« 植物のお世話 | トップページ | エレファスなお話 »

ギラファ惜しい!

ビークワの最新刊21号が

飼育ギネスなのはご存知かと思いますが、

ちょっとみたらタイギラファ(原名亜種)が載ってました。

チェンマイ産でうちと同じ

サイズが106.2mm

うちのは104mmオーバーくらいだったなあ

結構惜しいじゃん。(^^ゞ

で、並べてみました。

Taigirafa 写真と実物なんで

実物が浮き出して

大きく見えますが、

やっぱり2mmくらい

小さいですね。

でも、全体のバランスは

そんなに変わらないです。

やっぱり結構惜しいなあ。┐('~`;)┌

まあ、ここからの1mmってすごく難しいんでしょうけどね。

ちなみにギラファはフローレスになると116mmとかがギネスなんで

全亜種での比較では全くお話になりません。(^_^; アハハ…

« 植物のお世話 | トップページ | エレファスなお話 »

コメント

まるで雑誌から抜け出てきたみたい!
写真だとほぼ同じに見えますね!

うわあぁ~、惜しいですね・・・って凄すぎる!!
マットで低温飼育ですか?

>ぷにさん
カメラの魔術というか、ほぼ同じにみえますよね。

>かぶくわーTさん
梅酒ビンでマット飼育しました。温度管理はほとんどしなかったです。冬場の保温だけ。完全に放置してました。居食いで大きくなったけど、結果としてメスと10ヶ月も羽化ずれしたので、インブリードはできなくなりました。もともとタイ産は持ち出しが厳しいらしくて流通が少ないし、フローレスほど大きくならないので人気もなく、累代はこれでおわりそうです。

あ、タイ産が原名亜種だったんですか。知らなかった。
やっぱりギネスは最後の1mmが難しいんでしょうね。

遊びに来る子どもには大人気のギラファですが、自分もけっこう気に入ってます。でも、ジャワ産しか持ってないんですよ。

また北海道ネタですが、北海道もかなり端っこに住んでるので本は発売日になっても本屋さんに並びません!ビークワ今日あたり並んでるかな?

おますさんの方が大きく見えますよ。

フローレス産のギネスの孫がうちにいます(自慢)

3人ほぼ同時カキコですな(笑)

>けんけんさん
ジャワ産ですか・・・フローレスとマキタイ、ケイスケイ、ロンボックなんかは流通量が多いですよね。
子供には大きな大顎は魅力的なんでしょうね。オスを一匹売ろうと思ったのですが、次男が絶対イヤダとききませんでした。
関東は発売日より早く昆虫ショップに並びます。もとより、むし社が発売日より早く並べてますからねえ。

>おのパパさん
知ってますよ。(^_^;)
おのパパさんのお友達で、他にもその系統持ってる方が沢山いますよね。
私としては、立派なオスが羽化するのを生暖かく見守ってます。
ギラファだけは( ̄▽ ̄) 余裕!

ちょっとした遠近法でしょうか、おますさんのが、大きく見えますね。○○産□□産って、色々あって、良く解るなぁ!!と、尊敬です。産地不明の虫は、魅力の無いものですか??

>わたゆきさん
産地は他のペットではあまり気にされることがないですよね。昆虫マニア独特の世界ですね。これが昆虫ヲタクの数が増えない一因であり、逆にディープなマニアが多くなる主因でもあるかな?産地不詳でも個人で楽しむ分には問題ないですけど、市場では価値が低いのは事実です。

惜しかったですね~!ホント後わずかな所ですよね~?!
でも画像で見る限りはあまり変わらないように見えますね。

>4810さん
もっと行ってると思ってたので、今までなんとも思ってなかったんですけどね。なんか累代したくなってきました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104433/12315080

この記事へのトラックバック一覧です: ギラファ惜しい!:

« 植物のお世話 | トップページ | エレファスなお話 »