« from鍬道toおのパパ | トップページ | 電撃殺虫器について語ろう(後編) »

電撃殺虫器について語ろう(前編)

20070901_01573 おます家では2台の電撃殺虫器を使用しています。

ホントに一般家庭かよ(^_^; アハハ…

どちらもダイソーのハエ取りシートと併用です。20070901_01575 

更にこちらは

仮面ライダー電王ロッドフォーム(ウラタロス)にも応援してもらってます。

「ねえ、クチキバエ!僕に釣られてみる?」

(^_^; アハハ…

これ、ゲーセンでゲットして、プレ企画にでも使おうかと思ったら・・・

次男に取られちゃいました。

どうしても欲しいんだって。

ヤレヤレ ┐(´-`)┌ マイッタネ

まあ、どうでもいい話は置いておいて、今回は捕虫器について、

ちょっと専門的な話をしましょう。

長くなるので、興味のない方は読み飛ばして下さい。(^_^; アハハ…

なぜハエトリシートと併用するかというと、紫外線に集まった虫が

必ずしも電撃コイルに突進するわけではないからです。

例えば100匹コバエを用意して、コバエがすべて紫外線ライトに集まるか?というと

9割方は集まりますが、集まらない連中も出ます。

突進する虫がほとんどですが、近くまで来て戻ってしまう連中もいます。

この辺は人間も同じですよね。

どんなに魅力的な異性がいても100人が全員夢中にはならないし、

どんなに美味しい料理でも100人に食べさせたら「嫌い」と言う人は出てきます。

その辺りは絶滅を防止するためのDNAの工夫かもしれませんね。

ですから、付近まで様子を見に来た虫を、

いかに効率よく捕獲するかがポイントになるわけです。

そこで、ハエトリシートを用意している訳です。

実はもう一つ理由があります。

照明機能と違って、有効な紫外線がずっと出てるわけではないからです

勿論、電灯としては問題なく点灯するんですよ。

でも、虫が好む波長の紫外線がきちんと出るのは半年程度なんです。

人間の目で見て同じように捕虫器が光っていても、

蛍光管が古くなると虫には魅力的な光が見えにくくなっているということですね。

かといって、半年で蛍光管を交換するのもねえ・・・・

(お小遣いがもったいない(^_^; アハハ…)

そこで、蛍光管の能力が落ちた分を

ハエトリシートに光を当てて補うという作戦を立てているわけです。

( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

まあ、別に威張るほどのもんでもないですね。(^_^; アハハ…

« from鍬道toおのパパ | トップページ | 電撃殺虫器について語ろう(後編) »

コメント

なぁるほど。勉強になります。
この電灯は24時間稼動ですか?
夜も消灯なしだと、結構明るいのでしょうね。

>チェリンママさん
24時間フル稼働してますね。夜のほうが捕虫効果があがりますからねえ。(^_^; アハハ…

フムフム、納得。でも買わないよ。おこづかい無いもん。1匹みつけては、ひーちゃんにバレないうちに、ひねりつぶしてます。

>ちーやんさん
そのうち、どうにもならなくなりますよ。(^_^; アハハ…

うちは家の外(いな屋)で飼育してますからねぇ。
アースノーマットだけです。
しかし、家の中は最近1日に1回はムカデがでますよ。大・中・小と。。。 (^_^;)

>くんちさん
家の外で飼育できるって羨ましいです。

コバエがいっぱいで家族から苦情がでたのでウチも今年購入しました。でも一度も使用しませんでした。

購入してから気が付きました。かぶと虫がいる所にはコンセントを差し込む所が無いことに…。
来年はぜひ使用したいと思います。

ウチも2年くらい使ってるから
もうそろそろ交換時期なんでしょうかね・・・

>カマキリさん
まあ、是非使うというものでもありませんが、試してみてください。(^_^; アハハ…

>かぶくわーTさん
そうですね。そろそろ交換時だと思いますよ。

うちまだ 3ヶ月位だから 大丈夫ですね^^;
交換しなきゃいけないって 知りませんでした><;
蛍光管切れて 捨てるとこでしたよ・・・( ̄▽ ̄;)

>アクセルさん
こまめに変える必要はないですけどね。丸ごと捨てるよりは蛍光管を変えるほうが経済的だと思いますよ。
(^_^; アハハ…

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104433/16309929

この記事へのトラックバック一覧です: 電撃殺虫器について語ろう(前編):

« from鍬道toおのパパ | トップページ | 電撃殺虫器について語ろう(後編) »