« 江戸東京博物館その3 | トップページ | スジブトショック »

江戸東京博物館その4

Img_3042iemotigusoku_2    徳川家茂の特別展をやってました。

彼の着用した萌黄色のよろいと熊の毛のついた前立ちの兜です。

もう戦闘用ではなくて、芸術品ですね。 

だいたい鎧の色って相手に威圧感を与えるために黒とか赤なんだけど、萌黄色じゃあねえ。

「萌え、萌え」ってアキバ系じゃないんだから(^_^; アハハ… 

Img_3045senryoubako江戸東京博物館は

子供用の体験展示が豊富です。

写真が悪いのですが、

これは千両箱を持ち上げる展示

24kgぐらいかな?

Img_3044matiyaこれ以外に火消しの纏(まとい)とか

肥樽(こえたご)担ぎ、なんかがあります。

大人がやってもおもしろいですよ。

♀の人は昔の民家の

展示が大好きです。Img_3055reizouko

次男は昭和30年代の民家の

冷蔵庫を興味深げに開けてました。

氷を入れるやつね。

この博物館から錦糸町駅までは

Img_3052hokusaiten北斎通りという道でつながっています。

要は北斎ゆかりの地なんですが、

博物館でも北斎展をやってました。

富岳三十六景はやっぱりいいですね。

Img_3048kameidoumeyasiki

そうそう、わが町の展示では

今はないけど亀戸梅屋敷があります。

♀の人の実家があるあたりです。Img_3050kireteru

床に江戸の大きな古地図が

プリントされた場所があるんですが、

ぎりぎり亀戸駅までで切れてます。

( ̄□ ̄;)!!Img_3051konohen

我が家は♀の人の

足の辺りになります。

うーん、圏外かあ・・・残念!

Img_3049oiran

Img_3053tokkauその他にもいろいろな

模型や展示物があって

楽しいですよ。

お江戸にお越しの際は

是非お立ち寄りください。

« 江戸東京博物館その3 | トップページ | スジブトショック »

コメント

鎧兜って面白いですよね。
戦国時代の奇抜なものが特に面白いです。
片肌脱いだデザインの物や、洋風の物や
それは実用に向かないだろ?ってのが有りますよね。

>かぶくわ-Tさん
戦国時代のは実用とそうでないものがわかれますよね。大将の鎧は実用的でなくてシンボリックなものが多いですね。

私も、鎧兜に惹かれます。かっちょいい!!
でも、綺麗に残ってると、やっぱ、お偉いさんは、
座ってたんだな~!と、思ったり・・・。
ふと、気がつくと鎧武者が枕元に・・・なんて、漫画をよく見るので、恐い者の象徴にもなっているのか?と。
昔のもの、は、魅力的ですね。

その1から4まで一気読みしました。
できたばかりのころ1度行ったことありますが、今でもそんなに混んでるんですか?
子供と1度行こうって話てたんですけど。

隣の国技館も最近行ってないなー。
昔はGⅠクライマックス3連戦、全部行ったりしてたんだけど・・・(^_^;)

>わたゆきさん
全部手作りですからね。その作業の緻密さもすごいですよね。大将が死んだら負けですからねえ。川中島みたいなことはほとんどなかったはずです。

>KYUKIさん
常設展示のほうはそんなに混んでないですよ。十分楽しめると思います。私実は国技館に入ったことがないんです。(^^ゞ

いいなー。いってみたいです。

鎧って案外小さかったりするんですよね。

昔の人って小さかったんですね。

そういやカブトムシってここからきてるんですね。

>ドゥークさん
そうですね。吉宗は180くらいある大男だったみたいですけど、普通は小さいですよね。馬も小さかったから、時代劇みたいにかっこよくなかったみたいですよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104433/13890677

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸東京博物館その4:

« 江戸東京博物館その3 | トップページ | スジブトショック »