« 織田vs武田の旅2010GW 春日公園編 | トップページ | 織田vs武田の旅2010GW 犬山城編 »

織田vs武田の旅2010GW 岩村城編

Img_7662 明けて5/4

別荘を6時に出て、

今日は3城攻略の

強行スケジュールです。

(^_^; アハハ…

最初は「岩村城」

普通は知らないでしょうね。

有数の山城ではあるんですが、何と言っても、

日本の戦国史で唯一と言っていい

ラブロマンスというか・・・

昼メロというか・・・・

良くわからない出来事が起きた山城です。

興味のある方は「岩村城 女城主」で調べればすぐわかります。(^^;;;

Img_7660 本当は本丸跡ではなく、麓の藩主邸跡にある

歴史資料館に案内して欲しかったのですが、

ナビは試練が好きなようです。(^^ゞ

到着はほぼ予定通り9時。

本丸の駐車場には「蘭丸」という休憩所があるのですが、

開いてませんでした。

GWに開けないということは閉鎖しとるんか?(^_^;;;

「蘭丸」とついているのは、信長の甲斐攻めで落城した後、

森蘭丸が城主となったという伝えによるものでしょう。

Img_7661

で、よくわからないのですが、

ガケも何もない

道の端に

サンダルが

脱ぎ捨ててありました。(^_^; アハハ…

土足禁止車の忘れ物かなあ?

Img_7664_2

本丸への

石段を登る

♀の人を

撮影したところ、

本人曰く

「見返り美人」

だそうです。

私は立場上コメントを

差し控えましたが、息子達はかなり突っ込んでました(^_^; アハハ…

Img_7665

その後、

埋門前で記念撮影したのですが、

私は足を踏み外し、

顎と左人差指と右膝を強打しました。

そのため、この写真はみんな笑ってます。

良い写真を撮るための身を挺した私の行動に

皆賛辞を送りましょう( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

Img_7673

でも岩村城は素晴らしいです。

この6段の石垣なんか

ちょっとマチュピチュを思わせる

造形美ですね。

時間の流れ方が違う、

異空間という感じがします。

ここから麓の

歴史資料館まで

1km以上下山します。

スタンプはそこにあるはずです。

Img_7683

井戸とか、門跡とか

見ながら25分くらいで、

麓の歴史資料館に着くと、

そこには太鼓櫓が復元されてます。

駐車場も広いし、

やはりこちらに

車をつけた方がよさそうです。

スタンプもちゃんとここにありました。(^_^; アハハ…

Img_7688帰りに山道を登るのは

結構きついです。

でも帰りは一気に上ったので、

なんと20分で登り切りました。

( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

ここを60kgの装備をつけて

上り下りした戦国武者の体力は

我々の想像を絶するものですね。

Img_7690最後は杖ついて、

くたくたの

見返り美人でした。

(^_^; アハハ…

« 織田vs武田の旅2010GW 春日公園編 | トップページ | 織田vs武田の旅2010GW 犬山城編 »

コメント

サンダル・・・またしても謎ですね。
でも飛び降りた訳ではなさそうで良かった。
上は見上げてみましたか?eye

>チェリンママさん
首つり死体はありませんでしたよ(^_^; アハハ…

岩村城、女城主で検索してみました。知りませんでしたね。しかし女の人でも逆さハリツケとは。容赦ありませんな。日本三大山城のひとつとあって苔むした石垣はいい感じですね。例えがまたいい。

>ルカJさん
身内の裏切りですからね。それも前代未聞の(^_^;;;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104433/48327684

この記事へのトラックバック一覧です: 織田vs武田の旅2010GW 岩村城編:

« 織田vs武田の旅2010GW 春日公園編 | トップページ | 織田vs武田の旅2010GW 犬山城編 »