« プッチーナってご存知? | トップページ | 奥本先生特別講演 後編 »

奥本先生特別講演 前編

20080309_01686 虫の詩人の館

開館2周年記念講演会

「風土と虫と人の文明」

講師:奥本 大三郎先生

長男と行ってきました。

先生、お元気そうでしたが、今回は杖ついてましたね。

ひざか腰でも悪くしてるんですかね。心配です。

何度でもいいますが、こんな有名で実績のある先生のお話を、2時間近く、

たったの3000円で聞けるというのは本当に格安なんですよ。

例えばビジネス系のセミナーはだいたい終日で、

有名でもなんでもない4名程度の講師が

それぞれ1時間強しゃべって、参加費が2~4万円です。

つまり、聴講者は講師一人あたりの話に5千~1万円強のお金を払ってるわけです。

もちろん聴講者も会社の経費で聞いてるから、

自分の腹は痛まないってのもありますけどね。

私の感覚でいうとサザンのコンサートに1000円で行けるような感じです。20080309_01684

まあ、そんなことはどうでもいいんですか(^_^; アハハ…20080309_01687

今回の話も面白かったですよ。

写真はタイの寺院とゴホンツノカブトの話。

タイは私も数回行ってるので、講演の後、

先生とタイの話もちょこっとしちゃいました。 20080309_01688

今回の話の一つのテーマが

虫、鳥、哺乳類はそのエリア独特の色彩を共有するって話でした。

アジアのトリバネアゲハの色彩や

南米のミイロタテハやモルフォの色彩

アフリカのゴライアスオオハナムグリに見られるゼブラ模様などが、

鳥や人の生活にも見られるなど・・・

ちょっと眉つばな話も含めて楽しく聴かせて頂きました。(^_^; アハハ…

20080309_01691 私も現代進化論では説明できない、

でも偶然とは言えない、

昆虫、鳥類、哺乳類の形態の類似には興味があるので、

とてもおもしろかったです。

大御所なんで、海野先生や栗林先生のいい写真をお持ちなんですよ。

笑いながら版権無視で使ってるっておっしゃってました。

流石です。(^_^; アハハ…

« プッチーナってご存知? | トップページ | 奥本先生特別講演 後編 »

コメント

きっと素人が聞いても面白いお話なんでしょうね。
著書も読んだ事なくて講演を聞くのはおこがましいかなぁ...

>チェリンママさん
素人や虫に関心がない人でも絶対楽しいですよ。本も読んでなくても大丈夫です。

まってました!
奥本先生の講演行きたかったなぁ。
だいたいの著作は読んでいるつもり
ですが、ときどきいいかげんなところ
が好きです。

>ルカJさん
良かったですよ。年に数回あるみたいですから、機会があればどうぞ。
奥本先生、養老先生、池田先生、木村先生とみなさん虫にご理解ある方はち密さといい加減さをうまく自己消化されてますね。まさに虫の世界かもしれません。(^_^; アハハ…

アリャリャ、また行きそびれましたね。次回はちゃんとチェックしとかなきゃ・・・。

>ちーやんさん
本当にいく気あるの?(^_^; アハハ…

関西ではないのかな~?

>みーちゃんさん
日本全国に支部はあるみたいなんですが、こういうイベントは東京が主みたいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104433/40442523

この記事へのトラックバック一覧です: 奥本先生特別講演 前編:

« プッチーナってご存知? | トップページ | 奥本先生特別講演 後編 »