« 世界らん展日本大賞2007その6 | トップページ | 早速咲いた\(^o^)/ »

世界らん展日本大賞2007散財編

Img_3210usan 今回のらん展の最も重要な目的は

昨年夏の山梨採集ツアー中に枯らしてしまったウーさんの胡蝶蘭を再びゲットすることです。うん!(^-^)b

ウーさんはこの記事の怪しいオヤジです。(^_^;)

で、また、出店してましたよ。

オヤジはいなかったけど・・・・

娘さんと思しき人が売ってました。

今年は花がついて2000円、昨年より安いです。\(^o^)/

無事に購入して、昼過ぎにらん展を後にしました。

Img_3225kannoosiriその後は秋葉原ヨドバシに行き

買い物とお食事。

「韓のおしり」(^_^; アハハ…というお店で

韓国料理を食べました。

私は辛い鍋に大満足です。

さて、ご購入したランですが、

Img_3230phalaenopsis_lius_rainbow これがウーさんのランね。

Phalaenopsis Liu's Rainbow

Img_3229incd_haruka 次は堂ヶ島蘭センターのお店で買った

「Incidium はる香」

Ionopsisi×Oncidium Twinkleで

できた改良品種のようです。

♀の人が気に入って買いました。1500円

最後は香る蘭「EncyImg_3231encyclia_cordigera_albaclia」

会場に展示されてたのと品種は違いますが、

ほぼ同じものをゲットしました。

Encyclia cordigera alba

といいます。3000円だったかな?

どんな花が咲くか楽しみです。 

以上、7部作にお付き合いいただき、誠にお疲れ様でございました。

m(__)m!!

来年も行くぞ!

« 世界らん展日本大賞2007その6 | トップページ | 早速咲いた\(^o^)/ »

コメント

たくさんお買い物されたんですね~。
でも、蘭って育てるの難しそう・・・。こまめなお手入れが大事なんでしょうね。観葉植物さえ次々に枯らす私には、到底ムリな領域です。

>momoさん
買ったのはどれも小さい鉢ですけどね。
蘭は水やりしないくらいのほうがよく育つし、日当たりも気にしなくていいので、観葉植物より楽ですよ。だから、世界らん展は他のどの植物展よりも観客動員が多いんだと思います。もちろん難しい種類もありますけどね。われわれの手の出せる値段のものは大抵栽培は容易で毎年咲いてくれますよ。

あはは。ウーさんだったんだ。今年はいらっしゃらなかったのですね~。
花より・・・美味しい物が気になりますね。
店の名前が・・・おしり?って、何故??って感じですが、赤い鍋、チヂミ、美味しそう~。
次の日、おしりが 痛いから??下品~ゴメンナサイッッ!!

今日、遊びにきたひーちゃんのお母さんが、カリヤザキなんとかが話してたよって言ってたけど、そんなんもあるんですね。植物はさっぱりですけど、おますさんのレポートで堪能させていただきました。来年はお母さんについて行ってみよーかな。

>わたゆきさん
お店の名前の由来はhttp://www.kannooshiri.com/kan.htm
みたいですけど、わたゆき説のほうが説得力がありますね。(^o^)ハハハ

>ちーやんさん
毎日なんらかのステージイベントがありますよ。種類別の育て方とかが多いみたいですけどね。私はほとんど見ませんが、お年を召した方々はそういうのも楽しみにしてるみたいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104433/14058116

この記事へのトラックバック一覧です: 世界らん展日本大賞2007散財編:

« 世界らん展日本大賞2007その6 | トップページ | 早速咲いた\(^o^)/ »