« 織田vs武田の旅2010GW 岡崎城家康館編 | トップページ | 地方版具入りラー油ばったもん1号2号 »

織田vs武田の旅2010GW 長篠城編

長かった今回の城巡りもこれで終わりです。

岡崎から長篠に向かいます。

Img_7820

途中信号待ちで

ふと見ると

ああ、あの

40万とかする

ガンダムが

こんなところで見られるとは(^_^; アハハ…

まあ、長篠は別に天守や櫓があるわけじゃないし、

ガラガラだろうと、甘く考えていたら・・・・

なんだか近づくにつれ、

道には幟が乱立し、歩いてる人は物凄い数・・・・

スタンプのある史跡保存館への道は通行止め?

えっ?御柱祭?

(o  ̄ー)ニニニニニニニ○*゜Д゜)ゲッ

それは諏訪じゃろが!

なんと、長篠の合戦を忍ぶ、大事なお祭りの日でした

( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

_| ̄|○_| ̄|○_| ̄|○

車どこに止めるんじゃ(-_-;)

Img_7822城跡からかなり離れた場所に、

臨時無料駐車場発見!

流石に人気は少ない。

くそお・・・

暑いのに長い距離歩くのか

(-_-;)・・・・・・

Img_7823

ようやく

会場である

長篠城址付近に

到着

露店も出てるし、

なんだかパンパンと銃撃の音もしてます。

Img_7828 本丸跡に出ると、おお、

磔になった

鳥居強右衛門があ・・

実際に強右衛門が

磔になったのは

本丸を囲む川の対岸です(^_^; アハハ…

そして本丸で行われていたのが、

これだ!1.2.3.!

すごいぞ!すごいぞ!

空砲だけど、火縄の射撃初めて見た

(ノ゚ο゚)ノ  オオオオォォォォォォ-

Img_7821祭りの正体は、

「心打ち抜く火縄の響!!」

「第45回長篠合戦」 

「のぼりまつり」

その中のメインイベント

長篠・設楽原鉄砲隊の

火縄銃実演です。

本当はゆっくりこの辺りの

地形、史跡を訪ねてみる予定だったのですが、

今日はそういう雰囲気じゃないね(^_^; アハハ…

とりあえず長篠城址史跡保存館でスタンプをゲットして移動です。

あんまり暑いので露店のかき氷食ったけどね(^_^; アハハ…

Img_7835

こちらは

少し離れた

設楽原歴史資料館

まだ新しそうです。

火縄銃が沢山展示してあります。

Img_7843

この資料館のある辺りが

織田・徳川連合軍と

武田軍がぶつかった場所で、

資料館から500mくらいのところに

馬防柵が復元されてます。

Img_7844 上が織田軍の馬防柵で、

下が徳川軍の馬防柵です。

写真ではわかりにくいと

思いますが、

徳川軍のほうが

出入りしやすい構造になってます。

これは、徳川軍は討って出ることを覚悟しており、

織田軍はそのつもりがなかったってことじゃないかと私は思います。

あくまでも徳川の戦いに織田が援軍送ってるんですよね、

この戦は。(^_^; アハハ…

最近では、

実際には鉄砲の三段撃ちはなかったとも言われていますが、

いずれにしても大量の鉄砲を持った、

1人1人は非常に弱い傭兵軍団である織田軍に、

戦国最強と言われた武田の騎馬軍団が

壊滅的な打撃を受けたのは史実です。

武田勝頼は勝者の史記に書かれているような

馬鹿ではなく、聡明な武将だったようです。

しかし、信玄は勝頼の子、信勝を後継者として遺言したようです。

信勝は織田の血を引いてます。

信玄は自分が死んで仮に武田が弱体化しても、

織田の血を引く信勝が当主なら、織田の比護のもと、

武田は生き延びることができると思ったんじゃないのかなあ?

そんな遺言を受け、勝頼の心に何が起きたのか?

そして、信長は本当にこの時点で勝算があったのか?

信長は武田が引いてくれれば十分と思っていたんじゃないのか?

「武田軍が織田軍の鉄砲に恐れをなして撤退した。」

この事実さえ残れば、信長にとっては十分な果実だったように思うのです。

そして・・・・・

もし武田が引いていたら、信長はまだ東に憂いを残すことになり、

家康の安土訪問もなければ、

勝ち戦である秀吉の中国戦線に赴く余裕もなかったはずです。

従って、あの時点での本能寺の変は起きない。

歴史で「もし」を考えるのは本当に楽しいですね。

そんな空想をしながら、もう少しこの辺りの地形や、

武田方の武将の墓などを、ゆっくり見学したかったのですねえ。

非常に名残惜しかったのですが、今回はこれにて終了といたしました。

15:00に設楽原を出て、19:30に自宅着

ほとんど渋滞らしい渋滞もなく帰宅できました。

長らくお付き合いありがとうございました(^_^; アハハ…

« 織田vs武田の旅2010GW 岡崎城家康館編 | トップページ | 地方版具入りラー油ばったもん1号2号 »

コメント

お久しぶりです。

古戦場めぐりですか!

ちなみに、関が原は悲しいくらいなんにもないですよ・・・

また、私は金華山のふもとからすぐの会社の寮にすんでました。
懐かしい岐阜の写真もありがとうございました。

徳川美術館とかは行かれなかったのですか?

おます♂さんのことですから、すでにどこかで行っていらっしゃるのでしょうが(笑)。

>ちーパパさん
何もないのもまたいとおかしということで(^_^; アハハ…
徳川美術館は水戸しか行ったことないですね。
近くに江戸資料館があるから、大抵のものは見ることが可能です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104433/48359367

この記事へのトラックバック一覧です: 織田vs武田の旅2010GW 長篠城編:

« 織田vs武田の旅2010GW 岡崎城家康館編 | トップページ | 地方版具入りラー油ばったもん1号2号 »