝶蛾は詳しくないのですが、

ミノガの仲間でしょうかね?

ミノガといえばミノムシなんですけど、

子供の頃は冬の街路樹を見れば

いくつもミノムシが見つかったものですが、

今は見ないですよね。

蓑の中には黒くてぷっくりとして、

表面はてろっとした幼虫が入っていました。

なんか自分を形容しているような・・・・( ̄Д ̄;;

総じて嫌われ者が多い蛾の中で、

例外的にかわいがられる蛾の幼虫でした。

あのミノムシはオオミノガっていうんですが、

オオミノガヤドリバエという、

中国から侵入してきたと思われる寄生バエによって

1990年代の後半から激減し、

絶滅の危機に瀕しているようです。\(゚o゚;)/

ただし、今はオオミノガヤドリバエを餌にする

寄生蜂も見つかっているそうで、( ̄Д ̄;;

そのうちオオミノガヤドリバエも減少の方向に向かい、

ミノムシの数が多少は回復するかもしれませんね。

ミノムシは本来街路樹の害虫ですが、

やっぱり日本の冬の景色として、残って欲しい生き物です。

全ての葉を落とした街路樹に夕日が当たり、

その枝にミノムシのシルエットが浮かび上がると

なぜかほっとするような気がしませんか?

« 速報!むし社バーゲン2006晩夏 | トップページ | 長男工作 »

コメント

みのむしの中身が見たくてついに破ってしまいショックを受けた子供時代を思い出しました。
ぷちまるくん大人気ですね。
それにしてもみのむしに寄生する虫がいて更にそれに寄生(餌?)する虫がいる。生き物はやっぱり奥が深いですね。

>ぷにさん
みのむしから小さなおじいさんでも出てきたら最高なんですけどね。(^_^; アハハ…
ぷちまるはまた花芽と新芽で元気です。なんだか今年はすごいです。ぷにさんの応援のおかげでしょうか?
昆虫の対応力はすごいですよね。感心します。

ミノムシが危機に!!数年前に知りました。確かに、エリカの木にぶらぶらしてたのが、いなくなった頃ですね。昔は、簑をはがして、毛糸、ちぎった色紙を入れておくと→冷凍して、『蓑虫アクセサリー♪のできあがり~♪なんて、ありましたけど、現在、そんな事してる子供がいたら、拍手です。

>わたゆきさん
今でも自然と遊ぼう!みたいな本には書いてあるんですけどね。肝心のミノムシがいないんではねえ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 速報!むし社バーゲン2006晩夏 | トップページ | 長男工作 »