« かめ蔵、かめ吉の再紹介 | トップページ | ぼくの夏休み 山梨虫捕り前編 »

昆虫爬虫類家族オフ会

Ryousan 昆虫むしさんにヘラオキシの幼虫を

お譲りすることになったのですが、

まあ、近いからついでに一杯やりましょう

w( ̄o ̄)w オオー!

ということで

家族総出でオフ会をやることになりました。

場所は両さんの亀有。銅像を初めて見ました。

何時の間にか両さんと同じくらいの年になってる

自分が怖い・・・(^_^; アハハ…

昆虫むしさんの子供さんと会うのは、

長男は初めてですが、

さすがに子供達はすぐに仲良しになったようです。

大人では♀の人が初めてですが、すぐに仲良しになったかな?

Magurokaitaiで、私がガブガブ飲みながら話をしてる時に

マグロの解体ショーや

金魚すくいのイベントがあったようです。(^_^; アハハ…

写真は次男が撮ってきたものです。

Kingyo_2子供達の金魚すくいも大サービスだったようで、

大量の金魚をゲットしてました。

30匹以上いましたよ。

いやあ、それにしてもすっかり飲んでしまった。

なんか喋りまくった気がしますが、

失礼がなかったかちょっと心配です。┐('~`;)┌

でもとても楽しかったです。

Bakekinまた、やりましょうね。

金魚はとりあえずバケツで飼われています。

少しずつ落ちていくので、

その都度、カメの餌になります。(^_^; アハハ…

さて、根性で生き残るのは何匹でしょうか?

1週間生きたものはクワイ水槽に移住させる予定です。

« かめ蔵、かめ吉の再紹介 | トップページ | ぼくの夏休み 山梨虫捕り前編 »

コメント

(ノ゜ω゜)ノ*.オオォォォォォォォー
オフ会なさったんですね。

んじゃいつか諏訪湖オフしてくださいd(^-^)ネ!

ちなみに13日に我が家で帽怪談トピのオフ会です
もちろん家族ぐるみでたこ焼きパーティします♪

>ごんごんさん
白樺湖オフね!できるといいですねえ。
ところで帽怪談トピって何の集まりですか?

亀有遠征でしたか。
ムシにカメに爬虫類にと、盛り上がったことでしょうね(笑)
しかし、まれぇさんはホンモノのカメオタクですな。詳しすぎます(笑

金魚30匹とは大サービスですな。カメもご馳走に満足でしょうか(笑

お疲れ様でした♪失礼な事など何も無かったですよ!すごく楽しい時間を過ごさせて頂きましたよ。本当に!(笑)

ウチのまれぇもオタクぶりをかなり発揮してましたからね(笑)またやりましょうね♪
ウチの金魚は、本日すべて終了したみたいですよ。

>おのパパさん
亀戸ー亀有で亀の話ですから、なんとも長寿でめでたい企画でした。(^_^; アハハ…
金魚もカメの餌なんでカメ大満足ですよ。

>昆虫むしさん
そう言っていただけると安心します。
まれぇさんのオタクぶりは磨きがかかってますね。
カメについては教えてもらうことばかりです。
早くも全滅ですか?うちはまだ20匹以上生きてますよ。魚は得意です。(^_^; アハハ…

いえいえ全滅ではなくて、生き残った金魚をカメに全部やったんです。ひぃ~残酷ぅ。カメは普段のんびりしてますが、金魚を追うときは素早かったです。

>まれぇさん
そうですか。でも12匹いればあっという間ですよね。餌金も10匹200円から400円しますから、贅沢な餌ですよね。うちの亀ももっとよこせと暴れてます。

私なんて一匹もすくえなかったのに・・・
おます♂家は・・・(´;ェ;`)ウゥ・・・
近かったら何匹か引き取りに行きたい所です。
てか、亀吉達の餌になるんですね。ほう。
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
ヘビにマウス、亀に金魚。分かっていても
ちょっと可哀想です。ミルワームとかなら
全然可哀想でないのに・・差別ですね^^;

>ぷにさん
あのね、ぷにさん。人には牛、豚、鶏、ほとんどの魚、精魂込めて育てた野菜や果物食べてるでしょ。
人間が一番残酷ですよ。

えーと・・・分かっていますよぅ。
分かっていても可哀想と思ってしまう。
人間が一番勝手だなってことです。

>ぷにさん
ぷにさんみたいに、ちゃんとわかってくれてればいいんですけどね。ちょっときつかったかなごめんなさいね。
m(_ _)m
私は、昆虫を愛する文化をきちんと持ってるのは、たぶん世界で日本人くらいだと思ってます。それは世界に誇るべき素晴らしい文化だと思います。でも、そういう日本人だって農家の方々が大切に育てられた牛や豚を殺しておいしいといって食ってるという事実にもう少し正面から向き合って欲しいなっていつも思ってます。飼育をする人にとっては、食物連鎖は自然な事という意識が必要じゃないかなっていつも感じてます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« かめ蔵、かめ吉の再紹介 | トップページ | ぼくの夏休み 山梨虫捕り前編 »