« 海鮮塩もんじゃ | トップページ | ブラジルの底力 »

またですか┐('~`;)┌

Jinagira1 昆虫むしさんのおかげで

ロンボックとわかった

ギラファですが、

オスの計量をしてみました。

32gです。

まずまずですが・・・

昆虫むしさんのとこより

5g負けてますね。(((((¬_¬) フンッ

で、メスなんですが・・・・

Jinagi2 なんか蛹室が

あるみたい・・・

掘ったら・・・・

前蛹( ̄Д ̄;;

大幅羽化ずれ決定!

ピー!累代終了!!

メスは温度の低いところに置いておいたのですが・・・

どないなっとんねん(,,゚Д゚)ゴルァ!!!

Sakisima_1 サキシマのオスが

羽化してました。

まだ赤いです。

親より小さいです。

<(; ^ ー^) マイッタマイッタネ

菌糸がうまく伸びなかったKBファームMOの

劣化菌糸瓶を使ったのですが、合わなかったみたいですね。

ドゥークさんに送る予定のサキシマのメスは、

親オスとかけることにしました、親を縛って同居中です。

« 海鮮塩もんじゃ | トップページ | ブラジルの底力 »

コメント

ギラファって羽化ズレ凄いんですね~
地元のショップで聞いたら
オオカブト程でもないし、
累代に問題無い的な事言ってたんですけど・・・
♂の大型化狙うとズレるんですかね?

あらあら、オスはまだ白いっすねぇ。
かなり大きくズレそう。
でもメス成虫が1年くらい生きれば何とかなるかも。

ちなみにウチにはロンボックいませんよ。

やたぁ~!勝ったぁ~~♪って勝負してた訳じゃないですがね(笑)。

まだ諦めるのは早いと思います。ウチに居たギラファの♀も羽化してから、1年2ヶ月程生きてましたよ。温度はさほど気にしなかった様に思います。ただ、♀だからと言って、小さなケースに入れて置くのではなく、ちょっと大きめのケースに太い材を一緒に入れて薄暗い場所に置いてました。太い材だと自分の体をしっかり固定でき、安心するようです。

私より飼育経験の豊富なおますさんにアドバイスなんて100年も早いのですが(笑)私が以前経験しいた事をちょっと偉そうに書きました。気に触ったらゴメンナサイ。

>カブクワ-Tさん
うーん、うちだけですかねえ。祟られてるのかもしれません。(^_^; アハハ…

>おのパパさん
一年生きても間に合いません。既に経験済みです。orz
ロンボックいない・・・あっ、そうか!おのパパさんはニジイロの幼虫にしたんですね。同じクジやってたから持ってるとばかり思ってました。失礼しました。m(__)m

>昆虫むしさん
昆虫むしさんに負けたというより、自分に負けた、同じ失敗の繰り返し。_| ̄|○_| ̄|○_| ̄|○
ってなほど気にしてませんけどね。(^_^; アハハ…
タイギラファのメスはブログを調べたら、13ヶ月生きたんですよ。でもオスの羽化が10ヶ月後でそこから成熟に5ヶ月かかりました。13-15=-2ですよね。ということは、羽化ずれを7ヶ月以内に抑えればいいということですね。できるかな?でも、チビオスはつまらないしねえ。悩ましいです。
でも、落ち着かせるのはいいかもしれませんよね。うちの場合、産卵セット以外では十分なスペースを与えることができないのが難点ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104433/13079104

この記事へのトラックバック一覧です: またですか┐('~`;)┌:

« 海鮮塩もんじゃ | トップページ | ブラジルの底力 »