« 植物な話 | トップページ | 科博日本館 展示品紹介編 »

科博日本館 概説

  古くからの方はまた科博かい!と思うでしょうが・・・

また、科博です。(^_^; アハハ…

国立科学博物館の旧館というか本館がリニューアル工事をしていたのですが、

それが既にオープンしていて_| ̄|○忘れてた・・・・

Img_4036konderu本来ならオープン当日に行って

お祝いせねばならぬのに・・・・

おます家としては、

これはかなり出遅れていましたので、

ここでレポートいたします。

この日は「こどもの日」でしたから、

上野公園は激混みでした。Img_4063iriguti

本館は、

日本館と名前を変えてます。

上から見ると飛行機の形をした、レンガ造りの歴史的建造物です。

新館は近代的なビルですが地球館に名前が変わりました。

さて、今回の日本館(本館)リニューアル

で何が変わったというと・・・

Img_4038osyareまずは展示ケースでしょうね。

みんな「オサレ」

個人的には以前の

いかにも「学者が作りました、色気も何もありません!」

っていう展示も好きだったんですけどね。

それでは独立採算ではやっていけませんからねえ。

で、今回もっとも重要な改善点は

これだ!1.2.3.!

科博限定ガシャポン!!Img_4062gasya2

科博ですから

当然海洋堂

(ノ゚ο゚)ノ  オオオオォォォォォォ-

1回300円の高級ガシャポンですね。

日本館を代表する展示などのフィギュア入りです。

このガシャポンの為に来館してもいいでしょう。

高校生までは入館料無料だから、子どもだけ侵入させてガシャポンさせるのもいいかも( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

早速2回、わが子たちにやらせてみました。

Img_4071gasya

結果は・・

いきなりフタバスズキリュウ

\(^O^)/ヤッター

そして異常巻きのアンモナイト

うーん、こちらは渋いところを引きました。(^_^; アハハ…

Img_4053kagamiさて、今回のリニューアルでは

やはり「触るとか体験する」に重点が置かれてます。

銅鏡もピカピカの復刻品。

博物館では青く錆びたものをありがたがって展示してありますが、

子どもたちにはなんでこれが鏡なのかわかりませんよね。

これなら鏡に使えたことがわかります。( ̄^ ̄)b

Img_4054doutaku_1再現したところに非常に大きな意味があると思います。

銅鐸も再現されてますよ。

これは鳴らすこともできます。

子どもたちがガンガン鳴らしてうるさいですけどね。

┐('~`;)┌

でも青錆びの銅鐸より鳴らせる現実の銅鐸のほうが絶対印象に残ると思います。

こういう展示はすばらしいと思いますね。Img_4069kahaku

そうそう、企画展では相模湾の生物についての展示をやってましたが、写真撮影禁止でした。

おかしいな?と思ったら、昭和天皇のヒドロ虫類の観察記録やコレクションが展示されてました。

陛下がヒドロ虫類研究の第一人者であったことは世界的に有名です。ヒドロ虫類の研究なんか全くお金にならないから日本に研究者がいない、それは、逆に言えば研究費には困らない陛下の研究で、民間の研究者が影響を受けることがないよう配慮された結果と言えます。

現在の皇室の研究も全て、この辺りに配慮されているのですが、一般の方は知らない方が多いですよね。

私は生物学を専攻していたので、お金にならない生物の研究を皇室がやってくれていることには非常に好意を持っています。

« 植物な話 | トップページ | 科博日本館 展示品紹介編 »

コメント

おます♂さんは生物学専攻だったんですね・・・
納得です(^^

理系を選択すればどんな職業につけるんですか?と
高2の時、担任の先生に相談しました。
答えは、医者とか学校の先生かなァ~でしたョ。
担任の先生は化学の先生でした。
で、文系を選択して今に至ります(笑)

『見る』だけでなく『見て触れてみる』が
子供達にとって、良い経験ですね!!

生物学専攻されてたんですね。
どおりでいろいろとお詳しい訳で。
納得です。

海洋堂のガシャポンは私がハマリそうです(^_^;)

>かぶくわーTさん
工学なんかはまた違うでしょうけど、理学だと確かに半分以上は教師、研究者で、残りは私のようなしょうもないサラリーマンですね。(^_^; アハハ…

>わたゆきさん
子どもにとって触れるっていうのがすごく楽しそうです。見るだけってつまらないですからね。

>KYUKIさん
いえいえ、戯言のレベルです。ガシャポンいいですよお。(^_^; アハハ…

あ~ここ、密かに今年のGWで行きたいな~と画策していたんですよ!

動物園とセットなら実現できるかと思ったのですが・・・残念ながら却下されました(T_T)
※パンダで釣ればいけるかと思ったんですけどね(^^;

>mochibonさん
むし社とセットなら良かったかも?(^_^; アハハ…

300円ガシャポンでフィギュアですか。結構大量生産してるんですかねぇ。
ガシャポンで化石なんか当たると面白そうですが・・・。そうすると値段高くなっちゃうかな?(^-^;

>satoshiさん
どうでしょうねえ。そんなに大量には在庫持たないと思いますけどね。まあ、金型を押さえているでしょうからいつでも増産できますけどねえ。
本物の化石が当たりで入っている食玩フィギュアならありましたよ。当たりも持ってます。(^_^;;;

なるほど・・・生物学だったのですね
(と、皆さんと同じコメントですみません(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ)

ヒドロ虫類ってなんだっけ?
ヽ(~~~ )ノ ハテ?

と、日本国民じゃないような発言をするσ(・・*)アタシでした・・・
(無知・・・恥)

>ごんごんさん
はい、生物学をやってましたよ。ヒドロ虫類ってクラゲなんかが入る仲間ですけど、陛下が研究されてたのはあんなに大きくなくて顕微鏡で見ないとわからないような微細なヒドロ虫だったと思いますよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104433/14971586

この記事へのトラックバック一覧です: 科博日本館 概説:

« 植物な話 | トップページ | 科博日本館 展示品紹介編 »