« 封印していた放虫の話 その5 | トップページ | 激辛赤旨焼きそば »

封印していた放虫の話 最後に

さて、長かったお話も最後です。

これまでの皆さんのコメを見てもわかるのですが、

「現存の種の分布を維持したい人」の主張する根拠

に対して負い目を感じる方が多いようです。

でも、車運転する時、これから自動車事故で死ぬ方に

負い目を持って運転しますか?

そんな人はほとんどいないでしょう。

それと同じでいいと私は考えます。

これから起きるかもしれない放虫に

負い目を持って飼育する必要はありません。

別に「現存の種の分布を維持したい人」の主張が

100%正しいわけでもありません。

もとより、虫なんか全滅したほうがいいと思ってる人のほうが、

昆虫愛好者より沢山いるんじゃないでしょうかねえ。

良い悪いは別として、それもまた、世間の実態です。

それに、自然を愛する人や研究者の中にだって、

反対意見は沢山あるんです。

現在の環境保護や自然保護は触らないで見守るのが

あたかも正義みたいな風潮が強いです。

(これはクジラの連中などが特にそうですが)

しかし、私は触ったり、採集して、じっくり調べたりしなければ

わからないこともたくさんあると思ってます。

見るだけでは満足できない人もたくさんいます。

それはエゴかもしれませんが、

見るだけで我慢しろと人に命令するのもまたエゴであり、

更にはそういう人達は往々にして原理主義者です。

自らの主張以外を認めようとしません。

そういう人達の主張が正しいとは私には思えません。

飼育者は先に私が提示したようなスタンスで

自信を持って趣味を楽しめばいいんじゃないでしょうか?

決して「現存の種の分布を維持したい人」に引け目を感じることなく、

なんら恥じるところなく、「素晴らしい趣味の実践者」として、

「同じ昆虫を愛するものとして」、大人の付き合いをしていけばいいと、

私は思います。それだけのことです。(^_^; アハハ…

*ただし、心の片隅に「いい年こいて虫なんかいじって喜んでるお馬鹿なオレ」という気持ちは忘れないでね。(^_^; アハハ…

そんな中、「現存の種の分布を維持したい人」にとって神様みたいな

永井先生が、

飼育者にとっては神様みたいな隊長父さんのご尽力もあり、

両者の架け橋になってくださっているのは

とても心強いなあと思ってます。

まあ、みんな楽しくやりましょうよ!ねっ!

« 封印していた放虫の話 その5 | トップページ | 激辛赤旨焼きそば »

コメント

あぁ、仕事中なのに最後まで読んじゃった・・・。絶滅危惧種(ヤンバルテナガコガネなんか)を飼育繁殖させて放虫したら、佐渡のトキのケースと同じにならんのかな?やっぱ、鳥と虫じゃ管理の規模で比較できないだろうね。いや、おますさんのこの手の話は好きだなぁ。お酒が入って、もうちょっと過激になったほうが、もっと好きだけど・・・・。

はじめまして。こちらのブログへは、3年程前から訪問させていただいております。勇気がなくコメントできずにおりました。
読んで見ませんかで紹介いただいている「机の上・・」「東京少年昆虫図鑑」を読みました。
おます♂様のTBH等での講演に興味をもっておりましたが拝聴できる機会はないものと思っておりました。
記事にしていただき内容を知ることができました。
ありがとうございました。

>ちーやんさん
ヤンバルテナガは決断しないと本当に手遅れになるような気がしますけどね。
流石にブログではこれ以上過激には発言できないですね。(^^;;;
正直かなり抑えてます。(^_^; アハハ…

>おとどんさん
いらっしゃいませ。そうですか?これからはお気軽にコメントしてくださいね。「様」なんてつけなくていいですよ。「さん」で十分です。(^^;;;
「机の上・・」はいい本でしょ。作者の木村先生もお話のおもしろい素敵な方でしたよ。

語りつくせていない分は次の新橋OFFで発散しますか?

※最終の新幹線に乗れなくなるかな・・・(^^;

前回のマジメなお話しもですが
今回も興味深く読ませて頂きました。
私は昆虫に詳しくないし、アレなので
難しい事は書けませんが、虫を飼っている理由は
我が家にやって来たから。それだけかもしれません^^;
頂いたゾウカブは純粋にどんな風に成長するか
興味が有ります♪(てか一匹♂羽化不全でした(´・ω・`)
♀は無事に羽化しました。後一匹はまだまだかな)
まぁ、おますさんご存知の通り結構可愛がっちゃう方だけど(笑)
トキに関しては・・・絶滅って仕方ない事なのかな~って思う時もあります。
極端ですが恐竜だって絶滅したんだし、変わりゆく状況に
ついていけるものだけが生き残るのかなって。
いつか人間も絶滅するのかな~って思う時があります。
何だか関係ない話をしてしまいました^^;
不適切だったら削除して下さいね。
愛猫を異常に愛してる私が何を言っても
何の説得力もないのです。(;´∀`)えへ

いや~長かったですね♪
こういうの読まないタチなんですけど全部読みました。
普段からいろんな意見があるというおます♂さんらしい結論でしたね。。
私も思うにこのフィールドをいい方向に持って行きたいと思う気持ちは皆さんそれぞれあると思いますし、またそういう気持ちでいろいろな方向から昆虫飼育にアプローチして少しでも長く飼育を楽しめる環境が出来ればいいのかなって思います。
皆さん、好きで飼育してるはずですから♪

>mochibonさん
放虫については、大体しゃべりましたよ。
品種改良についてなら、もう一回同じくらいの記事が書けますけどね(^_^; アハハ…

>はなまるさん
良いことおっしゃいますね。そう、極端な話、人間が資源を使って繁栄していく過程で有害物質が地球に蓄積されるのが、本当に悪なのか?という根本的な議論もあります。
生命が地上に進出できたのは植物により酸素が蓄積されたからですが、それまでの生命にとって酸素は著しい酸化作用をもつ猛毒だったわけで、その毒の蓄積のおかげで、ある生命は絶滅し、陸上生物は繁栄を遂げたわけです。それと同じじゃなかという主張だって間違ってるわけではありません。
ネコを猫可愛がりしてるから、説得力がないということはありませんからご心配なく。(^_^; アハハ…

>えりだんさん
お疲れ様でした。わかりやすくと思って書いてるのですが、どうしてもクドクなりますね。(^_^; アハハ…
私は、「多少環境リスクがあっても、飼育をしたい」という気持ちを前面に出して、その為に本当にすべきことは何かを、綺麗ごとではなくて、もっと打算的に主張していいと思ってるんですけどね。

ネコを猫可愛がりしてるから、説得力がないということはありません?
本当にそう思って言ってます?
すでにこの時間はキッチンドランカー。
やめとこ!!

ふぅ、全部読んだ~~(=^‥^=ゞ

正直凄く難しい内容で・・・
でも、おますさんの言わんとするところは分かったつもりだし
私の思う、放虫禁止とスタンスは概ね変わらないと言うことが分かりました

本当は、こんな話しをしなくてもいいような
みんながモラルを持った飼育をしてくれれば、良い事なんですけどね・・・

まあ、酔ってこの話が始まると長いので、ここで終わりにしてください(爆)
宴会の席では、バカ話に終始しましょう><

最後まで読ませていただきました。^^
おのパパさん>おます♂さんは絡み酒ですか~?(笑)

全部読ませていただきました。

おます♂さんの講演を聞き、そしてこの文章を見て、頭の中が整理できました。

結局のところ、
仰るように「自分の楽しみを奪われたくないから、放虫禁止の啓蒙活動をしている」人なんだと<僕

町内のイベントで虫を見せたり売ったりするときに、ポスターを掲げ、チラシをくばるのも
「一応お知らせをしたんですから後はあなたの責任だからね」
という逃げの口実を作るためであったのかなって。

でも、結局今の自分に出来ることは、「放虫はやめてね」っていう事ぐらいなんですよね。


いや、なんだかおます♂さんと語り合い飲み合いたくなって来ました~
ことごとく論破されるのが気持ち良いくらい(爆)

>チェリンママさん
ぷにさん(大吉さん)はあなたより、数段上の猫可愛がりのキチガイです。でも、彼女が猫に走った理由を私は知ってます。彼女にはそれなりの理由がありますが、彼女は自分が世間から見たら取るに足らない猫バカという自覚があります。それは私のいう「虫ケラ」感覚と同じです。ですから、私は彼女のネコブログには時々コメントしてます。私は単なる猫嫌いではないと散々言ってるはずです。

>麻優希さん
お疲れ様でした。大したこと書いてないでしょ。でもそれを書くのが大変なほど、現状がおかしいんじゃないでしょうかね?

>おのパパさん
ここで話したから、少なくともこの話はオフではしないことにします。(^_^; アハハ…

>みーちゃんさん
それだけだったら私とおのパパさんの関係は続かないんじゃないでしょうかね(^_^; アハハ…

>もちるさん
自分が飼育したいからみんなに協力を求めるっていけないことですか?
私は当然のことだと思ってますよ。
もちるさんみたいに真剣に向かいあってるのは素晴らしいことだと思いますけどね。

最後まで興味深く読ませて頂きました。

なんとなくモヤモヤッとしていた考えがすっきりした気持ちです。
「いい年こいて・・・」のくだりは、さらに重要ですね。(笑)

機会があれば是非、生でお話をお聞きしたいですね!

つまるところは、最後の1行が最重要ですね。
あ、中身がどうでもいいって意味じゃないですよ(^^ゞ
語り足りないところは新橋で!
へーさんに用事できちゃった。

こちらに、いらっしゃる方々は、絶対放虫なんてしない、方々ですよね。
何らかの事故で、虫が飛び出してしまっても、しょうがない。から、しょうがない。
って。思います。
新しく虫を飼育される方も、ホントしっかり勉強して、挑んで欲しいっすね~。
私は、全滅しちゃったけど・・・・

素晴らしい意見を聞かせて頂きました。
スタンスがしっかりしている方はやっぱり違います。
私が初対面の時に感じた感覚はまさに正しかったと実感しました。
また、語り合いましょう。
ゆっくりとね♪

長文お疲れ様でした!というか、全部読むの疲れちゃいましたよ!(^_^)v

何度かコメ入れようとしたんですが、送信の前に読み返すと小学生レベルのコメになってるような気がして、いつも断念してました。

放虫のお話は何度もお酒の席で伺ってますので、大体分りますが、この話が始まると焼酎一本軽く開いちゃうでしょ?
その後、日本酒で〆て撃沈!(撃沈寸前かな?)

関東甲虫組合でこのお話は程々にしてくれません?
一応私が泥酔者介護担当なもので!

お疲れ様でした^^
ぼや~んとしていた感じが明確になったという感じでしょうか・・・。(自分)
(文章力がなくてスミマセン)

そうよね、うんうん、楽しくやりましょう^^

>こもちししゃもさん
そうですか?ありがとうございます。長野遠征ではあまりお話できなかったですもんね。

>KYUKIさん
楽しく飼育続けたいですからね。(^_^;;;
mochibonさんも新橋やろうって言ってましたねえ。(^_^; アハハ…

>わたゆきさん
そうですね。ここに来る方は新しく飼育する人たちに放虫しないでねって頼む方ですからね。だからこそ、理論武装はしておく必要があるんですよ。

>昆虫むしさん
もう、書いちゃったからしゃべりませんよ。
たぶん。(^_^; アハハ…

>TOTOROさん
いえいえ、お恥ずかしいです。酔っ払いのたわごとですから。
ゆっくりと汗かきながらね(^_^; アハハ…

>あすかさん
たぶん飼育者は放虫禁止の理由がしっくり来ない人が多いと思うんですよね。そこをクリアにしたいなというのが目的なんで、そう言ってもらえるだけでうれしいです。

ここじゃなんなんで放課後、体育倉庫の裏で・・・。おりゃぁぁぁぁ!(^^)

おはようございます。
だいたいおますさんの考えは私の予想どおりかな?
でもそれって私なりの解釈かも。
この文書だけだと本音の部分が隠れてるような気がするのですが、
気のせいでしょうか?
でも、おますさんはきっとこの文章を読んでどのように解釈されても、
その人の解釈を広く受けとめるのでしょうね。
私は議論すると結構ムキになっちゃって自分と違う意見をなかなか受け入れられないかも。。。

>タケ坊さん
根性焼き入れてもらえます?(^_^;;;

>しろしろさん
そうですねえ。公表する文書にする場合は、思いの丈を全て書くのは難しいですよね。
やっぱり残るものですからね。いろんな取られ方をしても、それほど困らないというか、趣旨が概ね伝われば良しとする書き方をしています。
今回の目的は、いいタイミングなので、今まであまり考えていなかった人にちょっと振り向いてもらうくらいなんで、あまり過激でもねえ。まだまだ大らかに受け入れていない部分もあるんですが、なるべく受け入れるようにだけは日頃から気をつけています。

わしゃ、ようわからん。

>ときさん
心から一切の穢れを取り除き、澄んだ瞳で乙女のように素直に、この記事をもう一度読めばわかります。(・∀・)ニヤニヤ

「放虫の危険」と「飼育や虫を眺める楽しみ」を天秤に掛けてわたしは飼育を選びました。飼育を選択した以上は存分に楽しむつもりです^^
負い目は何も感じてませんが、きちんとしたスタンスも無いです><

あんりゃー、いつのまにか焼きそばの記事になってるし(笑)。
週一更新さえままならない、ずぼらには
マネのできないマメさですね~。おますさんはO型じゃないな。

飼育者は飼育することがすでに放虫リスクを抱えるという事を理解しつつも、だからといって自己否定に向かうのではなく、飼育のおもしろさを堂々と主張し、仲間と語らい、趣味を楽しもうではないか、ということには私も共感します。

ただ、おますさんご自身がコメントでいってますが(笑)、最後のところでなんか言い切ってない感は残りましたね。放虫、交雑がなぜいけないのか、という根本のテーマへの答がボカしてありますから、、、あえてなんでしょうけど。(しろしろさんのコメントはいいとこついてるな~と思いました)ただまぁ、答なんてないのかもしれないですけど。

産地ってブランドというか、ひとつの記号かもしれないですね。
記号は記号でしかないわけですけど、その記号がつくことで、希少性があがったりする場合、高く売れるってことはあるんでしょう。出目をはっきりさせることは飼育者にとって売買しやすいというメリットはありそうです。反面、記号を過信することが詐欺的行為の温床にもなるわけですが。
もし商業ベースにのっかってないところであれば、その記号はそれほど重要視されずに、かっこよさとか、ひとそれぞれの主観が人気の基準になるのかなぁ。ならんのでしょうね。人気というのはそもそも相対的なものですから。やっぱり、皆、記号は気になってしまうんでしょう。
人間なら、青森生まれの男が佐賀の美女と結婚したって別に悪いことはないでしょうね。むしろ、遺伝学的には望ましいことかもしれません。即、佐賀県民に遺伝子異常が起こるわけでもないでしょうし、人類の絶滅に繋がるようなこともないでしょう。
そう考えると国産種って日本国内で交雑が進むと、ほんとに絶滅の危機にさらされるのかな?(比較するのが間違ってるような>爆)産地にこだわるのはオオクワが多いけど、コクワとかカミキリムシとか、他の虫はどーでもいい感じですよね。それ、結局、安かったりするからですよね。安いと生物の価値までどーでもよくなる、それじゃほんとはおかしいわけですけど。
産地の特徴を保持することが自然環境にとって正しいことだから守らなければならないのか、それとも産地のその特徴を維持することが、飼育者たちにとってメリットがあることだからなのか、ま、どっちもあるんでしょうね。カテゴライズは楽しみでもありますので、否定するつもりはありませんが、あまり過敏に反応するのはちょっと疲れます。
佐賀産らしいけど佐賀産の特徴でてないね、なんていわれると我々初心者はなんだかがっかりするんですよね。なんか、ニセモノつかまされたみたいに思えてくるわけです。たとえ本物のオオクワだったとしても。自分が形が気に入ってんだったら、それでいいという考えがあってもいいとは思いますけどね。オレは気に入ってんだよって。でもそう思える人は少ないでしょうね。

外国種との交雑というのはまたちょっと話のステージが異なるかもわかりませんね。交雑って国際結婚みたいなもんでしょうか???(違うでしょ!)アメリカ人の男と日本の女が結婚すること、それ自体は別に悪いことではないと思うし、生まれた子供もなんら悪くないですね。むしろ両親のいいところをとってかわいかったりするわけですね。
この国際結婚がどんどん進めば、純日本人が少なくなっていくわけです。それ、悪いことで?まぁサビシイ気もしますけどね。(松本零士の漫画によくでてきますね、そういう設定)英語も日本語もしゃべれて、また両国の文化も肌で感じる。いいことかもしれないですね。
日本文化が廃れる?逆に振れる気もしますけど。それにミックスカルチャー、それも新しい文化として定着していくことも完全に否定するようなことではないとはおもいますね。

とか訳ワカラン関係ないこといいつつも、私は違う種同士の交雑はなんか生理的にいやですね。
そのキメラ(とはいわんのかな、やっぱ雑種か)は「累代が困難」だったりすると聞いたりすると、なんだか恐ろしい気がします。子孫の残すというのは生物の本能。それを人間の手でいじることは、同じ生物としてやっちゃいかん、タブーのような気がしちゃうんですけどね。累代できていけば、もしかすると、それは何百年か経って進化と呼ばれるかもしれませんが、累代できないものを人工的につくり出しちゃう作業は人間に許されていない行為のような気がします。気がするだけですけど。

それに、虫って、自分の意思で、交雑にきてるわけじゃないですね。
なんかね、そこがだめだと思うんですよ。
人間なら、宇宙人に頭ひっぱられてアメリカに連れて行かれ、「オマエハココノオンナトケッコンセヨ」と言われたたようなもんでね。
虫の意思も大事にしてやらにゃ。
なんでもそうですよ。虫でも植物でも、あれ、意思ありますから。
人が虫の意思をムシしちゃいかん。
てなことで、、、おあとがよろしいようで。(あぁ、何やってんだろ、もう寝よう、おやすみなさい)

>電気虫さん
まあ、スタンスはゆっくり作っていけばいいと思います。

>ルカJさん
お疲れ様!自分のブログで語らずにここで語ってますね。(^_^; アハハ…
そうです。交配、交雑、放虫が本当にいけないことか?という点はぼかしてます。
私は本当にいけないとは言えないと思ってます。これもスタンスの問題なんですけどね。
語るとやはり長くなるし、これはかなり感情的になる話題なので、まだ、そのタイミングではないと思ってます。
でも、私の記事で皆さんが沢山考えてコメントしてくれたのはとてもうれしかったので、
いずれは書きたいですね。反対意見ももっとあっていいと思ってます。

書き始めると長く、しかもトッ散らかったモノになりそうなので止めておきますが、経済、文化、科学…アングルによって考え方が激しく違ってしまいそう…。
私自身はおます♂さんのスタンスに近いと思うんですけど、やはり定まりません。
どのアングルでも、どういう結論でも、結局はエゴでしかあり得ないと思いながら、また堂々巡りの渦に巻かれてきます。

>ぷっかぴよさん
どのアングルでもエゴだから、どこかに自分を持ってくるしかないですね。(^_^;;;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104433/42331279

この記事へのトラックバック一覧です: 封印していた放虫の話 最後に:

« 封印していた放虫の話 その5 | トップページ | 激辛赤旨焼きそば »