« 結果は先ですが、期待してます! | トップページ | これはハンパじゃないぜ! »

毒ギョーザ事件は解決したか

リンク: 毒ギョーザ事件は解決したか

 証拠の信ぴょう性とかはさておき、

冷凍庫で注射器を使って、ジクロルボスを注入したというのは、

日本にある証拠の状況から見て明らかであり、

加工食品のプロから見れば、

それ以外にはありえない犯行でした。

事件発覚翌日には解っていたことです。

また、中国には戸籍のない子供はもとより、

都市戸籍と農村戸籍という政府公認の差別制度が純然とあり、

低所得者層や貧困層が解雇の報復としていろんな犯罪を

犯していることも、進出している日本企業は、

皆、知っていました。

工場内に砦のような家を作って住んでいる

日本人スタッフだっているんです。

これは中国進出で長期にわたり、

現地に行ったことのある日本人にとっては常識です。

  

あの時期、中国側がこれを認めようとしなかったのは、

かの国の政府なら当然でしょうが、

我が国の警察がいろんな可能性があると言って、

これに言及しなかったのは、

弱腰と言われてもしょうがないでしょう。

密入国していた金総書記の息子を国外退去させた

日本政府の対応に通ずるものがあります。

  

国際間ではまず、

きちんと大きな声で自分の立場を主張するのが第一です。

原則、相手を慮る(おもんばかる)なんてことは意味を成しません。

それが未だに解らない方が

日本のトップエリートやマスコミの一部にいるのが、

この国の不幸だと思います。

  

何度も言うようですが、この件をもって、中国の食品は怖いというのは、

何でもかんでも地球温暖化のせいにする

環境原理主義者と変わりません。

思考の停止状態です。

  

日本でも食品への毒物混入事件は沢山起きてます。

青酸、ヒ素などの死者の出た混入事件がありましたよね。

自分の会社の製品に毒を入れて自殺した人もいました。

また、スーパーなどに薬物や針などを入れた商品を並べる

不届き者が後を絶ちません。  

  

皆さんには意外かもしれませんが、

日本のフードディフェンスが、

中国に比べて勝っているということは全くありません。

むしろ意図的混入に対するハード面での防御では、

最も遅れている国が日本であるというのが実情です。

だって、他の国は基本、人を信用してませんからね。(^^;;;

大手の食品会社は現在フードディフェンスの強化に努めてますが、

中小企業にはそんな余力はありません。

外食産業の厨房も含めて、

非常に防犯体制が甘いのが日本の特徴です。

  

朝、飲食店の出入り口付近に生鮮野菜や業務用食材が

段ボールに入れられて無造作に置かれているのを

見たことがある人も多いでしょう。

まあ、他の国なら、そもそも盗まれちゃいますが、

もし、その中に毒物を入れられたらどうするんでしょうかね?

 

そういう視点が日本人には決定的に欠如してます。

  

基本「性善説」なんですね。

まあ、個人的には、そういう優しい日本人が好きですけどね。

  

ただ、食の安全をとやかく言うなら、

本当はそういうことを改善すべきであって、

残留農薬検査とか原産国表示なんかに、

お金をかけてる場合じゃないんですよ。

どうでもいいトランス脂肪酸もそうですね。

 

いい加減、行政も消費者代表とされる方達も

目を覚ましていただきたいものです。

目の前にある危機から目をそむけてはいけないのです。

まず大きなリスクで低減できるところから、

確実にやるのが大事だと私は思います。

« 結果は先ですが、期待してます! | トップページ | これはハンパじゃないぜ! »

コメント

そうだ!そうだ!ハハハ

犯人探しのことばかりで、このような視点で報道されることないですね。

米軍基地問題も鳩さま発言ばかりとりあげられますが、基地がないと安全保障上どんだけヤバいのか、教えてほすいですね。トクノシマもどうなるのかなあ。

>TOTOROさん
応援ありがとう(^^ゞ

>ルカJさん
雑誌によっては、きちんと論評してるんですけどね。何しろ影響力のあるテレビのジャーナリズムがレベル低いですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104433/47954809

この記事へのトラックバック一覧です: 毒ギョーザ事件は解決したか:

« 結果は先ですが、期待してます! | トップページ | これはハンパじゃないぜ! »