« サビイロはOK | トップページ | 中本に行ってみた »

肺のないカエルの記事を見て

ヤフーのトップに来たから、ご存知の方も多いかもしれませんが、

肺のないカエルが見つかったという記事がありました。

これって科学記事にありがちな誤報とまではいかないけど、

思い違いの記事のいい例なのであげておきます。

ヤフーに載ったロイターの記事がこれ

http://backnumber.dailynews.yahoo.co.jp/?m=m20080410-027&e=animals_and_pets

「肺を持たない珍しい原始的なカエルが見つかった。」

とありますね。

一方、こちらはtechnobahnというサイトです。

http://www.technobahn.com/news/2008/200804081641.html

ここには原始的なんて言葉は一度も出てきませんね。

ほぼ間違いなく、こちらの記事が正確な内容です。

肺がない=原始的

というのは記者の思い込みに過ぎません。

研究者は絶対そんなこと言わないはずです。

両生類は肺を進化させて陸上に進出したわけで、

その両生類に肺がないというのは、

環境に合わせて肺が消失したということであり、

肺の退化ですが、生物としては進化してるわけです。

これは「クジラやイルカはひれがついているから原始的だ」

と言ってるのと同じです。

科学に対してはこういう誤報が非常に多いと感じてます。

それにしても発見されたバルボウルラ・カリマンタネシス

なんだかバカボンのおまわりさんに似てませんかね?

輸入されたら凄い値段が付きそうですが、飼育が難しそうです。

« サビイロはOK | トップページ | 中本に行ってみた »

コメント

100%皮膚呼吸なんですね!eye
住んでる環境に合わせて進化したんですね~。
きゃはは、ホントですね。目が∞になっててそっくり!
「逮捕する~」って拳銃バンバン撃つんですよね。

>チェリンママさん
まだまだ不思議な生物はいるものですね。似てるでしょう(^_^; アハハ…

アホロートルみたいに幼体がそのままの特徴を持って、成体になるってゆーのとは、違うメカニズムなんでしょうか?おもしろいですね。

>ちーやんさん
アホロートルはネオティニっていって幼体生殖ですから、違いますね。あれは変態ホルモン作用させるとちゃんと生体になりますからね。こっちはオタマジャクシからカエルになる時に肺が発達してこないんだと思いますよ。

カワイイ顔してますね♡ 癒される~♬♫
飼ってみたいですが、難しそうです。
その前に高くて買えないけど(^_^A)

>るかさん
おもしろい顔ですよね。世界で数匹しか確認されてないから、ものすごく高いでしょうね。(^_^; アハハ…

ヤフーの記事はアップされた日に見ました。
たいした知識のない私なんかは、肺がない=原始的
って書かれれば、そうなのかと思っちゃいますよ。
しかし、どうやって肺がないって解ったんでしょうかね?
レントゲンそれとも解剖・・・(^_^;)

>KYUKIさん
解剖したらしいですよ。以前の発見時には1匹しか見つかってない貴重な個体だったので解剖しなかったみたいなことが、後のほうのサイトには書いてありました。

珍しいカエルなのに顔つきは少々気の毒です><
確かに、退化する方法も一つの進化ですね。

>電気虫さん
いえいえ彼らの間ではあればイケメンなんですよ。(^_^; アハハ…

凄く可愛い♪♪ですよっっ。
でも、希少価値あり?っすか?
ウン十年ぶりとか、見ると、解剖して、いいのですか??
って、思っちゃいます。
絶滅とかじゃ無いのですよね・・・
頑張れっっ!!
ついでに、わたゆきも、頑張れっっつ!!
失礼しましたっっ!
早く寝ます……

>わたゆきさん
解剖は非常に大事なんですよ。最終的には骨格標本を作るのも重要です。そこからわかることが沢山あります。今は遺伝子の解析でかなり進化についてはわかるのですが、やはり外観の観察は基本です。
わたゆきさん、講習会がかなりプレッシャーなのね。早く寝て万全の体制で臨んでください。(^_^; アハハ…

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104433/40838722

この記事へのトラックバック一覧です: 肺のないカエルの記事を見て:

« サビイロはOK | トップページ | 中本に行ってみた »