« 植え替え | トップページ | 木村先生の講演 後編 »

木村先生の講演 前編

日本昆虫協会ファーブル昆虫館「虫の詩人の館」での

特別講演に行ってきました。(追記:私一人です。)

演者は木村義志先生

読んでみませんか?にある「机の上で飼える小さな生き物

の作者です。

日本昆虫協会の理事でもあります。

ファーブル昆虫館は

Img_4101fab千駄木の閑静な住宅街を

てくてく歩くと見えてきます。

昨年の3月(←クリック)に

次男と一度出かけてます。

会場は3Fの集会室Img_4103kaijyou

小さな会議室ですね。

沢山の昆虫書籍と

生き虫なんかも置いてありますが、一般には開放されていません。

会議室の窓際に、さりげなく置いてある置き物を見つけました。

Img_4102sukarabe 20cm以上あるスカラベサクレの模型です。

スカラベサクレは洋ナシ型の糞玉を作る糞虫でファーブル昆虫記では最も有名と言ってもいい虫ですね。

Img_4104講演の内容は 

「なぜ人間は家畜を飼うようになったのか?」

もちろん食糧としてという理由は大きいけれど、

最も古い時期から、食糧としてでなく、愛玩として犬を飼っていた形跡がある。

そんなことから、人間にとって動物の飼育とはなんなのか?を考えていきます。

木村先生の動物、そしてその飼育に対する考えは、私のそれと非常に近いものがあり、以前から共感を持っていたのですが、今回、お話を実際に聞けて大満足でした。Img_4105usiImg_4106neko

ネコやウシその他の

家畜の原種の説明などから、

なぜ犬は形態変化が激しいのにネコは少ないのかなど、興味ある話が沢山ありましたよ。

ただ、定員30名のところ8名だったのがちょっと寂しかったですね。

会費は2時間で2000円! (ノ゚ο゚)ノ  オオオオォォォォォォ-

超格安です。( ̄^ ̄)bきっぱり

30人入っても6万円でしょ。

こんな企画は普通の講演会ならありえません。

2時間6万では講師の講演料もでない。

完全に日本昆虫協会のためのボランティアですね。

だからこそ本音の話が聞けますけどね。

もっといろんな人に聞いて欲しいなあ。

« 植え替え | トップページ | 木村先生の講演 後編 »

コメント

なかなか面白そうなタイトルですね。
次男君がちゃんと聞いているのもエライ。
ウチは多動の傾向があるので多分ムリでしょう。

メールありがとうございました!
とっても勉強になりました。
また何かあったらよろしくお願いします(図々しいですが・・・)

なるほど、2時間2000円は安いんですか(^-^;
こういう方って大学とかにも来そうですよね。
大学でタダで聞ければ願ったりなんですがね。

>momoさん
写っているのは私ではありません。私の前に座っていた別の方です。(^_^;;;記事直しておきますm(._.)m
大人しいお子さんでしたよ。うちのも飽きっぽいので私一人で聞きに行きました。

>satoshiさん
社会人になるとわかりますが、セミナーって結構高いんですよ。1日6時間くらいで3~4万円が普通じゃないですかね。

超格安・・・なんですか?
無料講演でも、話を聞くの好きじゃないです。
でもでもっっ・・形態変化『ネコ』は、是非とも、
聞いてみたいお話です!

>わたゆきさん
超格安ですね。テレビなどのいわゆるマス媒体に乗る話は必ずしも真実ではないし、どんなジャンルでも第一人者や現場の方の生の話というのは、お金に代えられない情報だと思います。
私の人生においては、そこから知恵や勇気をもらうことが多かったです。
スポーツでも音楽でもTVでただで見られますが、高いお金を払って生で見る人が沢山いますよね。それと同じだと思います。「人の話」にもそういう面があるということですね。

本の筆者の話を生で聞けるのは、なかなか経験できないことですよね。
本の紹介のリンク先の商品説明も拝見しましたが、面白そうですね。

>ねてるさん
面白い本ですよ。飼育に関してはこの本の言ってることが正論だと私は思います。

成る程!です。一説とかれた気がします。
ちょっと、講演について見方がかわりました。
ありがとうございます。

>わたゆきさん
偉そうに説いてしまいました。もちろんつまらん話で腹が立つときもありますよ。(^_^;;;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104433/15047378

この記事へのトラックバック一覧です: 木村先生の講演 前編:

« 植え替え | トップページ | 木村先生の講演 後編 »