« アクセス解析から | トップページ | ザリガニ釣り 講釈編 »

ザリガニ釣り 前編

Biosetumei次男が、サンマリンで

ザリガニの幼体にひどく執着していたので、

近所の池にザリガニ釣りに行きました。

\(^O^)/

流行のビオトープとかいう池です。幅2mで長さ20mくらいでしょうか?

トンボなんかが自然に増えるようにというのが

うたい文句ですが、まあ、どうでもいいです。(^_^; アハハ…

近所ではザリガニが釣れる池として有名です。

Zarituri早速、釣り開始。

棒に凧糸とスルメという超古典セットです。

なんかえらく水が少なくて、ザリガニが見えます。

といっても赤くて大きいやつじゃなくて、

1年目の3cm程度のやつと7cmくらいの2年目の個体です。

大きいのはみんな釣られちゃったかな?Zaritureta

早速ゲット。

面白そうに釣ってましたよ。

私はビールを飲みながら観戦です。(^^ゞ

Kuwai_3 よく見ると池にはクワイが・・・

うちより威勢のいい株じゃん。

これはかなりいい芋がつきますね。

冬に収穫に来ようかな(^_^; アハハ…

クワイは飛んでこないから、

誰かが蒔いたんでしょうね。

私たちのMomijitane荷物置き場となった木陰は

モミジが作り出したもので、

ふと上を見ると沢山の種をつけてました。

まだ明るい緑色です。

茶色になるとヘリコプターのように

飛んでいきます。

「やっぱりもみじはいいなあ」

なんて思いながら、池のほうを見るとなんか書いてある。

「もとのきれいな水を取り戻すために池の水を干しあげてます。」

「はあ?(マチャマチャ風に)]

Harigami

要は、鯉だのアメリカザリガニだのを放されて

担当者が予定していたビオトープになってないから

池を干すんだって( ̄Д ̄;;

またやり直しってことみたい。\(゚o゚;)/ウヒャー

それで水が少ないのね。

« アクセス解析から | トップページ | ザリガニ釣り 講釈編 »

コメント

何ともまあ、ヘンなオチが。。。
これ以降、ザリガニは捕れなくなってしまうんですね。ちょっと残念ですな。

>おのパパさん
ちょっと、疑問感じるでしょ。で、3部作になっちゃいました。講釈篇、後編に続きます。

近所にこういう場所があったとは!OL時代には気づきませんでした。で、ザリガニ飼うのですか?

>まれぇさん
あったんですよ。亀亀時代ですよね。(^_^; アハハ…
さて、これからどうなったかは後編に続きます。

親戚のガソリンスタンドでバイトしているときに、側溝でザリガニ採りしてました~

伯父には「仕事しろぉお~」と怒られつつ ^^;
裁縫箱から木綿糸を拝借して
伯父のオヤツのサキイカも拝借して
一日楽しんでました...( = =) トオイメ


ビオトープも作るのが大変なんですね。。。^^;

ざりがに釣り~。小学生の時男子がやっていたけれど私は未体験。一度やってみたいんですけれどね・・・。
でも確かに生態系が崩れたのかもしれないけれど、じゃぁ、その鯉は?ザリガニはどうするの??と疑問が残ります。
ビオトープに詳しくないのであれですが、仕方のないことなのですかね?
ビオトープって学校とかでも流行ったみたいだけれども、ちゃんとその後も管理しているのかしら?と思うような所もありますよね^^;

>ごんごんさん
おおっ、やったことあるんだ。さすがですね。
ザリガニのサキイカ好きは異常ですよね。のんべいはザリガニに輪廻転生するのかもしれません。私も来世はザリガニか?

>ぷにさん
ぷにさんはやったことないんだ。楽しいですよ。
ビオトープ自体が悪いとは思わないんですよ。それが適する場所とそうでない場所はあると思うんです。作ったからどうしてもビオトープにするっていうのは原理主義的で好きではありません。臨機応変に対応して欲しいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アクセス解析から | トップページ | ザリガニ釣り 講釈編 »