« 北海道での仕事の記録⑦ 講演本番 | トップページ | 後世に残すなら・・・・ »

丸瀬布昆虫生体館

Img_0179 忘れてた。

こんなとこも

行きました。

(^_^; アハハ…

Img_0180 オフシーズンなんで

人はガラガラ

(^_^; アハハ…

虫は

そこそこいるけど、

Img_0181こんなひとたちも沢山いました。

ご昇天(^_^; アハハ…

このコーカサスは

飼育品としては

すばらしい角ですね。

Img_0182

私も

飼育したことがある

ヒシムネカレハカマキリの卵

こんな飼育法も

Img_0183楽しいね。

なぜか

標本には

おのパパさん寄贈の

ものもありました。

Img_0186

(^_^; アハハ…

多摩動物園の

昆虫館の影響も

受けてるみたいですね。

Img_0193

規模は小さいですが、

温室で

蝶を放し飼いにする

手法は全く同じです。

Img_0188

これも今では

なつかしいですね。

(^_^; アハハ…

Img_0194_2

  

Img_0195_2

 

  

  

  

  

 

 

  

北海道のカブトムシの分布です。全道に広がってます。

これを見る限り、もう駆除は不可能ですね。

今さら放虫禁止の啓蒙をしても、カブトムシには効果はないでしょう。

虫に限らず、動物も植物も飽きたら自分で処分する。

当たり前のことができない大人が多くて困ります。

Img_0191そうそう、

ここにも

アカミミがいました。

外来つながりみたいです。

なんか

心が寒くなって、

Img_0197

ラーメンを

食べました。

食べるラー油のせ

ラーメンです。

« 北海道での仕事の記録⑦ 講演本番 | トップページ | 後世に残すなら・・・・ »

コメント

本当ですね~、このコーカサスの角、立派!eye
おのパパさんの標本が飾られているなんて凄いです!happy01 
どれがそうかしら・・・
カメのBOXに蝶がとまってます?

>チェリンママさん
おのパパさんのは下段の角の曲がった標本です。
(^_^; アハハ…

角曲がりクラブの固体にしては湾曲度が甘いような・・・(^^;


しかし、カブトムシがここまで北上しているとは驚きです。
数十年後には北方領土経由でロシアに侵入しているかもしれませんね~

>mochibonさん
そうですね。ちょっと甘いかな(^_^; アハハ…
ロシアにはゴキブリを撒きましょう( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

この記事を読んで思い出しました。
小学校の時、田んぼで釣りをしていて(イシダイがつれたーーー!と叫んだこと)
ブルーギルです

>鍵の君さん
ブルーギルは陛下が関わってらっしゃるので、微妙な魚です(^^ゞ

私が送ったオスは鋭角に曲がってたハズ><

>おのパパさん
あら、そうだったんですか?(^_^; アハハ…

カブトムシの北上は不気味ですね。あったかいもんな、北国も。

>ルカJさん
温暖化してなくても冬の土中は十分越冬できる温度らしいですよ。

ここには行ったことあるよ。まだ虫を飼い始める前だったんで、ひーちゃんも入館を許してくれてたけど、今回の旅行でセントーサ島の昆虫館に入ろうと言ったら、即却下された・・・・時代は変わるのね。

>ちーやん
行ったことあるんだ。さすがお金持ちだね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104433/51061212

この記事へのトラックバック一覧です: 丸瀬布昆虫生体館:

» のせタレ!ラー油おろし [のせタレ!ラー油おろし]
のせタレ!ラー油おろしでの解説しています。 [続きを読む]

« 北海道での仕事の記録⑦ 講演本番 | トップページ | 後世に残すなら・・・・ »