« オオクワその後 | トップページ | 産まないタラメス »

圧力鍋新規購入

20070601_00064 圧力鍋を買い換えました。

\(^O^)/

安かった・・軽いし・・・

前のは片手タイプで使い勝手は良かったけど、重くてね・・

あの圧力なべを片手で巧みに操作できれば、

中華の達人になれたかも(^_^; アハハ…

それにパッキンが硬化して気密性を保つのが大変になってましたし、いい機会でした。

で、早速料理(^_^; アハハ…

今回は得意技!!

20070601_00065 大根を厚めに切って、

っと・・・

圧力鍋だと

面取りとか飾り包丁がいらないので楽ですね(^_^; アハハ…

冷凍しておいた20070601_00066

お買い得なブリのカブトや

一本買いしてさばいた

イナダの頭なんかをぶち込んで、

生姜と叩いた梅肉をたっぷりいれましょう。

生姜は冷凍しておいて、おろしがねでおろすのが

冷たいけど使いやすいし、便利です。

白だし、みりん、酒、醤油で適当に味付けて

20分も加圧調理すれば

20070602_00068

できあがり。

「ブリカマ大根」

\(^O^)/

やわらかくなった

骨もおいしい一品です。

残った煮汁で作る

ニコゴリがまた

私の楽しみです。

« オオクワその後 | トップページ | 産まないタラメス »

コメント

( ̄¬ ̄*)じゅるぅうううう
(。_。)φメモメモ ・・・ウッシッシ♪

>ごんごんさん
おすすめでございます。

美味しそうですね~(≧∇≦)
面取りも下茹でもいらないなんて、ホントに優れものですね~。
アラも冷凍できるなんて、知りませんでした。
ブリ大根食べたいな~、と思ってスーパー行っても、
そういう時に限って置いてなかったりするんですよね。

うちも圧力鍋活躍しています。
イワシだかサンマだかを缶詰みたいに骨まで柔らかくして、子供達がバクバク食べてます。
ブリカマ大根、おいしそうですね。

こりゃラクチン。
それでも私にはムリ(汗)

下茹でなしって楽チンでいいですね。
そう言えば我が家にも義母にもらったのが…。
そのうち挑戦してみます^^;
生姜は生のそのまま冷凍するのですか?
いつも買っても残って腐らせてしまうので
やってみます(= ̄▽ ̄=)V

うわ~おいしそう♪
旦那に作ってあげたら喜びそうな一品です。

おいしそうですね!!
でも我が家は、だんなが嫌いなので無理です(^^ゞ
圧力鍋もないし・・・(笑)

生姜の冷凍、我が家もやっています。
繊維まできれいに摩り下ろせるので、冷たいのさえ我慢すれば、重宝しますね♪
生だと腐らせてしますので・・・・(^^ゞ

>momoさん
ブリの切り身は高いので、うちはカマとかアラが安い時買ってきて冷凍してストックしてます。
圧力鍋はいろんな使い方あるけど短時間で大根煮るにはいいですよ。

>ねてるさん
圧力鍋は重いのとかさばるのがネックですが、使い出すと料理の幅が広がりますね。

>おのパパさん
少し料理くらい覚えないと濡れ落ち葉になっちゃいますよ。(^_^; アハハ…

>ぷにさん
是非挑戦してみてください。本当に料理の幅が広がりますよ。生姜は生のまま冷凍です。おろし金にかけやすくなるし、便利ですよ。

>つれづれ虫さん
ブリの味が浸み込んだ大根がうまいんですよ。もちろんブリも旨いですけどね。酒の肴になりますよ。

>麻優希さん
あら、旦那様がだめですか。年取るとこういう味が好きになるんですけどね。
生姜の冷凍やってますか?流石ですね。

あら?アラは塩して茹でなくてイイのですか?
毎回、面倒な事してましたっっ!
あまり行かないお店でアラが安くて、カマは高いっ!!
アラだけ買いました。カマも買えば良かった・・・。
もっと美味しく頂けた気がします。
今大根、辛くないですか?味のしみ具合も今ひとつだし、子供が辛いと・・・。

>わたゆきさん
圧力鍋の場合、生姜と梅肉入れれば生臭さは気にならなくなりますよ。カマも注意してると安い時があります。スが入ってなければどんな大根でもおいしいですよ。辛いくらいのほうが煮るとおいしいと思います。

酒の肴にもってこい!いゃあ、今度は圧力鍋欲しくなっちゃったなぁ。うち、無いもんなぁ。

>ちーやんさん
5000円前後でありますから、是非ご購入を。ただ、場所とるのが唯一の弱点ですかね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104433/15285295

この記事へのトラックバック一覧です: 圧力鍋新規購入:

« オオクワその後 | トップページ | 産まないタラメス »