« 飼育種リスト(カブト編) | トップページ | えらくなかった! »

ケルブス他屋外退去

20071215_00828 ケルブス成虫ペアとアカアシの幼虫、

そして国産ミヤマの初二齢多頭飼育たちを

発泡に入れてベランダの日の当たらない場所に移動させました。

冷蔵庫に収納スペースがないんで、その代わりですね。

実際はこれに新聞紙を詰め込んでます。

これで春まで放置ですね。

ベランダが氷点下になることはないんで、

死ぬことはないでしょう。

たぶん(^_^; アハハ…

« 飼育種リスト(カブト編) | トップページ | えらくなかった! »

コメント

成虫を冷凍保存ですか?(笑)
たまに暖かい日があると、どうなるのかなぁ???

思い切ってますね・・・いくら低温種でも屋外に放置はできません。

よく解かりませんが、おますさんの判断なら間違いない
と信じます。

>おのパパさん
東京の都市部は冷凍にはならないですよ。予測では5~15℃くらいで推移すると見込んでます。(^_^; アハハ…

>きのぴーさん
うーん、私的には情報を分析した上での、極めて普通の判断です。もとより累代は二の次で綺麗な標本が大事なので、中途半端な定温で腐らせるより遥かに良い選択だと思ってます。

>チェリンママさん
いやあ、よく間違いますよ。(^_^; アハハ…
冷蔵庫に近い定温庫が室内にない以上、次の手としてこれを試してみただけです。もちろん死ぬかもしれませんけどね。それはそれで仕方ないですね。これで死んだら、次の機会は♀の人にお願いして冷蔵庫に入れます。まずは自己犠牲から(^_^; アハハ…

わが家では、虫を冷蔵庫に入れるなんて、口が裂けても言えません。言ったら、両手を口に突っ込まれて裂かれます。

>ちーやんさん
我が家は言えないことはないけど、やはりまずは他の可能性を確かめないとね。(^_^; アハハ…

大丈夫でしょうね~。
北海道にもミヤマはいますから。

>みーちゃんさん
ベランダでの亀の冬眠や植物栽培、屋外越冬の国産オオクワや国産カブトの状況からみて、いけると踏んでるんですがね。どうですかねえ。(^_^; アハハ…

大丈夫ですよ!
北海道のミヤマはマイナス35度でも生きてますから! あはは♪
でもウチで飼ってるのは野外放置してません(^_^A)

>るかさん
たぶん土の中はそんなに温度が下がらないはずですけどね。北海道の屋外放置は厳しいでしょうね。(^_^; アハハ…

アカアシ、ミヤマは大丈夫でしょうねェ
ヨーロッパのはわからないですが
多分大丈夫じゃないかな?
不凍液でプニョプニョになるんでしょうね(^^

経験上、ミヤマは問題なく休眠してくれますね。私はびしょびしょ材を埋め込みマットで埋めて、これまた湿らせたミズゴケで覆っています。湿度保てていい感じですよ。後食始まったやつも埋めたことあるんですが、これはだめでした。未後食じゃないとミヤマはだめなのかも。

>かぶくわ―Tさん
ミヤマの幼虫は加齢とめた方がいいみたいなんで、場所もとらないしいいかなって思ってます。
ヨーロッパは日本より寒いからいいと思うんですけどね。(^_^; アハハ…

>なつパパさん
さすが、いろいろ試されてますね。こちらももちろん未後食です。私は材の大きな破片で空間を作りそこに成虫を入れて、そのまわりを発酵マットで埋めてます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104433/17374190

この記事へのトラックバック一覧です: ケルブス他屋外退去:

« 飼育種リスト(カブト編) | トップページ | えらくなかった! »