« なんか増えた 2008KUWATAオフリポート  | トップページ | 20000コメ達成! »

しみじみと思ふこと

私の記憶が確かなら、

柴門ふみさんが世に知られることとなった作品は 

「P.S.元気です俊平」のはずです。

それをもじって片山まさゆきさんが、「ぎゃんぶらあ自己中心派」か

「スーパーヅカン」で

「単騎です俊平」なんて言ってたのは、

誰も知らないでしょう。

(^_^; アハハ…

それは、私が多感な大学生だった1983年前後の作品でした。

一般的には「東京ラブストーリー」が代表作かもしれませんが、

洗練されていない原点の柴門ふみさんの主張が見える点で、

「P.S.元気です俊平」は秀逸な作品であると私は思います。

まあ、そんなことはどうでもいいんですが・・・

その作品の中で、問い詰められ言葉に詰まった主人公俊平に対し、

「いとしのエリー」の歌詞

note「言葉に詰まるよじゃ、恋は終わりね」note

を引き合いに出して、

「桑田は天才詩人よ」といったのが、

女性の主人公の桃子です。

これは漫画史上に残る名シーンであり、

私のハートに熱く刻まれました。

そして、一瞬にして柴門ふみさんのファンになったのでした。

しかし、その後、柴門ふみさんは何かの席で、

「桑田さんは努力の人だ」と発言してしまいます。

これには正直失望しました。

エジソンを出すまでもなく、天才は99%が努力です。

99%努力ができる能力が天才と言ってもいいでしょう。

柴門ふみさんも天才であると思っていた私は、

その後「リカ」が「カンチ」に何かをしよう!と発言しても、

感動しなくなってしまいました。

ちなみに、現実の世界で女性からそんなこと言われたことは・・・

内緒(^_^; アハハ…

で、実はこれも前振りです。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

(o  ̄ー)ニニニニニニニ○*゜Д゜)ゲッ

ええー、ちょっと前の、

ドラマ「プロポーズ大作戦」に提供した桑田さんの歌

「明日晴れるかな」の歌詞

note「在りし日の己を愛する為に、思い出は美しくあるのさ」note

を聞いた時、やはり彼は天才だと思いました。

古くは森田公一氏の「過ぎてしまえば皆美しい」などに

同様の事象を扱った歌詞が見られますが、

何故思い出は美しいのかにまで踏み込んだ

画期的なフレーズだと思います。

実際、こんないい加減なオヤジでも、

40年以上生きると、死にたくなるほど本当に嫌なことがいくつもありました。

でも今、確かに、思い出は美しくあります。

今の苦労も未来の美しい思い出になるんでしょうね。

最近しみじみ思います。

note「在りし日の黒幼虫を忘れるために、

思い出はニジイロになるのさ」note

(- -) (- -) (- -) (- -) シーーーン

長々書いた落ちがこれかい???

バキッ!!( -_-)=○()゚O゚)アウッ!

« なんか増えた 2008KUWATAオフリポート  | トップページ | 20000コメ達成! »

コメント

解かるような、解からないような。
歳だけとっても無駄に生きてきてしまった私は感動することも
なくなったのかな?
「昔は良かったな」と思うのは「昔の自分は良かったな」と思って
いるからなのは確かです。当時は満足なんてしてなかったのに。
思い出は美しいかな。いつも「あの時ああしていれば」と後悔ばかりしてきた気がします。
今は自分というより子供の為に生きている感じで、でもそれも嫌で
人生に楽しみを見い出したくて猫や虫を飼っている気もします。。

>チェリンママさん
くだらない記事にお付き合いいただきありがとうございます。(^^;;;
まあ、身の丈にあった幸せを感じられればいいかな?って思います。高い虫を買える人を見て羨ましく思わなくなった自分に割と満足しています。(^^;;;

ニジイロになるのね(笑)
ってことは黒幼虫にしたってことで><

>りょうさん
ええ、何度も黒い悲しみを味わってます。(^_^; アハハ…

こんばんは~。
「ぎゃんぶらあ自己中心派」
「スーパーヅガン」
とも知っています。
「俊平くん」も知っています。
でもあの漫画、
俊平君も桃子さん、他の登場人物もちょっとかっとんでますよね。

その頃の漫画というと、「軽井沢シンドローム」とかもありましたよね。
(こういうこと書いてると、私の年齢に誤解が生じそうですね)

>しろしろさん
おお、わかる人がいた(^_^; アハハ…「軽井沢シンドローム」なつかしいですね。あの恋愛観は当時は新鮮でしたが、今の若い子は何とも思わないでしょうね。

おます♂さん、こんばんは♪
中々詩人ですね。。私も小学生の頃、市のコンクールで佳作を頂いたの実力の持ち主です。
私が選ぶ漫画誌上に残る名シーンは甲子園大会で土佐丸高校の犬飼武蔵から殿馬がサヨナらホームラン打ちアメリカへ旅立つまでの一連の流れでしょうか。
「感動した!!」(軽く流してください)

>えりだんさん
おお、なかなかの実力ですねえ。御見それいたしました。m(._.)m
なるほど、そんなシーンもありましたねえ。軽く流しました。(^_^; アハハ…

わたしは何かの漫画で、死んだ人の思い出は時間と共に美しくなる、といったようなフレーズが忘れられません。
と思ったんですがきちんと覚えてません><

40年以上生きると、死にたくなるほど、本当にいやなことがいくつもある・・・・に一票。

なんだか、良くわかんないけど・・・・
東京ラブ・・・で愛媛が出たとき、海と、その学校は、移動に凄く時間掛かるのに、
『瞬間移動』してるよ…と。
どんなドラマもそうなのでしょうけどね。
只、最近は、漫画からドラマ化ってのが多い気がします。特に好きな漫画がそうなると、嫌。です。
ピアノの森って、知ってます?何年も前から、好きで、中々続刊が出ないと思ってたら、出版社が変わった?んだったか?映画化・・・
なんか、面白くない感じなのです・・・

黒幼虫の屈辱は忘れちゃいかんです。
いくら祈っても成虫にはならんのですから。

ジャンプは30年間読んでますが、
その手の漫画のことは私も分かりません!
私が選ぶ漫画誌上に残る名シーンは
大空翼がバルサに入って、ヨーロッパデビュー戦で
6ゴール4アシストを決めた試合です(^^ゞ

>電気虫さん
ほう、いい言葉ですね。ちゃんと思い出して下さいね(^_^; アハハ…

>ちーやんさん
一票ありがとうございました。(^_^; アハハ…

>わたゆきさん
20000コメ踏みましたよ。
オリジナル原作のドラマは凄く少なくなったって、週刊誌なんかでよく言われてますね。入れ込んでたドラマは往々にしてハズレと感じることがありますね。
(^_^; アハハ…

>KYUKIさん
祈ってもダメですか(^_^; アハハ…
キャプテン翼の6ゴール4アシストですか?バスケットのマンガじゃないですよね。(^_^; アハハ…

ドラマの事は知りませんが、麻雀ならよーく知ってます。
いつもテンパってますから。

>ムシ魂さん
いつもテンパってるんですか?(^_^; アハハ…

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104433/40480361

この記事へのトラックバック一覧です: しみじみと思ふこと:

« なんか増えた 2008KUWATAオフリポート  | トップページ | 20000コメ達成! »