« カメラマン♀の人 | トップページ | ポルテリさんのお世話 »

デカイな( ̄□ ̄;)!!

20080330_01962 テイオウゼミを

標本箱に入れてみました。

左上が富士市産クマゼミ。

左下が江東区産アブラゼミです。

うーん、デカイ。

( ̄□ ̄;)!!

これ、生きてる時の力と鳴き声は凄いんでしょうね。

クマゼミだって結構パワーありますからねえ。

« カメラマン♀の人 | トップページ | ポルテリさんのお世話 »

コメント

テイオウゼミの鳴き声を聞いてみたいですね~。
クマゼミの集団の鳴き声もうるさいけど、
テイオウゼミの集団はもっとすごいんでしょうね~。
(笑)

>みーちゃんさん
たぶん凄そうですよね。意外とニイニイゼミみたいだったりして(^_^; アハハ…

夏に九州に行った時、「ワシャワシャワシャワシャ」もの凄~く
うるさくて会話も聞こえない程鳴いていたのはクマゼミ?

クマゼミでも相当な迫力があったと思うんですけど・・・
テイオウゼミはもっと凄いんでしょうねぇ。

大きくて迫力ありますね!!
こんな大きいセミが自分の周りを飛び交っていたら、
結構怖いかも~(笑)

さすがテイオウ名前通りのデカさですね^^;
パワーもありそうですし、つかまえるのも一苦労でしょうね^^;

>チェリナママさん
それがクマゼミですね。静岡から西のほうに多いです。

>きのぴーさん
凄そうですよね。satoshiさんに聞いてみます。

>あすかさん
確かに私でもびっくりしそうな気がします。

>優駿さん
羽の力が強そうですよね。(^_^; アハハ…

はじめて聞く名前のセミですね~wobbly クマゼミでも凄いのに、クマゼミより大きかったら・・・ 圧倒されそうcoldsweats01

>ぶんたさん
標本でも圧倒されますよ。(^_^; アハハ…

早速標本箱に入れましたね。
セミは煮沸しなくてもOKなんですか?

国産セミと比べたら圧倒的ですね☆
こんなのがたくさん鳴いて居たらうるさいだろうなぁ(笑

一度だけ標本を見たことがありましたが、こんなにデカイ蝉でしたっけ!?

アブラゼミが、小さく見えますね^^

ジャングルに入ると色々な種のセミの大合唱が凄いですよ。
テイオウゼミはラッパ並です。

以前、せみの穴を発見すべく、公園を渡り歩きました。惨敗でした。
今年は、なんか要領が掴めた気がしてますっっ!!
でも、蝉の成虫は、苦手です…。
ココに、初めてお邪魔した時は、確か、カブちゃんすら、触れなかったのですよ。(虫、恐怖でした。)
子供や、世間の流れ?から、慣れて来ましたが……
蝉は、多分ダメ…っす。
肉体スケスケは、もうダメ。
声で、夏を感じます・・・。

>昆虫むしさん
羽を広げるには軟化がいるけど、まあ、セミはこれでいいんじゃないかと・・・

>るかさん
マジで凄いですよね。日本にいなくて良かったかも
(^_^; アハハ…

>電気虫さん「
私は何度も標本見てますが、実際はでかかったです。
( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

>satoshiさん
ラッパですか?それは凄すぎですね(^_^; アハハ…

>わたゆきさん
まあ、ゆっくりセミにも慣れて下さいね。(^_^; アハハ…

長い羽っていうイメージですね!
色々標本集まっていいですね。
うちでは今までの標本削除されました。
小さな虫がいたからといって><

クマゼミよりもこんなに大きいんですね。
以前、沖縄のセミを見ましたが、
鳴き声が本土のセミたちとは全然違いました。
どう鳴いてたかは・・・覚えてないっすm(__)m

名前が帝王ですからねぇ。その風格は十分ありますね。
うちの仕事場は夏になると夜中でもクマゼミが鳴いてますよ。人の話が聞こえないほどに。。。(^_^;)

>りょうさん
削除されちゃいましたか?ちゃんと防虫剤入れてなかったんですかねえ?

>KYUKIさん
日本のセミは独特の鳴き声って話は奥本先生から聞いたことがあります。

>くんちさん
クマゼミは午前中ってイメージありますけどね。それだけ沢山いるんですね。

デカいですね!
こちらにはクマゼミもいないので、初採集の時は興奮したんですけどね、それよりもはるかにデカいですね。

>あやっちさん
そうですよね。クマゼミ捕まえたときもあの動きと鳴き声には今でも閉口しますもんねえ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104433/40692711

この記事へのトラックバック一覧です: デカイな( ̄□ ̄;)!!:

« カメラマン♀の人 | トップページ | ポルテリさんのお世話 »