« 渋谷の新店 | トップページ | 国立博物館久しぶり(動物編) »

国立博物館久し振り(仏像編)

Jigokunomon 最近、二人の子供が歴史に興味を持ち始め

いろんなことを聞いてくるので

国立博物館に行ってきました。

「冷泉家の至宝展」以来久しぶりです。

写真は西洋美術館の「地獄の門」

ここまでは只で入れるので寄り道。

ロダンの考える人が真中上にいます。

「考える人は地獄に落ちていく人を眺めてるんだよ。」

って教えたら、「やなヤツじゃん。」って言ってました。

確かにその通りです。(^_^; アハハ…

で、国立博物館へ・・・

HaniwaHakudoutaku博物館内は

フラッシュ撮影禁止です。

撮影はOK

正しいあり方ですね。

国宝でも重文でも撮影はOKです。

ただ、一部撮影禁止のものも

あります。おそらく所有者の意向だと思うのですが、

大きく撮影禁止と表示されているのですぐわかります。

こういう合理的なルールはきちんと守ります。

そういうのは決して撮影しません。Hakusyoubu

Hakunippondaihyouさて息子たちは

やはり男の子で

安土桃山時代に

関心があるようです。

で、こういった展示が

気になるのでしょうが、

私はやはり見仏記です。

(^_^; アハハ…

HakuhankasiyuiHakusyakanyoraiHakufusou

 

        

         

        

     

半伽思惟、釈迦如来、不動明王他にもいいとこ揃ってます。

Hakutyousan

気になったのは2点

これはなんか頭のバランスが悪くて

研なおこ似のいかりや長介みたいな

仏像でした。(^_^; アハハ…

それともう一点。

見物記のインド編に出てるのですが、

仏像の原型はインドのヒンズーの神々から来ていて、

そのような像には頭部に男性の象徴がついているのがあります。

それが、中国、韓国を経て日本に来たときには

11面観音の顔になったり馬頭観音の顔に変化してきた

みたいです。Hakuabunaiでも、この仏像はそのまま形が継承されてますね。

普通の人は髪を結ってあると

思うようですが、

明らかに違います。

見仏ビギナーのおます♂は

見逃しませんでしたよ。

(^_^; アハハ…

でも、確かに日本人的には頭にあれでは

ご利益なさそうな気がしちゃいますよね。┐('~`;)┌

« 渋谷の新店 | トップページ | 国立博物館久しぶり(動物編) »

コメント

でも日本人もそっち系嫌いじゃないですよね。
名前は忘れたけれど、何とか岩とか言って
女性の方の形に似た岩を祭っていたり、男性の方も・・・。
あー、でも頭についているのは受け入れがたいかもしれませんね。(^_^;)
子供の時は安土桃山時代が一番ワクワク楽しかったような気がします。
何となくかっこ良く感じたりしたし。

>ぷにさん
そうですね。道祖神なんかはその系統なんですよね。それはそれであるんですけど、仏像の頭の上はねえ。
┐('~`;)┌
私も安土桃山が好きでした。今も好きですけどね。

そっち系、うん!好きかも・・・??
でも、お勉強は苦手。と、言ったらおバカ 丸出しですね。でも 地理・歴史は、ダメです。
方向音痴です。歴史は・・・・自分の歴史も忘れる位ですから・・・ヤバッ!
645→むしごはん。って・・・子供達、蒸しパンを、虫パンって思ってた様です・・・。

>わたゆきさん
そっち系好きですか?まあ、本来子孫繁栄は民族最大の願いですから当たり前なんですけどね。
わたゆきさんが書かれている通りで、年号と事件を当てさせる歴史の試験形式が歴史嫌いを作っていると思います。本当は人々の生活の変化の結果が歴史であって、それを理解するともっと簡単に覚えられるし、楽しいんですけどね。645年に大化の改新が起こったということを覚えるより、血の穢れを嫌う天皇家がなぜ自ら暗殺に手を染めたのか?何に追い詰められていたのか?これを教えるのが歴史の勉強だと思うんですがね・・・

確かに癒されますよね。
何が何だか判らなくても、見てるだけで落ち着いたり・・・w
社会 苦手だったな・・・・。てか今でもだけど(-_-;)

ところで、おますさんのHPをリンクさせて頂きますが宜しいでしょうか?(もう勝手にしちゃいましたが・・・^^;)
徐々に 他の方にもお願いに伺いますが、その時は★⌒(@^-゜@)v ヨロシクネ♪

>りおんママさん
社会という科目のあり方がいけないんでしょうね。
リンクはご自由にどうぞ。私も勝手にお気に入りに入れてます。こちらこそよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 渋谷の新店 | トップページ | 国立博物館久しぶり(動物編) »