« 次男の標本作り | トップページ | こんなもんかな? »

スイカが枯れたのは??

スイカのプランターの土を捨てる作業をしてました。

スイカは連作を激しく嫌うらしいので、

来年用に土を作る準備です。

( ̄^ ̄)b

で、スコップでほじっても根っことかが何も残ってない

( ̄□ ̄;)!!

スイカとキュウリの根が残っていないとおかしいんですが???

ふと、見ると見なれた幼虫が沢山・・・

20070930_01992お前らが根っこ全部食ったな!

スイカが突然枯れたのもこいつらのせいかもしれません。

┐('~‘;)┌

で、掘り出してみたら15幼虫もいるじゃん。

爆産じゃー

( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

たぶん犯人はアオドウガネでしょう。

我が家には毎年アオドウガネが飛んできますからね。

( ̄^ ̄)b

で、ふと下を見たら、

20070930_01994いるじゃん。

(^_^; アハハ…

「アンタが親ですか?」

「うちのベランダをアジトにしてるわけね?」

「こんなに幼虫いるのに、まだ産み足りないの?」

とりあえず使ってない容器に土をぶち込んで、幼虫は監禁しています。

共食いしても何匹か成虫になるんじゃないでしょうか?

まあ、根食いの害虫だから抹殺してもいいんですけどね。(^_^; アハハ…

« 次男の標本作り | トップページ | こんなもんかな? »

コメント

えぇ~!驚いた!
最初、幼虫がいたっていうんで、クワガタの
何かかと思いました。似てて判らないです。
割り出しの時見落として、土にしたのかと。
でもそんな訳ないですね。
スイカの根っこ食べたのなら、許せません。


あ~こいつら害虫なんだ(^^;

うちの庭にも似たようなのがたくさんいまして
嫁さんが庭いじりした時によく発掘されます。

埋め戻させていたのですが隔離するべきだった
でしょうか・・・

害虫じゃないのもいるのかな?
※だとしたら全然区別できないですね~

ああ、まず間違いなくアオドウガネですよ(^^;
昨年、うちでも飼育しましたから(笑)
今年も大量発生してるみたいですが・・orz

アララ…^^
可愛いような、憎いような、ですね。

>チェリンママさん
こんな数を見落とすことはありませんよ。ベランダの植木鉢とかからはちょくちょく出てきますよ。

>mochibonさん
害虫ですよ。ゴルフ場が農薬撒く理由のひとつがこいつらのはずですよ。
たぶんよっぽど腐葉土を使ってないかぎり、庭や花壇から出てくるのは害虫です。

>しゅうさん
そちらでも大発生してますか?クワカブもこれくらい簡単に増えてくれるといいんですけどね。
(^_^; アハハ…

>つれづれ草さん
東京のマンションのベランダというニッチな環境で生き延びてるのはすごいとは思いますけどね。近くに公園や土手があるので、そこで産めばいいのにねえ。

ひーちゃんのおかぁさん(庭いぢり係)は、こんなん出てくると即、ひねりつぶします・・・素手で。最近はちーやんに気を使って、「どーする?」と聞いてくるので、国産カブトの飼育ケースにブチこんでます。勝手に羽化してくか、死んでいくかしてるみたい・・・。

>ちーやんさん
国産カブトのケースに入れる必要性がよくわかりません。(^_^; アハハ…

うちの屋上のプランターも、毎年被害にあいます(^^;
しかし・・・大きなのを3つおいているのですが
なぜか被害にあうのは2つのプランターだけ。
不思議です・・・

>麻優希さん
そちらもあいますか?なんですかね色とかかもしれませんね。

うちも、飼いましたよ~

長かったですけどね~

無事成虫になりました~

>ロンさん
無事成虫になりましたか!おめでとうでいいんでしょうか?(^_^; アハハ…

ウチにもよくいました。
ちょっと掘ればたくさん出て来たそうです。
昆虫マットだけでは育たないみたいですね。
なので、最近、カメのエサにできないかと密かに思ってます(^^ゞ

>KYUKIさん
生きた根を食ってますからね。マット飼育は難しいかもしれませんね。毎年現れるシャクトリムシを与えてみたことありますが、うちのカメ蔵は虫を食べません。(^_^; アハハ…

ぎゃー!
小学校のころはカナブンを山のように捕まえてました。
幼虫期間はどれくらいなんでしょうね。

>Drillさん
カブトと同じくらいの期間だとおもいますけどねえ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104433/16618763

この記事へのトラックバック一覧です: スイカが枯れたのは??:

« 次男の標本作り | トップページ | こんなもんかな? »